kazuさんのSQ5 の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年04月22日

  • アウディ
    SQ5
    2013年10月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • Q5とは違う硬質感

このクルマの評価

  • 総合評価

    4.2
  • 外観デザイン

    4.2

    インテリア

    4.1

    走りやすさ

    4.3

SQ5についてのオススメポイント

  • アウディの作るミドルクラスプレミアムSUVモデルQ5をベースに、高性能化したハイパフォーマンスモデルがSQ5。
    搭載されるエンジンは、3リッターV6スーパーチャージャー。出力354ps、トルクは47.9㎏mを発生する。
    このハイパースペックもさることながら、SQ5最大のおすすめポイントは、ドイツのスポーツグレードらしい硬質感があること。
    アウディはドイツ車の中でも操作系の感触が日本車寄りというか、結構軽めで扱いやすいセッティングとなっている。これが都会的で洗練されたクールなイメージを作り出しており、アウディのブランドイメージに貢献しているのは確かなのだが、昔からドイツ車の質実剛健な味わいが好きな人には、こういうあたりの柔らかいセッティングはちょっと物足りないと感じたりする。そういう人にとって、このSQ5は非常に満足度の高い車だ。

    ハイパフォーマンスモデルだけに足回りは固い。その固さが決して不快ではなく、剛性の高いボディで入力を一瞬で収束させるので、スポーツタイプの車として心地良い。
    それだけでなく、アクセル、ハンドリング、ブレーキング、などすべての操作系に適度な重さがあり、その操作に対する反応にもソリッド感があることで、人間の感覚と車の反応にズレがなく、運転していてすごく気持ちがいい。Sモデルというスペシャルな車のイメージと、この各種操作系の硬質感のマッチングが良く、完成度が高い。

    SQ5は、800万円もする高価な車で、2.0TFSIクワトロに対して170万ほど高くなる。しかし、馬力で130ps、トルクで12kgm以上の上乗せがあるだけでなく、根っからの車好き、ドイツ車好きが求めるバランスの良い硬質さも持っていることを考えると、この価格差以上の価値はあるんじゃないかと思える。

SQ5についての不満な点

  • ノーマルのQ5のような誰にでも馴染む気軽さ、軽快感が欲しい人には適さない車。しかし、アウディが本来的に持っている素性の良さを、より直接的に、濃厚に味わえるのはこちらのモデルだと思う。剛性高く、基本のしっかり作られたアウディには、こういうセッティングの方が好ましい。あまり、日本車ライクな操作系に寄りすぎると、逆に良くないんじゃないかと思っている。

SQ5を運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • そもそも、SUVにSモデルが必要か??という疑問もあるのだけれど、どのボディタイプの車であっても、ハイパフォーマンスモデルというのはそれなりの需要があるのだろう。メーカーとしても、こういう需要に対する高額な車が売れれば、利益率も高いことだしありがたいから、すすんで開発する。
    このSモデルに乗って感じたことは、こんなハイパワーはいらないけれど、操作系の硬質感や、その操作に対する車の応答のソリッド感は素晴らしいということ。こういうハイパワー化をしないとこういう車が作れないわけでもないだろうし、Q5と同じスペックでそういうセッティングの車を用意したっていいのになあと思う。クラウンのロイヤルサルーンとアスリートじゃないけれど、スペックを変えないままに味付けを変えることはできる。ドイツ車はなぜかそういう手法は使わないが、車種によってはそういう販売手法もありじゃないかと思う。

SQ5関連ページ

  • アウディ
    SQ5
    2013年10月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの SQ5 の試乗レポート・評価

  • ちょうどいいラグジュアリーSUV
    こすげーさんの投稿

  • さりげなく高性能なSUV
    yuiko mikamiさんの投稿

  • SUVということを忘れる俊敏マシン
    クロノノモモさんの投稿

  • スポーティSUV!
    すみれちゃんさんの投稿

  • エスキューなゴ
    日本人で良かったさんの投稿

  • スポーツ・ミドルSUV
    Zero Fighterさんの投稿

  • 高性能SUV
    細橋龍宏さんの投稿

  • 韋駄天SUV
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • マカンを買うならこれも考えるべき車
    aduma112さんの投稿

  • 背高い、ミドルクラススポーツハッチバック
    Toshiaki Ietaniさんの投稿

  • スポーツカーのSUV
    パン君さんの投稿

  • パフォーマンスはフル積載のストレスフリー
    momongaさんの投稿

  • 化学調味料添加、でも美味な料理のよう
    のぉーぶるさんの投稿

  • 締め上げられたSUV
    ファ爺さんの投稿

  • シャープなオンロードSUV
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • ミドルサイズの高速SUV
    みくさんの投稿

  • スポーツオーラ全開のかっこいいSUV
    Rouge RX-7さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)