さろらく。さんのスカイライン の試乗レポート・評価

投稿日: 2018年11月02日

  • 日産
    スカイライン
    2013年11月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • さろらく。

  • 許されないV系スカイラインの究極。

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.3
  • 外観デザイン

    4.0

    インテリア

    3.1

    走りやすさ

    3.3

スカイラインについてのオススメポイント

  • V35登場以来、旧来のスカイラインファンからは「あれはスカイラインじゃない」と言われ続けて10数年。どんなに車としての出来が良くても、テールランプを丸くしても未だに許されないV系スカイラインですが、このV37もまた許されないスカイラインとしてモデルライフを終えそうです(笑)。

    まず多くのスカイラインユーザーがひっかかりそうなのが、インフィニティではないのにインフィニティマークが着いてくる事。実際先代V36からは、スカイラインとしての開発より、インフィニティとしての開発にお金が掛かっているわけですし、スカイラインはインフィニティのお下がり。それで仕方ないと思います。結果過去2代は、スカイラインとしてどうかより車として良い出来だったんですから、あとは日本のユーザーがスカイラインという名に振り回されずに、本質を見抜けるかが試されているんじゃないでしょうか。 

    車に乗り込んでみると、日産としてキチンと作り込んだ仕上がりです。少なくともショールームで隣に並べられている同じようなサイズのティアナと比べてみれば、FFのなんちゃって高級車に対して、FRの本格的高級車としてのお金の掛け方の違いを感じさせられます。華飾パネル一つ取っても印刷のティアナ、本物のアルミのスカイラインで、どんな素人が見ても、質感の差を理解出来ると思います。

    外観デザインもV35、V36が北米でヒットしたため、V37も全く日本的情緒は考慮されていないアメリカンなデザインですが、これはこれでぬめぬめかつシャープな独創的デザインが「日産感」を表現していて、悪くない格好良いデ ザインだと思います。好き嫌いは分かれるかと思いますが、少なくともトヨタやホンダのこのサイズの車(カムリ先代/アコード)の色気無い箱っぷりには完勝ですし、レクサスほど行き過ぎてないのも好感が持てるところです。

    どうも日本の日産はこのデザインに自信が無いようで、このデザインテイストを普通車まで下ろしてきませんが(海外ではパルサー、マーチなど続々展開中です)、デザインに魅力が無いから売れていないのではなく、 スカイラインが高すぎるのと、日産がそのデザイン言語をユーザーに説明、洗脳しないから売れないのだと思います。

    現在のマツダのデザインが魅力的なのは(売れるかどうかは別として)周知の事実ですし、トヨタもさして格好良いとは思えないキーンルックを定着させようと努力しています。日産ももう少し自社のデザインをユーザーに認知させる努力をすべきだと思います。

    車としての仕上がりは、筆者は十分スカイラインだと思います。筆者はさほど「スカイライン」に拘りが無いので、ハイブリッドの加速力等は、パワフルで男らしくて見事にスカイライン、見事に日産だと思うんですけどね。これを受け入れてもらえない=売れないのは、車としての仕上がりとは別のところに有るのだと思います。

スカイラインについての不満な点

  • 売れない原因。身もフタもないですが結局価格なんだと思います。今回のモデルチェンジ、最初は3.5Lエンジンハイブリッド仕様1本でスタートしました。その価格は500万クラス。後にベンツ製の2.0Lエンジンも追加されましたが、そちらでも400万円クラスです。

    先代の価格が290万~441万円ですから、大幅に値上げされていることが解ります。トヨタがレクサスブランドを日本国内で立ち上げた時、それまでアルテッツァやハリアーだった車が、ISやRXになった途端値段がグンと跳ね上がりましたが、今回のモデルチェンジではそれと同じような印象を抱きました。だからこそインフィニティエンブレムがついてるのでしょうけど・・・ 

    ただこの価格になるのも理解できないわけではありません。何よりまずハイブリッド分の価格が乗っかってしまいますし、ベンツ分の価格も乗っかってます(だったらなぜそんなの採用したんだって話ですが)、世界初のステアリング・バイ・ワイヤーが採用されていて、技術の日産が惜しみなく(だったらなぜベンツエンジンなんだ)盛り込まれている車なのですから。 

    V35からV36にモデルチェンジした際には、北米で売れた分の利益が開発費に回ったようで、価格がほとんど変わらなかったのに対して、その品質感のアップが素晴らしくて、V系の世界観が受け入れられる人にとって、大変満足度の高いモデルチェンジでした。 

    ところがV36からV37のモデルチェンジには、この驚きがありません。いや前記したように、ショールームの隣に並べられている同じようなサイズのティアナと比べてみれば、その品質の高さは、クラスの違いを十分に感じられるのですが、本体価格の上昇分ほど、質感の向上が追いついてない印象です。レクサスには当然、トヨタと比べても同価格帯では劣っているかもしれません。

    元々日産は、トヨタに対してそう言うところて勝負してないので、乗って日産らしい仕上がりであれば、同価格帯で見た目質感が劣っていても日産ユーザーは許していたと思うんですよね。だけど今回あまりにも高いから。見た目質感に対して拘ってない日産ユーザーだけに、逆に納得、理解が出来ないんだと思うんですよ。

    性能はこれで、質感落としてでも安くしてくれと(笑)。

スカイラインを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • 昔は国産車には国産車なりのサイズ価格というモノがあって、それが外車に対する防波堤にもなっていたわけです。ところが国内で車が売れないからと、 世界的規模で車を開発をすると、価格も世界標準になってしまうようです。スカイラインもついにこのV37では、日本国内でもベンツやBMWと正面から戦わなければいけない価格となってしまいました。 

    価格的に競合するCクラスや3シリーズはサイズこそ1サイズ小さめですが、今まではスカイラインより高い車だったわけです。キャラクター的にもスカイラインは、デカいことが正義な車ではないので、むしろサイズはさほど問題にならず、Cクラスや3シリーズと購買層が重なりやすいです。果たしてこの価格で、日本人はスカイラインを選ぶでしょうか?3シリーズはさておき、新型Cクラスは新技術もてんこ盛りです。この車を売るためにはもはや「スカイライン」の名は足かせにしかならないのでは無いでしょうか?レクサスのように明確にトヨタとは違うと区別をしないと、価格に説得力が生まれません。 

    これがGT-Rであれば許されると思います。でも多くの日本人が慣れ親しんだスカイライン。今まではスタイルやキャラクター、コンセプトで「こんなのはスカイラインじゃない」と言われてきましたが、今回価格面でも「こんな高いのはスカイラインじゃない」そう思われてしまいました。いくら高い技術力の良い車でも、一般的日本人が購入するのを躊躇する価格では難しいです。その価格を払うために、人は理由を求めるわけです。「ベンツだから外車だから仕方ない」でも「スカイラインだから仕方ない」そう思う人はそんなに多くないでしょう。個人的には好感を持っている車ですが、買わないですし買えないですよね。

スカイライン関連ページ

  • 日産
    スカイライン
    2013年11月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの スカイライン の試乗レポート・評価

  • 9月の新型登場を待つべき
    くびとばさんの投稿

  • 一本取られた気分
    mona4814さんの投稿

  • 日本版インフィニティQ50
    tanuzouさんの投稿

  • ホイールがカッコよかった
    原さんの投稿

  • 走りのハイブリッド
    Black Rainさんの投稿

  • インフィニティマジック
    ブリキの太鼓さんの投稿

  • スカイラインの進化
    平成ジローさんの投稿

  • インフィニティスカイライン
    Black Rainさんの投稿

  • ターボが快適
    こすげーさんの投稿

  • 原点回帰を望む
    syoさんの投稿

  • スカイラインターボ
    平成ジローさんの投稿

  • プレミアムスポーツ
    城西さんの投稿

  • 本格的なスポーツハイブリッド
    こすげーさんの投稿

  • 高級スポーツセダン
    ふくさんの投稿

  • 速くて格好いいクルマ
    くびとばさんの投稿

  • マイチェンで
    lex50さんの投稿

  • 日産のプレミアムスポーツセダン
    トオルさんの投稿

  • スカイラインらしいナチュラルフィール
    reireiさんの投稿

  • 高級化が際立つドライビングセダン
    クロノノモモさんの投稿

  • 高性能スポーツセダン
    wildhawksさんの投稿

  • 久しぶりの2000ターボ
    B2-UNITさんの投稿

  • インフィニティミディアムハイブリット
    B2-UNITさんの投稿

  • アグレッシブなデザイン
    こうさるさんの投稿

  • ステアバイワイヤはわいや
    旭日旗さんの投稿

  • スカイラインGT
    旭日旗さんの投稿

  • 夢のタッグ
    Take on meさんの投稿

  • スカイラインの攻勢
    Take on meさんの投稿

  • スカGターボ!
    すみれちゃんさんの投稿

  • インフィニティですが何か!
    すみれちゃんさんの投稿

  • 高級スポーツセダン
    のりさんの投稿

  • 北米セダン
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • スカイラインと言うクルマ
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • インフィニティセダン
    METAFIVEさんの投稿

  • 上質感を増した歴史あるスポーツセダン
    かぜさんの投稿

  • インフィニティ スカイライン
    日本人で良かったさんの投稿

  • スカイラインらしさとは?
    nagaさんの投稿

  • 価格に見合ってないかも
    nagaさんの投稿

  • メルセデス製のエンジン
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 伝統のスポーツセダン
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 王道セダン
    nori_vvさんの投稿

  • 高性能マシンであることは認めるが・・・
    アイランドさんの投稿

  • DセグメントからEセグメントへ移行
    N55B30Aさんの投稿

  • 高排気量ハイブリッドの優良車
    RoadSter 乗りさんの投稿

  • 素晴らしい走りと残念なソフトウェア
    狭霧さんの投稿

  • スタイリッシュなプレミアムセダン
    TAKさんの投稿

  • 和製モンスターセダン
    まいまいさんの投稿

  • 国産セダンの中で一押し
    まいまいさんの投稿

  • ハイブリ韓国車っか!
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 韓国車っか!
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 上級スポーツセダン
    tyhk38さんの投稿

  • 最新鋭ハイブリッドスポーツセダン
    Zero Fighterさんの投稿

  • 日産最新鋭スポーツセダン
    Zero Fighterさんの投稿

  • 最新技術の塊!
    外見はおっさん、心は子供さんの投稿

  • 対ドイツ車の車
    aduma112さんの投稿

  • 位置づけが微妙?
    aduma112さんの投稿

  • これがスカイライン?
    パン君さんの投稿

  • スカG再来
    パン君さんの投稿

  • エンジンを掛けなければ最高。
    b3_3さんの投稿

  • スカGターボ復活
    znさんの投稿

  • 意外な組合せも、意外な完成度
    momongaさんの投稿

  • プレミアムでスマートな価値観
    momongaさんの投稿

  • ハイパワーハイブリッド
    muchachoさんの投稿

  • これがインフィニティ?
    muchachoさんの投稿

  • 超速ハイブリッドセダン!
    [M]+[A]+[X]さんの投稿

  • スカイラインとは?
    [M]+[A]+[X]さんの投稿

  • ターボ復活
    AI300さんの投稿

  • 世界最速ハイブリッド
    AI300さんの投稿

  • 八割位で攻めると気持ちイイスポーツセダン
    Daiさんの投稿

  • 4気筒のスカイライン
    赤ベレさんの投稿

  • 国産プレミアムセダン
    のりたまろさんの投稿

  • 先進技術てんこ盛り
    みくさんの投稿

  • 久々のスカG4気筒ターボ
    みくさんの投稿

  • BMWハイブリッド3を超えるか?
    kazuさんの投稿

  • 和製プレミアムセダン
    kazuさんの投稿

  • 「駆け抜ける喜び」のあるハイブリッド
    近鉄かとさんの投稿

  • 我が国のプレミアムスポーツセダン
    9879yottuさんの投稿

  • グランドツーリングで生きる車
    9879yottuさんの投稿

  • 高級車もスポーツカーもこれ1台でOK
    kurukurumaniaさんの投稿

  • 大きくレベル上がった伝統のスポーツセダン
    tyhk38さんの投稿

  • 乗れば乗るほど虜になる
    ナベジョーさんの投稿

  • バランスのいいスポーティーセダン
    umekichiさんの投稿

  • 日産が誇るスポーツセダン!
    なぐさんの投稿

  • 新技術満載!
    FOCUSさんの投稿

  • 帰ってきたスポーツセダン『スカイライン』
    CIPHERさんの投稿

  • プリウスにレクサスのエンブレム
    ニヨピさんの投稿

  • 久々の2リッターターボ
    自動車研究員さんの投稿

  • 静かでいて速いが未完成な部分もあり…
    kobataka1103さんの投稿

  • 世界戦略プレミアムセダン
    ファ爺さんの投稿

  • 思った以上にスポーティさを感じる車
    まささまさんの投稿

  • 未完の大器
    アウピー乗りさんの投稿

  • インフィニティであること
    たまさんの投稿

  • プレミアムカーにふさわしい全方位ターボ
    辛口系男子さんの投稿

  • もしや、最後のスカイラインになるまいな?
    Red lightさんの投稿

  • 伝統と革新の融合
    1モーター・木戸クラッチさんの投稿

  • The 高級車
    Takahide Gotoさんの投稿

  • クルマらしいクルマを楽しむ
    ソーイチローさんの投稿

  • メルセデス製スカイライン
    kuwatoro4678さんの投稿

  • 脱皮のチャンスを逃した車
    MasaKINGさんの投稿

  • スカイラインである必然性は分からないけど
    Leaperさんの投稿

  • 高級高性能のスポーツセダン
    pf01さんの投稿

  • 課題は多いがリプログラムで化ける余地あり
    足るを知るはトムさんの投稿

  • メルセデススカイライン
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 世界で戦えるジャパニーズセダンに進化
    自動車研究員さんの投稿

  • 走れるハイテクセダン
    フーガとフィットさんの投稿

  • 高級車になってしまったスポーツセダン
    kuwatoro4678さんの投稿

  • 国産優等生FRセダン
    ファ爺さんの投稿

  • インフィニティでいいかな。。(笑)
    クルマニアさんの投稿

  • セダンのパイオニア
    Hideyukiさんの投稿

  • スポーティなフーガです
    あくびさんの投稿

  • 未来的ハンドリングセダン
    Yukimasa Kawaiさんの投稿

  • 世界に誇れるFRスポーツセダン
    uzusio2000さんの投稿

  • 欧州高級車を徹底的にベンチマークしている
    Kaida Shawn Shotaroさんの投稿

  • 21世紀のスカイライン
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • "技術の"スカイライン
    Blazeさんの投稿

  • 名は体を表す?
    SUMIKAZUさんの投稿

  • ハイテク全部入りマシン
    znさんの投稿

  • リアル グランツーリスモ
    Red lightさんの投稿

  • 良くも悪くもリニアすぎる
    ExcitingDressyさんの投稿

  • スカイライン図解ラインナップ!!
    遠藤友信さんの投稿

  • 怒涛の加速で魅せる最強ハイブリッド
    辛口系男子さんの投稿

  • 足踏Pブレーキでコンセプトがぐらつく
    Rouge RX-7さんの投稿

  • 家族連れで走りも楽しみたい人向け
    gogo3さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • さろらく。 さん

      検定ベストスコア: 78 点

      ランキング: 77位

  • どうやらみなさんと比べて得点が辛い傾向があるようです。相当気に入ってベタ惚れでない限り、5点はそうそうつけないと思います。と言うかここまで細かく点数つける必要有るのでしょうか?全体で5項目ぐらいでよいと思うのですが(笑)。

    投稿者情報

     都道府県:埼玉県
     年齢:50代
     性別:男性
     職業:販売・接客系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)