kazuさんのS4アバント の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年04月14日

  • アウディ
    S4アバント
    2009年05月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • ワゴンボディも素晴らしい

このクルマの評価

  • 総合評価

    4.2
  • 外観デザイン

    4.6

    インテリア

    4.1

    走りやすさ

    4.3

S4アバントについてのオススメポイント

  • S4アバントは、A4アバントをベースに高性能化したスポーツモデル。搭載されるエンジンは3リッターV6スーパーチャージャーで、333ps、44.9㎏mを発生する。エンジンおよび7速Sトロニック、アウディ自慢のクワトロシステムなどドライブトレインはセダンのS4と同じだ。
    アウディの凄いところは、ボディ剛性や重量面でスポーツ走行に不利なワゴンボディであっても、セダンと遜色ない走りの性能を備えていること。普通に運転席に座って後ろを振り向かなければ、よほどしごいて走らない限りセダンかアバントかわからない。本当に凄いと思う。

    S4はのエンジンは数値的にはかなりのスポーツモデルだが、実際に乗ってみると、普通に走ってる分にはジェントルなスポーツセダンといった印象で、レースカー的なソリッド感はそこまでない。日常使用に支障ないセッティングでありながら、いざアクセルを踏み込めば恐ろしく速いという、羊の皮を被った~系の車だ。
    ただ、ひとたびアクセルを吹かすと、すっごく速い。それでもぶっ飛んだ暴力的な速さではなく、躾の良さを感じる大人の走りっぷりである。足回りもガッチガチに固いってほどでもないし、ハンドリングも緊張を要するようなクイックさでもない。全体の印象としては、ノーマルA4の延長上にある最上級スポーツグレードといった感じだろうか。例えばBMWのM3のような、レース的要素はそこまで強く感じない。
    しかし素晴らしい完成度だ。ボディ剛性、ハンドリング、ブレーキ性能、エンジン特性、クワトロによる安定感、ブレーキング、何もかも文句なし!

    特に個人的に気に入っているのは、ノーマルのA4アバントに対し、専用グリルやS4のロゴ、シルバー塗装のミラーなどでさりげなく差別化をはかっているところ。もちろん良くみると、車高が低かったり、左右2本ずつの4本出しマフラーなど、佇まいはただ者ではない感があるのだけれど、それを殊更に主張しないところがアウディらしくてカッコいい。

    ちなみに、アウディが最初に始めたと思われている、LEDによるヘッドライトの装飾であるが、営業マンの話によると、実はレクサスが最初とのこと。間違った情報が流れているらしい。逆に言うと、それだけアウディのデザインセンスが際立って印象的だったということだろう。

S4アバントについての不満な点

  • この車に不満を感じる人はほとんどいないように思う。高いパフォーマンスを備えていながら、各種バランスが良く、車としての完成度が極めて高い。強いて挙げるならば、アウディの場合は、このSの上に究極のハイパフォーマンスカーであるRSというグレードがあることだろう。それゆえ、Sの特別感が相対的に薄れてしまうのが悩ましい。これだけ凄い車なのに、もっと上があると知ってしまうと、2番目扱いになってしまう。

S4アバントを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • アウディは、伝統的にセダンよりアバントの方が売れる傾向がある。商業的イメージの強いワゴンボディを、スタイリッシュに仕上げ、セダン+αの付加価値がある車として完成させたのがアウディであり、そのブランドイメージが根強く残っているからだろう。実際、セダンよりもアバントを所有している方が、お洒落というか、余裕のある大人的雰囲気が感じられる。
    そんな付加価値を得たアバントに、これだけのハイパフォーマンスを搭載しているわけだから、S4アバントに惹かれないわけがない。価格はセダンに対し30万円ほど高いが、その価格以上の価値は十分にあると思う。

S4アバント関連ページ

  • アウディ
    S4アバント
    2009年05月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの S4アバント の試乗レポート・評価

  • さりげなく高性能
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 本格的なスポーツワゴン
    こすげーさんの投稿

  • 俊足ワゴン
    すみれちゃんさんの投稿

  • 大人のジェントル・スポーツ・ワゴン
    Zero Fighterさんの投稿

  • エスヨンなアバ
    日本人で良かったさんの投稿

  • 身軽なワゴン
    細橋龍宏さんの投稿

  • ちょうど良いサイズ
    aduma112さんの投稿

  • 完璧なプレミアムエステイト
    直列6気筒NAさんの投稿

  • 高性能ワゴン
    パン君さんの投稿

  • 最速ステーションワゴン弟分
    自動車研究員さんの投稿

  • 実用性と運動性能の両立
    ファ爺さんの投稿

  • 快速スポーツツアラー
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 上質なスポーツツアラー
    new-mauさんの投稿

  • ジェントルなのに速い
    hotominatさんの投稿

  • 走りも実用性もストレス無い車
    momongaさんの投稿

  • 乗ればA4より欲しくなる
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • オシャレで速い
    みくさんの投稿

  • 正に羊の皮をかぶったオオカミ
    Rouge RX-7さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)