kazuさんのエキシージ の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年04月25日

  • ロータス
    エキシージ
    2013年07月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • レースカーのようなハンドリングマシン

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.7
  • 外観デザイン

    5.0

    インテリア

    3.3

    走りやすさ

    4.0

エキシージについてのオススメポイント

  • ロータスエリーゼと同じプラットフォームをベースに、横幅を広げ、3.5リッターの大きなエンジンを載せるためにサブフレームを追加して、一回り大きく作ったライトウエイトスポーツがこのエキシージ。
    1600~1800ccのエンジンで車重1000㎏に満たない真のライトウエイトスポーツ、エリーゼに対し、エキシージは、一回り大きなボディにパワフルなエンジンを搭載したハイパフォーマンスモデルとなる。トヨタ製のV6スーパーチャージャーエンジンは350ps、40.9㎏mという高いスペックを誇る。

    エキシージ最大のウリは、ハンドリングだと思う。1200㎏ほどの軽くて重心の低いボディを、意のままに操ることができる。回転の中心は車体やや後方な感じ。そこを中心にコマのようにクルッと回転してしまう。ハンドルもダイレクト感が半端なく、電動アシストの介在しない直接的な手応えは、思いっきりクセになる。ただ交差点を曲がるだけでもこんなに楽しくて人馬一体の感を味わえる車はそうそうない。

    エンジンは3.5リッターあってパワフルだし、実用性も高いものの、決して官能的というものではない。もし、もっとレーシーなエンジンを搭載できたら、この車はより完成度の高い車になったように思う。でも、これだけレース色の強いハンドリングマシンの存在は貴重だから、気に入ったなら買いだと思う。

エキシージについての不満な点

  • パワーはすごくあるけど、官能的ではないエンジン。
    エリーゼの軽さやスパルタンさが好きな自分としては、こんなにパワーも重量もいらない。あとは1000万超えという価格も不満。手が届かない。

エキシージを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • ロータスはエンジンを自社生産できるほどお金持ちのメーカーではない。それゆえトヨタから調達しているわけだが、素性が良くこれだけスポーティーだと、エンジンが官能的でなくても全然OKなんだなと思う反面、もしエンジンがもっとレーシーで高回転まで突き抜けて回るようなものだったら、ロータスの車は今の3倍増の楽しさだったのではないだろうかと思ったりもする。
    しかしこういう車に乗ると、今の車はあらゆる電子デバイスで楽にさせてる半面、車から得られるダイレクトな反応がなく出来ているのだなとわかる。

エキシージ関連ページ

  • ロータス
    エキシージ
    2013年07月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの エキシージ の試乗レポート・評価

  • サーキットで乗りたい車
    yuiko mikamiさんの投稿

  • スポーツカーの源流
    NEUE TANZさんの投稿

  • 走りのロータス
    平成ジローさんの投稿

  • 軽い!
    gogo3さんの投稿

  • レーサー気分
    Black Rainさんの投稿

  • 生粋のスポーツカー
    B2-UNITさんの投稿

  • ライトウェイト
    クロノノモモさんの投稿

  • 生粋のスポーツカー
    METAFIVEさんの投稿

  • 精神世界
    まる子さんの投稿

  • レーシングカーのフォルム
    aduma112さんの投稿

  • スポーツカーとは
    細橋龍宏さんの投稿

  • エリーゼより高級?
    パン君さんの投稿

  • 硬派ならこの車
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • スーパーカーの真髄を味わえる車
    momongaさんの投稿

  • ピュアスポーツカー
    みくさんの投稿

  • エリーゼのチューンドカー
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 公道レーシングカー
    ファ爺さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)