さろらく。さんのティアナ の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年07月10日

  • 日産
    ティアナ
    2014年02月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • さろらく。

  • ガバガバなアメ車としてベースグレード一択

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.3
  • 外観デザイン

    3.0

    インテリア

    3.4

    走りやすさ

    3.0

ティアナについてのオススメポイント

  • ※試乗時が雨天でしたので、音振関係に関する評価はさっぴいて考えてください。

    アッパーミドルクラスに相応しい乗り心地。日産車と言えば、高級車といえどもフーガ、スカイラインを筆頭に、どちらかというと足回りからの情報が真正直に伝わってくるのが特徴でした。初代ティアナもその例に漏れることなく、モダンリビングなデザインとは若干ちぐはぐな乗り味に感じたものです。

    ところがこの3代目ティアナは高級車と言っても全く問題ない上品な乗り味に仕上がっています。しかもいきなりトヨタ車のような乗り味に趣旨変えしたわけでなく、あくまでも今までの日産車の延長線上で進化した柔らかな乗り味で、この乗り心地だけでもティアナという車に存在感が生まれていると思います。

    サイズはFF高級車として、望むか望まないかは別として大きく威張りの効くモノ。その上にこの高級感あふれる乗り心地。にも関わらずベースグレードの価格は250万円というのに驚きです。昨今はホンダを筆頭に最高級グレードとベースグレードに大きな差別化をはかる車が多いですが、ティアナはベースグレードでも、内外装仕様に格落ち感はほとんどありません。ハンドルがウレタンになり、本革/パワーシートが選べないこと程度で。見た目の印象はまったく変わりません。

    そのシートにしてもようやくルノーとの提携効果が現れたのか、フランス車風の柔らかな素晴らしい仕上がりですし、オーディオは元々レス仕様ですので、ディーラー押し付けではなく量販店で好みのモノを入れればOKです。町内会のゴルフコンペにじいさん仲間と連れだっても「良い車買ったなぁ。高いんだろ?」と言われること受け合いです(笑)。

    エンジンは今回から2.5L4気筒1本に絞られましたが、その静粛性は4気筒にしてはなかなかのモノで、回さず粛々と走っているだけでは4気筒と気づかない人もいるかも知れません。それでいて4気筒ならではの出足の良さは有るので、ボディサイズはともかく意外と街中でも運転しやすい車になっています。

ティアナについての不満な点

  • 乗り心地には充分高級感がありますが、内装質感自体はそれなりの仕上がりで、目の肥えた人が見ると物足りないレベルだと思います。250万円のベースグレードでしたらこれでも十分だと思いますが、320万円の最上級グレード(ナビつけて350万オーバー)ですと厳しいかも知れません。価格帯が全く違うので仕方有りませんが、ショールームでスカイラインと隣り合って並んでいると、スカイラインの本物感に対して、メッキもパネルもすべてイミテーションに過ぎないと痛感させられます。

    何よりティアナと言えば初代の「モダンリビング」の印象が強く、質感としては追いついてない部分はあったにしても、そのデザイン性は大きな魅力だったはずです。ところが3代目は実は北米日産のアルティマとほぼ同じ車で、ティアナとして開発されたわけではありません。後付けで助手席オットマンだけは準備されていますが、内装デザインはどこかで見たことのあるありふれたものに過ぎません。

    外板色と内装色の組み合わせが限定されることも不満です。それ自体はどのメーカーでもよく有ることなのですが、不思議なのは、濃い色に合いそうなベージュ内装の組み合わせが、紺はともかく白と銀で有ると言うこと。黒やワインレッドこそベージュ内装が映えると思うのですが・・・そもそも黒内装はプラの質感が丸わかり、メタル調パネルも安っぽいのでカタログでも写真がほとんど使われていません。

    お勧めできる点ではベースグレードを持てはやしてきましたが、決定的な欠点として、このご時世にベースグレードでは自動ブレーキが設定出来ません。またティアナ全体としてもアイドリングストップやエコモードが無く、同クラスのカムリがハイブリッド、アテンザがディーゼルと、なかなかな低燃費車なのに対して、旧来のアッパーミドルカーに過ぎないのも物足りない点です。

    前記したとおりに4気筒エンジンの出来は悪くないのですが、今まではV6がメインでしたので、乗り換えを考えているユーザーにとっては格落ち感を感じさせます。北米には3.5LV6の設定が有るのですが、縮小傾向の日本のセダン需要では未導入も仕方のないことなのでしょう。

ティアナを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 理由:
    日産とは思えない洗練された乗り心地。
  • 運転後の感想について
  • 話は少し変わりますが、バブル前後辺りから、日本人はそれまで憧れの対象であったアメ車を時代遅れのモノとして見るようになりました。新しい憧れの対象は欧州車。技術が上がり車の評価を性能やスペックで語るようになった時、アウトバーン速度無制限に応えられる性能の欧州車に、追いつけ追い越せが日本車の目標となりました。

    その結果、日本の道路事情で考えると過剰な性能を持つ車が増え、日本国内で果たして本当に快適なのか?と思うような高速仕様ガチガチな乗り味の車ばかりになってしまいました。ところがそんな時代に意外なほど日本に適した国産車がありました。トヨタのカムリやアバロンです(厳密に言うとアメリカ生産の輸入車なのですけど)。

    アメリカ人が快適に過ごせるガバガバなサイズ。速度制限も厳しいので100キロ前後が一番快適な乗り心地。そして下駄のように使える気安さ。性能スペックとは違う、感性に働きかける心地よさが、北米生産のカムリにはあったのです。

    北米では今でもそんなガバガバな下駄車を作り続け、ベストセラーカーとして売りまくっているのですが、日本ではこのサイズは高級車のサイズ。となると下駄車の質感では、日本人に受け入れられません。モデルチェンジ毎に散々粘ったトヨタも遂にはカムリをハイブリット専用車とせざるを得ず、結果300万から400万円の高価格車になってしまいました。

    そうしてガバガバで快適な下駄車は日本から無くなってしまっていたのですが、このティアナ。日産が目指した方向とは全く違うのでしょうけど、見事にガバガバで快適な日本車カテゴリーを復活させています(笑)。そう言う意味で最初から記しているように推奨グレードはベースクレード一択。250万円で快適な乗り心地、それでいてサイズなりの最低限の高級感も有り、実に旧来の価値観での良い車。

    安全装備は物足りないしエコ濃度も低め。でも車本来の出来としては快適至極。なんでこんな車出したんだ?ティアナ、日産終わった。そう思っていましたが、乗ってみると本当真っ当良い車です。日産自体売る気がないので、なかなか試乗するチャンスもないでしょうけど、本当一度乗ってみてください。日産の、日本車の実力底力を感じます。

ティアナ関連ページ

  • 日産
    ティアナ
    2014年02月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの ティアナ の試乗レポート・評価

  • 6ライトの綺麗なサルーン
    NEUE TANZさんの投稿

  • 高級感がグレードアップ
    原さんの投稿

  • キレのあるデザイン
    syoさんの投稿

  • 乗り心地が強みなセダン
    こすげーさんの投稿

  • フロントグリルはこのままで!
    ヒッキーさんの投稿

  • リッチなビックセダン
    でんでんさんの投稿

  • 高級車の割には安い
    城西さんの投稿

  • 斜め後ろ姿がいい
    ふくさんの投稿

  • リアビューがイケてる
    nori_vvさんの投稿

  • 車内が広い
    Eくらすさんの投稿

  • 実際の価格よりも高く見えます
    くびとばさんの投稿

  • リアがカッコいい
    lex50さんの投稿

  • こんな感じがちょうどいい
    reireiさんの投稿

  • 助手席オットマンシートがアイデンティティ
    トオルさんの投稿

  • アメリカンサイズのビッグサルーン
    かぜさんの投稿

  • 実用的大型セダン
    B2-UNITさんの投稿

  • 本格FFセダン
    旭日旗さんの投稿

  • 北米の猛者
    Take on meさんの投稿

  • ラグジュアリーセダン!
    すみれちゃんさんの投稿

  • 優等生
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • カローラの宿敵・モダンなセダン
    Zero Fighterさんの投稿

  • 優雅なセダン
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 正統派FFセダン
    日本人で良かったさんの投稿

  • 典型的なLクラスFFセダン
    nagaさんの投稿

  • 居心地は良いけど、ひと昔前のクルマ
    きもぴさんの投稿

  • ロングドライブに最適なシルキーなセダン
    狭霧さんの投稿

  • スカイラインV36の後継機的なポジション
    aduma112さんの投稿

  • お手頃価格のミドルセダン
    tanuzouさんの投稿

  • 四葉のクローバー
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • グローバルなセダン
    まいまいさんの投稿

  • カーソムリエ事務局も気付かず旧型の画像
    パン君さんの投稿

  • 地味なセダン
    AI300さんの投稿

  • どうすればいいかと問われれば
    Ryoujiさんの投稿

  • ミドルセダン
    ファ爺さんの投稿

  • ティアナの存在価値とは?
    kazuさんの投稿

  • 普通になったグローバルセダン
    tyhk38さんの投稿

  • 運転しやすいグローバルモデル!
    FOCUSさんの投稿

  • 初代~続くモダンなグローバルセダン
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • おもてなしをテーマ国産セダン
    自動車研究員さんの投稿

  • 普通になったミドルサイズセダン
    クルマニアさんの投稿

  • もうちょっと若々しさがほしい
    Kaida Shawn Shotaroさんの投稿

  • ゆったりまったりセダン
    znさんの投稿

  • 大きなラティオ
    Rouge RX-7さんの投稿

  • 後部座席が広~い
    gogo3さんの投稿

  • FFの良さ、くつろぎのサルーンの熟成
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • ファミリーカーに最適
    みくさんの投稿

  • 乗車するみんなが快適
    っけさんの投稿

  • オーソドックスなスタイルの上質サルーン
    momongaさんの投稿

  • ティアナ〜♪ ティアナ〜♪ マイルド〜♫
    遠藤友信さんの投稿

  • 今でもいい車なので来年のFMCが楽しみ
    Rouge RX-7さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • さろらく。 さん

      検定ベストスコア: 78 点

      ランキング: 77位

  • どうやらみなさんと比べて得点が辛い傾向があるようです。相当気に入ってベタ惚れでない限り、5点はそうそうつけないと思います。と言うかここまで細かく点数つける必要有るのでしょうか?全体で5項目ぐらいでよいと思うのですが(笑)。

    投稿者情報

     都道府県:埼玉県
     年齢:50代
     性別:男性
     職業:販売・接客系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)