kazuさんのRS5 の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年04月16日

  • アウディ
    RS5
    2010年09月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • 0-100加速4.5秒のモンスター

このクルマの評価

  • 総合評価

    4.0
  • 外観デザイン

    5.0

    インテリア

    3.8

    走りやすさ

    4.0

RS5についてのオススメポイント

  • A5をベースに、「quattro GmbH」が開発を手がけた究極のプレミアムスポーツクーペがこの「RS5」。アウディの場合、高性能モデルとしてSとRSの2種類のラインがあるが、Sは乗り心地や高級感を犠牲にしない範囲で高性能化したモデル。対してRSは、より走りに特化したキレッキレのスペシャルモデルである。

    RS5に搭載されるエンジンは、4.2リッターV8。出力は450ps、トルクは43.8㎏mというとんでもないスペックだ。S5の333psも強力!と思ったが、それより実に120psも上回る。しかもこの最高馬力をなんと8250回転で発生するというのだから凄い。4.2リッターエンジンでありながらここまでこの回転数は驚異的。

    さすがに私なんかの腕では全開走行なんぞ出来るわけもなく、このRS5の持ってるポテンシャルの10分の1も体感出来てないのだろうが、それでもこの車がとんでもない車なのだろうことはわかる。アイドリング時は、ドロドロとしたV8特有の音でおとなしくしているものの、アクセルを少し吹かすだけで、唸りを上げて猛然とダッシュする。その加速感は異次元のもの。クワトロであることもスタートダッシュの速さに貢献しているのだろう、もの凄い安定感がある。調べてみたら、0-100km/h加速が4.5秒とのこと。この数値は、ポルシェの4WDモデルである911カレラ4よりも速いらしい。

    足回りはガチガチ。おそらく200キロ以上の高速時にビシッと決まるのだろうが、街中では正直しんどい。音、振動もそれなりにあり、常に緊張感を要する。流麗なクーペボディでありながら、そこかしこから凄さがビンビン伝わってくる。この優雅でスタイリッシュな4シータークーペボディに、こんなに過激な性能を搭載しなくてもいいのに。。と自分なんかは思ってしまうが、このエレガントさとハイパフォーマンスの融合を楽しむこと、それこそが贅沢の極みなのかもしれない。

RS5についての不満な点

  • ポルシェ顔負けの高性能を持っているにもかかわらず、RS5は「知る人ぞ知る」的な車で、残念ながら知名度が低い。ましてや、見た目の押し出し感も、ノーマルのA5に対して1.5倍増えた程度である。こういうスーパースポーツカーを欲する人は、それなりに目立ちたいという欲もあるんじゃないかなあ?と思うのだが、そういった点では、RS5は凄さをアピールする力が、知名度的にも見た目的にも控えめだ。

RS5を運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • ノーマルグレードに対して、こういうハイパフォーマンスモデルを設定する販売手法は、アウディに限らずBMWもベンツもやっているが、そういえば日本はそういう販売手法をあまりやらない。その理由を考えたのだが、このRS5などのハイパフォーマンスモデルに乗って気付いたことがあった。
    それは、そもそもの箱(ボディ)が、こういう高性能化についていけるだけのポテンシャルを持っているかどうか?というところだ。ドイツ御三家がそれぞれハイパフォーマンスモデルを設定できるのは、その高性能を盛り込んでも絶えられる、しっかりした土台を持った車たちだからなのである。かつてのベンツは「エンジンよりも速いシャーシ」と謳われたことがあるが、まさにそれなのだろう。その設計に対する思想の違いが、大きく影響しているように思うわけだ。例えば、トヨタのクラウンに450psのハイパフォーマンスを搭載できるのか?といったら、おそらく難しいだろう。そういう目線で見てみると、同じボディをベースにしたハイパフォーマンスモデル設定がある車種というのは、それだけボディが強く、お金をかけるべきところにちゃんとお金をかけている素性の良い車なのだと見ることができる。
    つまり、A5はちゃんとできた車だということ。こういったスペシャルグレードの車たちの存在が、ベースグレードの車たちの価値をも引き上げてくれるのだ。

RS5関連ページ

  • アウディ
    RS5
    2010年09月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの RS5 の試乗レポート・評価

  • ダウンサイジングV6ターボの出来は?
    yuiko mikamiさんの投稿

  • さらに速くなった車
    こすげーさんの投稿

  • スパルタンなクーペ
    クロノノモモさんの投稿

  • 鋭いエンジンに脱帽
    yuiko mikamiさんの投稿

  • イカツイクーペ!
    すみれちゃんさんの投稿

  • アールエスなゴ
    日本人で良かったさんの投稿

  • 優美でしなやかな猛獣!
    TT_RS5さんの投稿

  • 上質で過激なスポーツRS5
    Zero Fighterさんの投稿

  • 怒涛の加速
    細橋龍宏さんの投稿

  • エアロが決まってる
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • レーシングカー
    aduma112さんの投稿

  • 緻密で色気もあるクーペ
    パン君さんの投稿

  • セレブなGT-R R35
    アルファードさんの投稿

  • そろそろ最後の自然吸気高性能
    momongaさんの投稿

  • 最も強靭なクーペ
    ファ爺さんの投稿

  • 最高です。
    FOCUSさんの投稿

  • ラグジュアリー&スポーティー
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • スーツの似合うスーパーカー
    なぐさんの投稿

  • 超弩級クーペ
    みくさんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)