kazuさんの500C の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年05月07日

  • アバルト
    500C
    2010年10月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • 色々楽しいカブリオレ

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.6
  • 外観デザイン

    4.0

    インテリア

    3.5

    走りやすさ

    3.7

500Cについてのオススメポイント

  • フィアット500Cをベースにアバルトチューンを施したホットモデル。外見はフロントマスク、リアスポイラー、ホイールなどが違い、よりスポーティーさを感じる精悍なルックスになっている。何よりアバルトのサソリマークが凄みを増している。
    搭載されるエンジンは、1400cc直4ターボ。140ps、18.4㎏mを発生する。ノーマルの500Cツインエアが85ps、14.8㎏なので、パワーアップは相当なものだし、1150㎏しかない小さなボディには十分すぎる。

    このエンジン、低回転はトルクが乗らないのだが、およそ2500回転以上ではトルクフルで力強い。また逆に、上まで回しすぎるとアップアップしてしまうため、回しすぎても良くない。おいしい回転数は2500~5500回転くらいだろうか。そのあたりをキープさせながら走ると、なかなかいい感じに走ってくれる。

    シートなどの違いもあり、内装の高級感はノーマルよりワンランク上。走りの質感も1ランク上だ。
    そして、500cは、ルーフのトップ部分が折りたたまれる独特の開き方で開くオープンエアを楽しめるのがいいところ。
    価格が339万円と、アバルト500より60万円ほど高くなるが、フィアット500は楽しいことが最大のウリ。それなら、いっそのことオープンエアも楽しめちゃう500Cの方を選んだほうがいい。元々適度なユルさがある車だから、剛性が云々とかそういうところに神経質になる車でもない。実際、側面が残る開き方のため、そこそこ剛性は保たれているようだし、また、ルーフを閉めたときの静粛性も高く、ポンコツ感はない。

    フィアット500Cは、ヘボいのに頑張ってる感じがたまらない。エンジンの回り方もシフトも足回りも、頑張っているのにどこかユルさがある。それがこの車の味なのだ。
    外見の愛らしさ、フットワークの良さ、オープンエアの気持ちよさ、小さな車を運転する楽しさ、あらゆる楽しさを味わえる素晴らしい車だと思う。
    こういう楽しみが好きな人にとっては、このアバルト500Cは、かなりおすすめだと言える。

500Cについての不満な点

  • 低回転のトルクが乗らないこと。慣れれば問題ないが、もう少し下からトルクが出てくれるほうが運転はしやすいと思う。

500Cを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • フィアット500C自体が秀逸なデザインを持った魅力的な車なだけに、エンジンがパワーアップし、サソリのマークを持ったアバルト500は、なおさら魅力的な車だ。好きな人は相当ハマるだろう。逆に、小さくて実用性の低いこの車に対して、「これに340万円払う気にはなれない!」と言う人もたくさんいておかしくない。

    フィアット500は実用性という面ではいろいろ我慢しなければならない趣味性の高い車なので、「好きな人はどうぞ~!」という感じにならざるを得ないが、この車には、他の車にはない独特の世界観がある。それを一度味わってみても決して損はないと思う。

500C関連ページ

  • アバルト
    500C
    2010年10月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの 500C の試乗レポート・評価

  • 意外とリーズナブル!
    ブリキの太鼓さんの投稿

  • おしゃれなキャンバストップ
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 思わず笑顔になれる
    michihiro888さんの投稿

  • シャレオツ オープン
    日本人で良かったさんの投稿

  • 趣味のクルマ
    METAFIVEさんの投稿

  • お洒落なサソリ
    細橋龍宏さんの投稿

  • カジュアルでスポーティー
    パン君さんの投稿

  • 本当の500はこれかもしれない
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • 面白いハイパフォーマンス500
    自動車研究員さんの投稿

  • ラグジュアリーを、名乗れるコンパクト
    momongaさんの投稿

  • 2ペダルキャンパストップオープン
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 爽快コンパクト
    みくさんの投稿

  • 乗レバァ〜ワカルト⁉︎
    遠藤友信さんの投稿

  • 見晴らし抜群
    ファ爺さんの投稿

  • 爽快さと刺激の絶妙な同居
    きもぴさんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)