kazuさんの5シリーズグランツーリスモ の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年03月20日

  • BMW
    5シリーズグランツーリスモ
    2009年11月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • 今までにないポジションの意欲作ではある

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.9
  • 外観デザイン

    3.2

    インテリア

    4.0

    走りやすさ

    3.7

5シリーズグランツーリスモについてのオススメポイント

  • 5シリーズグランツーリスモは、なんとも不思議な立ち位置の車で、セダンとハッチバックとSUVの掛け合わせのような車である。
    全長5000mm、全幅1900mmと、5シリーズセダンよりもさらにデカい。と思ったら、ベースは7シリーズだそうで、ホイールベースは3070mmもある。
    この大きなボディに4枚のドアとリアのハッチゲートを付けて、車高をいくらか上げた車がこのグランツーリスモだ。なんともポジション説明が難しく、今までにない新しいカテゴリーの車といえる。

    室内の雰囲気やサイズ感は7シリーズとすごく似ているが、車高が高い分、見える景色はちょっと違う。シート位置が高くアップライト気味なので、セダン系BMWとは明らかに違う。かといって、XシリーズのようにバリバリSUV路線でもない。
    最大の特徴は、リアゲート。ルーフ後端からガバッと大きく開く普通の開け方もできるし、リアウインドウの下部分だけをパカっと小さく開けることもできるのが面白い。たしかにこれだけ車が大きいと、リアゲート自体も重く大きいので、こういう小窓的な開け方ができるのはいいアイデアかもしれない。

    外観は、正直あまりカッコいいとは思わない。どこかアンバランスさがあって、万人ウケするデザインではなさそう。走り味はBMWの例に漏れず素晴らしく良かったけれど、このなんとも言えない外観と微妙な立ち位置が、「マニアックな車」風味を醸しだしているため、売れ筋モデルにはなりにくい。

5シリーズグランツーリスモについての不満な点

  • カテゴリーがマニアックなところ。実際乗ってみるとすごくいい車ではあるのだけれど、正直あまり心惹かれなかった。見た目がどこかアンバランスなところと、何目的でこうなったのかよくわからないからだろう。

5シリーズグランツーリスモを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • 「またBMWは珍しい車を作ってきたなあ」というのが率直な感想。BMWが作る車であるから、すべてにおいて相応のレベルにあるだろうことは期待するし、実際あるのだけれど、しかしなんでまたこんな車を作ったのだろう?と思ってしまう。
    最近はBMWもベンツもアウディもラインナップをガンガン増やしており、なんだか食傷気味なのだが、高級ブランドメーカーが、こういうニッチなモデルまでポンポン出すのは正直どうなのだろう。。自分で自分のブランド価値を相対的に下げているようにも思えてくる。
    この5シリーズグランツーリスモがラインナップのメインになることはおそらくないだろうし、マニアックなモデルゆえ、売れ行きもあまり期待できないだろう。もしかしたら一代かぎりで生産終了となるかもしれない。
    車自体はさすがのBMWクオリティなだけにもったいないけれど、このカテゴリーが陽の目を浴びたり、5シリーズセダン、ツーリングを脅かすほどの魅力的な外観を纏ったりでもしなければ、レギュラーメンバーにはならなそうな気がする。

5シリーズグランツーリスモ関連ページ

  • BMW
    5シリーズグランツーリスモ
    2009年11月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの 5シリーズグランツーリスモ の試乗レポート・評価

  • まさにグランツーリスモ
    こすげーさんの投稿

  • ビッグサイズだからこそかっこいい車
    くびとばさんの投稿

  • 実用性のある5ドア
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 本気のグランツーリスモ
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • 欲張り!
    すみれちゃんさんの投稿

  • ジャーマン ハッチバック2
    日本人で良かったさんの投稿

  • 良いとこ取り
    まる子さんの投稿

  • 5シリーズハッチバック
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 微妙な立場
    パン君さんの投稿

  • ラグジュアリーとスポーツの融合!
    sakusakubmwさんの投稿

  • レクサスGSのような車
    aduma112さんの投稿

  • 高次元のバランスのセダン
    ファ爺さんの投稿

  • 実は7シリーズの5ドアハッチモデル
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 希少車か?
    みくさんの投稿

  • 微妙な立ち位置
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • 日本には受け入れられないコンセプト?
    momongaさんの投稿

  • 後席は最高、積載性は不足。
    Rouge RX-7さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)