kazuさんのM5 の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年04月11日

  • BMW
    M5
    2011年07月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • 史上最強のモンスターセダン

このクルマの評価

  • 総合評価

    4.1
  • 外観デザイン

    4.4

    インテリア

    4.0

    走りやすさ

    4.3

M5についてのオススメポイント

  • BMWが作る世界最強のプレミアムスポーツセダンがこのM5。5シリーズをベースに、セダンとしての使い勝手と高級ブランドとしてのプレミアム感はキープしつつ、レースにおける最高性能を盛り込んだという凄い車。ただ単にサーキットでタイムを競うだけなら、このM5よりも高性能な車はあるだろうが、これだけの相反する要素をこんなにも高い次元で融合した車は他にない。
    搭載される4.4リッターV8ツインターボは、560psの出力と1500~5750回転というほぼ全域にわたって69.3㎏mのトルクを発生する。車両重量は1980㎏と決して軽くはないが、その重さをまったく感じさせない凄まじいパワーを発揮する。

    正直、試乗程度で、しかも私の運転レベルでは、この車のポテンシャルはまったく計り知れない。アクセルを多めに吹かすと、湯水のようにドバーっとパワーが溢れてくる。しかもこの湯水の量がハンパないし、どこまでも大量に流れ出てきて恐ろしささえ感じるくらいだ。手に負えなさすぎて、「あーこれは自分には無理だわ。。」という諦めモードに入る。その程度は、BMWラインナップのどのMモデルよりも強かった。
    というのも、このM5は他のMモデルよりもひと際荒々しい。街乗りでは穏やかで羊の皮を上手に被っていて、ひとたび吠えると、その本性を表し始めるのが、Mモデルの特徴なのだが、このM5は羊の皮をあまり上手に被れていない。街乗りの段階から、底知れないポテンシャルの持ち主であることがひしひしと伝わってくる。
    けっして、じゃじゃ馬でどうにもこうにも扱いにくいというのではなく、ポテンシャルが高すぎて、隠しきれてないという感じ。

    前後異サイズのぶっとい19インチタイヤを履いてしっかり固められた足まわりからは、ガツンとくるショックを伝えてくるが、そのショックを強靭なボディがしっかり受け止めており、わなわな震えることがまったくない。シフトは軽めのショックをともなって、レースカーのように次々と瞬間変速していくし、アクセルを深く踏もうものなら、強すぎるパワーのせいで後輪が軽くスピンする。70㎏m近いトルクがどの回転域からでも出るからだろう。そしてターボとは思えないほどリニアに反応し、回転が上がれば上がるほどパワーが淀みなく出てくる。最高出力は6000回転で出すので、基本はかなりの高回転型エンジンなのだ。その割に速度感がないところもまた凄い。このM5は、サーキットを走る車特有のオーラが、街乗りレベルから随所に感じ取れるのである。

    M5は、秘めたる高いポテンシャルをその車の持つ余裕として味わいながら、ゆったりのんびり走って大人のクルージングを楽しむ~という、そんなタイプのプレミアムスポーツセダンではない。過激で、荒々しい、本格的スポーツカーの面で多く出ているように思う。この車で本格的に走ることが出来たら、どんなにか凄いのだろう。。自分なんかではこのM5の持てる力の10分の1も引き出せない。とにかく底知れぬポテンシャルを持った車だ。史上最強のモンスターセダンと言われるのもわかる気がする。

M5についての不満な点

  • とにかくレベルが違いすぎて、限界性能方面の不満点などは私にはわからないけれど、なんとなく感じるのは重いということ。これだけの高性能なんだから、もう少し軽かったら、どんなに凄いのだろうと想像してしまう。とはいえ、このM5は、「セダンボディによる居住性、使い勝手と、BMWブランドのプレミアム感と高級感と、最高性能とを合わせ持つ」というところが最大のウリであって、スポーツ性能だけに特化した車ではないから、ある程度はしょうがないのかもしれない。

M5を運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • 最近、あらゆるシリーズでMモデルを量産しているBMWだが、各シリーズのMモデルの中でも、このM5は、持ってるオーラがひと際輝いているように見える。
    他のMは、なんていうか、「商品力向上のためにMの称号を付けた」、みたいなやっつけ感がなくもないのだが、M5(とM3)だけは、歴史、伝統、ネームバリューがあるのもあって、他のMとは存在感が違う。走らせてみて感じる「ただものではない」感じも一番強く受けるし、さすがは「史上最強のモンスターセダン」と謳われる車だなあと感心した。

M5関連ページ

  • BMW
    M5
    2011年07月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの M5 の試乗レポート・評価

  • スペシャルセダン
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 全てが高みにあるセダン
    すみれちゃんさんの投稿

  • 男らしいスーパーセダン
    こすげーさんの投稿

  • 一元さんの思考
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • 狼!
    すみれちゃんさんの投稿

  • ベンチャー企業社長向け
    日本人で良かったさんの投稿


  • まる子さんの投稿

  • レーシングカー
    aduma112さんの投稿

  • デカイが快適で速いマシン
    パン君さんの投稿

  • Mファンの本命
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • 実用にも耐えるレーシングカーを乗りこなす
    momongaさんの投稿

  • BMW最強4ドアセダン
    自動車研究員さんの投稿

  • バランスの良いデザイン
    ファ爺さんの投稿

  • 高級車の皮を被ったモンスター
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 最強の4ドアセダン
    みくさんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)