kazuさんのA5カブリオレ の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年04月12日

  • アウディ
    A5カブリオレ
    2009年08月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • アウディカブリオレはセンスの塊

このクルマの評価

  • 総合評価

    4.0
  • 外観デザイン

    4.2

    インテリア

    4.0

    走りやすさ

    3.7

A5カブリオレについてのオススメポイント

  • A5カブリオレ2.0TFSIクワトロに試乗。A5は、2ドアの4シータースポーツクーペであり、それのオープンエアバージョンがこのA5カブリオレだ。
    ドライブトレインはA4TFSIクワトロと同じで、2.0リッター直4ターボエンジンと7速Sトロニックとアウディ自慢のクワトロシステムとの組み合わせ。エンジン出力211ps、35.7㎏mについてもまったく同じだ。つまりは、A4ベースのオープンエアと言える。
    ただ、オープンボディに伴なう補強のために車重がクーペに対して200㎏以上重い。そのため、走りの印象はキビキビしたものというよりは、しっとり落ち着いた印象となっている。ボディ剛性はオープンなのに高く、柔な印象はまったくない。

    このA5カブリオレは美しくてセンス抜群。乗ってるだけで自分がセンスの良い人間になった気がしてくる。元々アウディは、「都会的&クールで洗練された」ブランドイメージなので、この手の車を作らせると、そのブランドイメージがプラスに働く。「アウディのオープンエアに乗っている」というだけで一つのワールドが出来上がる。
    もちろん高級感、質感、心地良さ、いずれも申し分ない。

    電動ソフトトップなのもまたいい。個人的な好みでもあるのだけれど、電動ハードトップは味気ないというか、あのメカメカしい動きと硬質さが、オープンカーの独特のゆるいまったりした空気感を阻害しているように思えて好きではない。その点、雰囲気抜群のA5カブリオレにソフトトップを採用したのは大正解だと思う。開閉はフルオートで、20秒弱で行われる。走行中も時速50km程度までなら開閉可能とのこと。実際使うと、走行中に開け閉めできるというのは本当に使い勝手がいい。

A5カブリオレについての不満な点

  • 発売から7年が経過し、さすがに古さを感じるようになってきた。この手の雰囲気重視の車は、鮮度が大切なので、古くなると途端に触手が伸びなくなってしまう。間もなく出てくる新型の登場を待つほうがいいかもしれない。

A5カブリオレを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • 上級ラグジュアリーオープンモデルは、贅沢極まりない車で、実際のところ、一般の人にはなかなか手が出せない。700万という価格はもちろん、もしそのお金を出せるにしても、雰囲気を味わうことを主目的として、あえて実用性のない車を買うなんて、相当生活に余裕のある人、あるいは相当勇気のある人にしか出来ない。
    そういった意味で、高級オープンカーは価格以上に敷居の高い車だといえる。このアウディA5カブリオレも限られた人にしか買えない車なのだろうが、非日常を味わえるということに大きな価値を感じられる人にとっては、それだけのものをちゃんと提供してくれる車であるから、決して高くないといえる。
    実用性よりも精神的満足度に価値を求め、そこに対して対価を払うというのは、とても贅沢なこと。自分にはなかなかハードルが高いことだけど、でもそういう価値感も自分の中に育てていきたいなと感じた。

A5カブリオレ関連ページ

  • アウディ
    A5カブリオレ
    2009年08月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの A5カブリオレ の試乗レポート・評価

  • いつかは欲しい
    Eくらすさんの投稿

  • 真面目で優雅なカブリオレ
    NEUE TANZさんの投稿

  • 美しいオープン
    gogo3さんの投稿

  • 硬派なクーペカブリオレ
    クロノノモモさんの投稿

  • ボディカラーとソフトトップのカラーは?
    yuiko mikamiさんの投稿

  • ホント実用的!
    すみれちゃんさんの投稿

  • エーゴなカブ
    日本人で良かったさんの投稿

  • プレミアム・クーペ・カブリオレ
    Zero Fighterさんの投稿

  • 実用性あるオープン
    細橋龍宏さんの投稿

  • オープンカーで良かった
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 運転が楽しくなる車
    aduma112さんの投稿

  • 優勝パレード車
    パン君さんの投稿

  • 重く高くなってもオープンの価値が
    momongaさんの投稿

  • 素晴らしい剛性感 
    FOCUSさんの投稿

  • 4人が快適なラグジュアリーなカブリオレ
    ファ爺さんの投稿

  • 優雅なソフトトップオープン
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • スタイル命
    みくさんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)