SUMIKAZUさんのスカイライン の試乗レポート・評価

投稿日: 2014年04月01日

  • 日産
    スカイライン
    2013年11月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • SUMIKAZU

  • 名は体を表す?

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.0
  • 外観デザイン

    3.0

    インテリア

    3.0

    走りやすさ

    3.0

スカイラインについてのオススメポイント

  • V36がまだ販売しているのでV35と36についての感想を書く。
    V35を試乗した時に感じたのは、アイポイントが高い。これは利点です。80-90年代の国産FRセダンの着座位置は低く。視野は良好だが、視界は狭い。後部座席の住人はそれに拍車をかけ、前方にはヘッドレスト、後頭部にせまるリアウィンドウ。後部座席のヘッドレストは首にあたる。高速巡航時は快適だがいざ盆暮れ正月、休日の夕刻の渋滞にはまれば、閉塞感が漂う。だったのこCピラーを後退させ、後部座席の後頭部に空間を作れるデザインにしているのが嬉しい。
    V35ではR32からの掴んだ俊敏性の味付けを薄めて落ち着きに変更。キャビンの4人皆がどの速度域でも快適な移動空間と運動性能を得られるようにしたと感じた。
    V36ではどうか、2.5リッターは4段オートマチックから5段オートマチックへ、さらに7段オートマチックとパワートレーンは時代に付随してきた。先代とは違いアイポイントは下がり、全体的にローアンドワイド。スカイラインの名の攻めが帰ってきた。グレードにより気質が異なるのも面白い。17インチではゆったりの印象で、typeSではドライバーの背中に後輪があるような演出でロングホイールベースを感じさせない。
    スカイラインの名は敷居が高い。四枚のドアがあるがその、味付けはスポーツカー、フロントヘビーなのに、機敏にノーズが向く。このドライバーを選ぶものを身近にしたのが、現車だと感じる。

スカイラインについての不満な点

  • 悪く言います。
    運転して感じるのは、よくぞここまで違う気質のものを「スカイライン」にしているものだと感じます。排気量は上がって、税金の枠も上がった。余裕が出てるのに燃費が横ばい。心機一転したV35の2駆では4段オートマチックのまま。V36では、16インチの250GTではホイールベースが長く感じ。18インチのtypeSでは、後輪が背中に感じる様になる。後部座席の構造がグレードで異なる。V35ではドアミラー調節ダイアルがなぜかコラムにあって操作しにくい。いや出来ない。
    V36でやっと5段オートマチック。そして7段オートマチックとなるが、スカイライン名を名乗っているいるにもかかわらず全グレードにパドルシフトが装備されない。この次点でおかしく思う。スカイラインなの?その名でいいの?スカイラインともあろうものがフット式パーキングブレーキなんて、ミニバンみたい。
    V35、36。どちらも車両自体は優良ですが、名前のために期待値が高まり、長所が短所に見える。
    当初より「日産インフィニティGセダン」であれば素直に受け止められる。
    直六じゃないと、丸型四点灯じゃないとスカイラインじゃないとかの低い次元ではなく、名が体を台無しにしている。

スカイラインを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 理由:
    当時は新鮮に見えたXVL。しかしスカイラインと聞いてがっかり、スカイラインの名前に甘えたね。
  • 運転後の感想について
  • マークXより運転は楽しい、だがその足回りは欧州FRより硬め。緩めると名に応じずどっちつかず、名残惜しみすぎる。

スカイライン関連ページ

  • 日産
    スカイライン
    2013年11月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの スカイライン の試乗レポート・評価

  • 9月の新型登場を待つべき
    くびとばさんの投稿

  • 一本取られた気分
    mona4814さんの投稿

  • 日本版インフィニティQ50
    tanuzouさんの投稿

  • ホイールがカッコよかった
    原さんの投稿

  • 走りのハイブリッド
    Black Rainさんの投稿

  • インフィニティマジック
    ブリキの太鼓さんの投稿

  • スカイラインの進化
    平成ジローさんの投稿

  • インフィニティスカイライン
    Black Rainさんの投稿

  • ターボが快適
    こすげーさんの投稿

  • 原点回帰を望む
    syoさんの投稿

  • スカイラインターボ
    平成ジローさんの投稿

  • プレミアムスポーツ
    城西さんの投稿

  • 本格的なスポーツハイブリッド
    こすげーさんの投稿

  • 高級スポーツセダン
    ふくさんの投稿

  • 許されないV系スカイラインの究極。
    さろらく。さんの投稿

  • 速くて格好いいクルマ
    くびとばさんの投稿

  • マイチェンで
    lex50さんの投稿

  • 日産のプレミアムスポーツセダン
    トオルさんの投稿

  • スカイラインらしいナチュラルフィール
    reireiさんの投稿

  • 高級化が際立つドライビングセダン
    クロノノモモさんの投稿

  • 高性能スポーツセダン
    wildhawksさんの投稿

  • 久しぶりの2000ターボ
    B2-UNITさんの投稿

  • インフィニティミディアムハイブリット
    B2-UNITさんの投稿

  • アグレッシブなデザイン
    こうさるさんの投稿

  • ステアバイワイヤはわいや
    旭日旗さんの投稿

  • スカイラインGT
    旭日旗さんの投稿

  • 夢のタッグ
    Take on meさんの投稿

  • スカイラインの攻勢
    Take on meさんの投稿

  • スカGターボ!
    すみれちゃんさんの投稿

  • インフィニティですが何か!
    すみれちゃんさんの投稿

  • 高級スポーツセダン
    のりさんの投稿

  • 北米セダン
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • スカイラインと言うクルマ
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • インフィニティセダン
    METAFIVEさんの投稿

  • 上質感を増した歴史あるスポーツセダン
    かぜさんの投稿

  • インフィニティ スカイライン
    日本人で良かったさんの投稿

  • スカイラインらしさとは?
    nagaさんの投稿

  • 価格に見合ってないかも
    nagaさんの投稿

  • メルセデス製のエンジン
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 伝統のスポーツセダン
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 王道セダン
    nori_vvさんの投稿

  • 高性能マシンであることは認めるが・・・
    アイランドさんの投稿

  • DセグメントからEセグメントへ移行
    N55B30Aさんの投稿

  • 高排気量ハイブリッドの優良車
    RoadSter 乗りさんの投稿

  • 素晴らしい走りと残念なソフトウェア
    狭霧さんの投稿

  • スタイリッシュなプレミアムセダン
    TAKさんの投稿

  • 和製モンスターセダン
    まいまいさんの投稿

  • 国産セダンの中で一押し
    まいまいさんの投稿

  • ハイブリ韓国車っか!
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 韓国車っか!
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 上級スポーツセダン
    tyhk38さんの投稿

  • 最新鋭ハイブリッドスポーツセダン
    Zero Fighterさんの投稿

  • 日産最新鋭スポーツセダン
    Zero Fighterさんの投稿

  • 最新技術の塊!
    外見はおっさん、心は子供さんの投稿

  • 対ドイツ車の車
    aduma112さんの投稿

  • 位置づけが微妙?
    aduma112さんの投稿

  • これがスカイライン?
    パン君さんの投稿

  • スカG再来
    パン君さんの投稿

  • エンジンを掛けなければ最高。
    b3_3さんの投稿

  • スカGターボ復活
    znさんの投稿

  • 意外な組合せも、意外な完成度
    momongaさんの投稿

  • プレミアムでスマートな価値観
    momongaさんの投稿

  • ハイパワーハイブリッド
    muchachoさんの投稿

  • これがインフィニティ?
    muchachoさんの投稿

  • 超速ハイブリッドセダン!
    [M]+[A]+[X]さんの投稿

  • スカイラインとは?
    [M]+[A]+[X]さんの投稿

  • ターボ復活
    AI300さんの投稿

  • 世界最速ハイブリッド
    AI300さんの投稿

  • 八割位で攻めると気持ちイイスポーツセダン
    Daiさんの投稿

  • 4気筒のスカイライン
    赤ベレさんの投稿

  • 国産プレミアムセダン
    のりたまろさんの投稿

  • 先進技術てんこ盛り
    みくさんの投稿

  • 久々のスカG4気筒ターボ
    みくさんの投稿

  • BMWハイブリッド3を超えるか?
    kazuさんの投稿

  • 和製プレミアムセダン
    kazuさんの投稿

  • 「駆け抜ける喜び」のあるハイブリッド
    近鉄かとさんの投稿

  • 我が国のプレミアムスポーツセダン
    9879yottuさんの投稿

  • グランドツーリングで生きる車
    9879yottuさんの投稿

  • 高級車もスポーツカーもこれ1台でOK
    kurukurumaniaさんの投稿

  • 大きくレベル上がった伝統のスポーツセダン
    tyhk38さんの投稿

  • 乗れば乗るほど虜になる
    ナベジョーさんの投稿

  • バランスのいいスポーティーセダン
    umekichiさんの投稿

  • 日産が誇るスポーツセダン!
    なぐさんの投稿

  • 新技術満載!
    FOCUSさんの投稿

  • 帰ってきたスポーツセダン『スカイライン』
    CIPHERさんの投稿

  • プリウスにレクサスのエンブレム
    ニヨピさんの投稿

  • 久々の2リッターターボ
    自動車研究員さんの投稿

  • 静かでいて速いが未完成な部分もあり…
    kobataka1103さんの投稿

  • 世界戦略プレミアムセダン
    ファ爺さんの投稿

  • 思った以上にスポーティさを感じる車
    まささまさんの投稿

  • 未完の大器
    アウピー乗りさんの投稿

  • インフィニティであること
    たまさんの投稿

  • プレミアムカーにふさわしい全方位ターボ
    辛口系男子さんの投稿

  • もしや、最後のスカイラインになるまいな?
    Red lightさんの投稿

  • 伝統と革新の融合
    1モーター・木戸クラッチさんの投稿

  • The 高級車
    Takahide Gotoさんの投稿

  • クルマらしいクルマを楽しむ
    ソーイチローさんの投稿

  • メルセデス製スカイライン
    kuwatoro4678さんの投稿

  • 脱皮のチャンスを逃した車
    MasaKINGさんの投稿

  • スカイラインである必然性は分からないけど
    Leaperさんの投稿

  • 高級高性能のスポーツセダン
    pf01さんの投稿

  • 課題は多いがリプログラムで化ける余地あり
    足るを知るはトムさんの投稿

  • メルセデススカイライン
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 世界で戦えるジャパニーズセダンに進化
    自動車研究員さんの投稿

  • 走れるハイテクセダン
    フーガとフィットさんの投稿

  • 高級車になってしまったスポーツセダン
    kuwatoro4678さんの投稿

  • 国産優等生FRセダン
    ファ爺さんの投稿

  • インフィニティでいいかな。。(笑)
    クルマニアさんの投稿

  • セダンのパイオニア
    Hideyukiさんの投稿

  • スポーティなフーガです
    あくびさんの投稿

  • 未来的ハンドリングセダン
    Yukimasa Kawaiさんの投稿

  • 世界に誇れるFRスポーツセダン
    uzusio2000さんの投稿

  • 欧州高級車を徹底的にベンチマークしている
    Kaida Shawn Shotaroさんの投稿

  • 21世紀のスカイライン
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • "技術の"スカイライン
    Blazeさんの投稿

  • ハイテク全部入りマシン
    znさんの投稿

  • リアル グランツーリスモ
    Red lightさんの投稿

  • 良くも悪くもリニアすぎる
    ExcitingDressyさんの投稿

  • スカイライン図解ラインナップ!!
    遠藤友信さんの投稿

  • 怒涛の加速で魅せる最強ハイブリッド
    辛口系男子さんの投稿

  • 足踏Pブレーキでコンセプトがぐらつく
    Rouge RX-7さんの投稿

  • 家族連れで走りも楽しみたい人向け
    gogo3さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • SUMIKAZU さん

      検定ベストスコア: 80 点

      ランキング: 84位

  • ドライバリティを第一にクルマを体感しています。ストレスが少ないものこそ、心にゆとりを持ち、アクセルワークもステアリングの舵角も自然と落ち着きます。そんなクルマをコストパフォーマンスとともに探しています。

    投稿者情報

     都道府県:大阪府
     年齢:30代
     性別:男性
     職業:技術系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)