kazuさんのプリウス の試乗レポート・評価

投稿日: 2014年09月15日

  • トヨタ
    プリウス
    2009年05月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • 自動車史に残る名車

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.6
  • 外観デザイン

    3.6

    インテリア

    3.5

    走りやすさ

    4.3

プリウスについてのオススメポイント

  • プリウスは、エンジンとモーターの組み合わせで走る世界初の量産型ハイブリッド車だ。
    プリウスの果たした役割は非常に大きく、プリウスの存在がその後の車作りの方向性を変えさせた。
    自動車の歴史の転換点となった革命的存在なのだ。そういう車を手にしているというだけで十分価値がある。

    私が思うプリウスの凄さは、ハイブリッドシステムを搭載しながら、220万ほどで販売されていることだ。
    どんだけ企業努力をしたのだろう。。さすがトヨタだなあ!と心底感心する。
    ハイブリッドユニットを搭載していても、それが庶民的価格でなければ意味がない。
    かといって、安かろう悪かろうではこれまた客は見向きもしない。
    プリウスは、ハイブリッドシステムを搭載した車を庶民的な価格で販売し、なおかつ一定のクオリティも維持するという、
    無理難題を、極めて高次元で成し遂げた車だと言える。
    私が一番感心するのはそこに対するハイレベルな技術であり、
    プリウスを購入する人は、どこがダメ、ココが安っぽいとかそういうことを言うのではなく、
    ぜひその職人としての、企業としての凄さを味わってもらいたいなと思う。

    いたるところでコストダウンさせつつも、
    未来的で、クオリティの低さを感じさせない空力ボディを纏わせ、
    同じく未来的開放的な内装デザインにより、一見して魅力的な車に仕上げられている。
    「この車が220万から買えるなら全然OKでしょう!なんたってハイブリッドでリッター20キロも走れるんだから!」
    と思わせるに十分説得力のある内外装の出来栄えだ。
    たしかによく見るとコストダウンの跡はたくさんあって、見る人が見れば軽自動車に毛が生えた程度に見えるかもしれない。
    ただ、それはトヨタも百も承知の上で作っているわけだ。
    他の車以上にコストと戦わなければならず、「安い材料でいかにカッコよく魅力的に見える車に仕上げるか?」
    というところで全力勝負してるのだから、品質が安っぽいのはしょうがない。
    でも一見して安っぽく見せず、デザインコンシャスで魅力的に見せるその技は本当に素晴らしいと思う。

    走りも特段不満な点はない。十分によく走る。
    足回りのチープさを感じる場面はあるが、トルクがあって力強く、静かで快適だ。
    運転してて楽しいとか、プラスαの要素は特にないが、不満もない。
    ハイブリッドシステムを味わえることが最大のメリットなわけで、
    モーターとエンジンの織りなす不思議な感覚や独特の回生ブレーキなどを味わえて、
    走りもこれだけの性能があるのなら十分でしょう。

プリウスについての不満な点

  • プリウスという車をちゃんと理解してあげないと、安っぽいところが色々気になってくると思う。
    ペラペラの板のようなドアだとか、厚みのないシート、プラスチック感バリバリの内装、
    ハンドルや各種スイッチ類など手に触れるものの質感、などなど、よーく見ると250万級の車とは思えない質感ではある。
    質感の低さを見た目のカッコ良さやデザインで必死にごまかしてるあざとさも気になってくるかもしれない。
    でも、そこはある程度妥協しなければならない。もしそういった点も満足する車にするとなると、とてもそんな価格では売れないのだから。
    プリウスの価値は、先進技術であるハイブリッドシステムを搭載した車を、手頃な価格で提供しているところにあるのだから、
    むしろその内外装の質感の低さを、「上手に安っぽさを隠してるね」というふうに前向きにとらえるべきだろう。

    一般に7年以上経過するとバッテリーの寿命がやってくると言われている。
    バッテリー交換は結構な出費となる(30万円くらい)ので、多くの人はそうなる前に手放すらしい。
    2回目3回目の車検を経過したあとは、バッテリーの寿命を気にしつつ乗らなければならないのは不安だ。

    バッテリーの寿命まで乗る車として考えると、
    仮に7年としてその間に走る距離を考えたときに、ハイブリッドシステムの価格増分を
    燃費の良さで埋め合わせする前に売却することになり、実は「うまみ」がないかもしれない。

プリウスを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • 街中に溢れるほど走っているということは、それだけみんながプリウスという車を受け入れている証拠だ。
    故障もなく、燃費もよく、手放したくなるほどの不満もなく、みんななんだかんだそれなりに満足しているのだろう。
    人を移動させる道具としてのパフォーマンスは相当高いということだ。
    この車が好きならば買って損はないと思うが、
    中古車で買う場合は、バッテリー交換を視野に入れておいたほうがいい気がする。

プリウス関連ページ

  • トヨタ
    プリウス
    2009年05月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの プリウス の試乗レポート・評価

  • ブルーメタリック
    原さんの投稿

  • 低燃費へのこだわり
    Super Deluxeさんの投稿

  • マイナーチェンジは大成功
    ファーウェイさんの投稿

  • MCでよくなった
    城西さんの投稿

  • 日本のベーシックカー
    ryooonoskeさんの投稿

  • デザインが良くなった
    syoさんの投稿

  • 完成度高し
    平成ジローさんの投稿

  • テールランプがいい
    nori_vvさんの投稿

  • トヨタの稼ぎ頭
    ポルコ・ロッソさんの投稿

  • 老舗ハイブリッドの力量
    でんでんさんの投稿

  • エッジの効いたデザイン
    gogo3さんの投稿

  • 日本を代表するクルマ
    znさんの投稿

  • ハイブリッドカーの代名詞も進化
    reireiさんの投稿

  • かっこいいかも?
    Eくらすさんの投稿

  • ハイブリッドの先駆者
    TAKさんの投稿

  • 使い勝手の良いハイブリッドセダン
    トオルさんの投稿

  • 燃費スペシャルの曲がり角。
    さろらく。さんの投稿

  • やっとまともなクルマ セダンになったな!
    SUMIKAZUさんの投稿

  • 燃費も走りも満足
    男おいどんさんの投稿

  • 体感性能は大幅アップ
    B2-UNITさんの投稿

  • 新世代トヨタスタンダード
    Johnさんの投稿

  • トヨタの生命線
    Take on meさんの投稿

  • トヨタ 何もかも 頑張る アーキテクチャ
    旭日旗さんの投稿

  • ザ・ハイブリッドカー
    かぜさんの投稿

  • さすがプリウス
    クロノノモモさんの投稿

  • ホンモノのハイブリッド
    tanuzouさんの投稿

  • ハイブリッドカーの先駆者
    Zero Fighterさんの投稿

  • TNGAの破壊力
    日本人で良かったさんの投稿

  • 売れてるハイブリッド
    yuiko mikamiさんの投稿

  • いい車じゃないですか
    #61 BRZさんの投稿

  • TNGAプロローグ
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • 「クルマ」としての価値が上がったプリウス
    9879yottuさんの投稿

  • 家電からクルマに進化した4代目
    xankazさんの投稿

  • 広くて快適な完成度の高い「実用車」
    銀ぎら銀にさりげなくさんの投稿

  • やっとスタートライン
    Red lightさんの投稿

  • カタログ燃費モンスター
    モンショウさんの投稿

  • エコカーの枠を超えたハイブリッド
    たさんの投稿

  • 乗ってすぐに分かる、改善の成果
    Kaida Shawn Shotaroさんの投稿

  • これまでのトヨタ車のイメージを覆す車
    アイランドさんの投稿

  • まだまだ現役
    細橋龍宏さんの投稿

  • ハイブリッド車の真打
    tanuzouさんの投稿

  • 楽しくはないけどいい車
    ぐるぐるさんの投稿

  • 日本車にとっての、新たなスタンダード
    近鉄かとさんの投稿

  • 燃費チャンピオン安泰
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 平成のカローラ
    MT魂さんの投稿

  • エコカー
    アルファードさんの投稿

  • 普遍化した近未来カー
    カンタローさんの投稿

  • 歴史に名を残す車
    まいまいさんの投稿

  • 移動するための車
    Daiさんの投稿

  • プリウスだから売れた?
    パン君さんの投稿

  • 超人気車種
    aduma112さんの投稿

  • とても便利な家電
    muchachoさんの投稿

  • ハイブリッドカーの原点
    Zero Fighterさんの投稿

  • 今では国民車
    アウピー乗りさんの投稿

  • ベストパフォーマンス
    直列6気筒NAさんの投稿

  • 一番有名なハイブリッドカー
    AI300さんの投稿

  • 旧人類には馴染みにくいクルマ
    jagarlicさんの投稿

  • ハイブリッドの元祖
    tyhk38さんの投稿

  • 良くできたシティコミューター
    セアト 福岡さんの投稿

  • 未来感
    きもぴさんの投稿

  • HVが増えたいまでも、まだまだ魅力的
    bellmarkさんの投稿

  • トヨタの本気
    Akihiro Yamashitaさんの投稿

  • 現代のマークII?
    下からサセコ♡さんの投稿

  • 日本が世界に誇るハイブリッド車
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • トヨタが本気で作った燃費追求車
    Ryoujiさんの投稿

  • 名のしれた元祖ハイブリッド
    自動車研究員さんの投稿

  • 未来カー。。。
    たかさんの投稿

  • 売れるだけの実力の持ち主
    クルマニアさんの投稿

  • トヨタが作るとこうなる
    viva_georgeさんの投稿

  • 燃費性能という説得力
    new-mauさんの投稿

  • 低燃費の代名詞
    ファ爺さんの投稿

  • あまりにも良すぎて、飽きてしまう。
    MasaKINGさんの投稿

  • 元祖ハイブリッド
    kuwatoro4678さんの投稿

  • スポーティよりもプレミアム
    9879yottuさんの投稿

  • 近未来のクルマ
    Kaida Shawn Shotaroさんの投稿

  • 元祖ハイブリッド
    みくさんの投稿

  • エコに徹する。
    rererereo11さんの投稿

  • カローラの役割を引き継いだプリウス
    maruoboeさんの投稿

  • ハイブリッドカーの代名詞
    あくびさんの投稿

  • 世界に誇るHYBRIDの先駆け!
    DELAYASさんの投稿

  • 日本を代表する車
    znさんの投稿

  • 完成されたスタイリング
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • ジャパニーズ スタンダード
    tototo1さんの投稿

  • 売れて当たり前の万能車
    サソリさんの投稿

  • 役割を果たした三代目の熟成
    momongaさんの投稿

  • 燃料たっぷりウッス(^^)
    遠藤友信さんの投稿

  • ザ・ハイブリッドカー
    ばんくんさんの投稿

  • くるまを変えたくるま
    のりさんの投稿

  • オプションいっぱいのスタイリッシュHV
    Rouge RX-7さんの投稿

  • 一点集中
    SUMIKAZUさんの投稿

  • オーナーの人格を表現する為の道具
    フヅハラさんの投稿

  • まさにトヨタ車
    kintamateroteroさんの投稿

  • 日本代表!
    Shu さんの投稿

  • ハイブリッド・スタンダート
    なぐさんの投稿

  • 技術の全てを燃費向上に注ぎ込んだ国民車
    michihiro888さんの投稿

  • 良く売れてるなー
    ぎゃんたろうさんの投稿

  • 21世紀のカローラ
    umeo@testdriveさんの投稿

  • 2010年代のシティカー
    Yuta さんの投稿

  • 渋滞でイライラしない車
    tomoさんの投稿

  • 出来るだけエンジンを使用せずエコに!
    montoyaさんの投稿

  • 新時代の""基準
    No Nameさんの投稿

  • 燃費命
    kurukurumaniaさんの投稿

  • 抜群の安定感を誇る期待通りのクルマ、
    uzusio2000さんの投稿

  • 移動特化車
    Blazeさんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)