kazuさんの7シリーズ の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年04月10日

  • BMW
    7シリーズ
    2009年03月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • 燃費と走行性能両方を求めたハイブリッド

このクルマの評価

  • 総合評価

    4.0
  • 外観デザイン

    4.0

    インテリア

    4.0

    走りやすさ

    3.3

7シリーズについてのオススメポイント

  • アクティブハイブリッド7に試乗。従来のAH7は、4.4リッターの大排気量エンジンに対して20psのモーターがアシストするタイプのもので、エンジンのパワーにひと回り分だけ輪をかけたようなそんな感じの車だったが、新しいアクティブハイブリッド7は、ダウンサイジングした直列6気筒ターボに55psのモーターを組み合わせた、1モーター2クラッチのパラレル方式。最長4kmまでモーター走行が可能らしい。これはアクティブハイブリッド5と基本同じパワートレインだ。

    従来モデルはシステム出力465psもあったが、現行モデルは354ps。100psも控えめになっている。しかし、その分燃費性能は高く、リッター14.2kmと、この手の大型フラッグシップセダンの中ではナンバー1の数値を誇る。

    マイチェン前のような大排気量エンジンのハイパワーが前面に出た乗り味に比べると線が細いものの、洗練された感がある。実際、2トンを超える重量級ボディも難無く引っ張っていくし、エンジン+モーターのぬるぬるとしっとり滑らかな味わいも、フラッグシップらしい高級感があって良かった。

7シリーズについての不満な点

  • 燃費を稼ぐためなのか、エンジンがすぐ止まる。それゆえ、エンジンが止まったり始動したりという回数がおのずと多くなっている。車自体が思いっきり静かなので、エンジンの始動音がやや気になった。

7シリーズを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • 昔から思っていることだが、この手のフラッグシップモデルに搭載されるエンジンは大きすぎる。自分が昔好きだった、W126型ベンツSクラスのフラッグシップモデル560SELも、1790㎏のボディに5.6リッターのエンジンを搭載していたが、実際は3リッター185psの直6エンジンモデルでも十分速かったし、むしろそれの方がバランスが良かった。

    フラッグシップモデルに搭載される大型エンジンは、言わば「見栄と雰囲気作りのため」のアイテムでもあるのだろう。
    おそらくフルに使うことはないだろうけれど、その余裕のポテンシャルがあるという事実によって、その車に奥深さ、高級感、権威、格を与えるということ。しかし、そもそもこういう発想自体がバブル的というか、旧世代的なのだ。

    もうそんな価値感で出来上がった車は現代には似合わない。そういった意味で、マイチェン後に100psもダウングレードすることを断行し、代わりに燃費性能を大きく向上させた現行AH7は素晴らしい。ダウングレードといっても、この新しいAH7だって、そんじょそこらの車はすべて蹴散らかせるくらい速いのだから、何ら問題ない。

    こういうフラッグシップモデルが、悪い流れを断ち切って、新しい道筋を作ってくれることは喜ばしいこと。開発側としては大きな決断だったかもしれないが、こうやって業界に対して、世間に対して新しい方向性を示すこともまた、フラッグシップモデルの重要な役割だと思うので、そういった意味でもこのダウンサイジングな7シリーズハイブリッドは存在意義が大きい。

7シリーズ関連ページ

  • BMW
    7シリーズ
    2009年03月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの 7シリーズ の試乗レポート・評価

  • 全方向カッコいい
    ふくさんの投稿

  • 世界最高峰
    Eくらすさんの投稿

  • 自分で運転しても楽しいフラッグシップ
    くびとばさんの投稿

  • プロローグとしてのハイブリッド
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • 7シリーズがやって来た
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • ハイブリッドサルーン
    yuiko mikamiさんの投稿

  • スポーティ&ラグジュアリーなサルーン
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 超オススメの1台!
    すみれちゃんさんの投稿

  • 電動フラッグシップセダン
    日本人で良かったさんの投稿

  • 超最高的セダン
    日本人で良かったさんの投稿

  • エコ7シリーズ
    パン君さんの投稿

  • さすがBMWフラッグシップ
    パン君さんの投稿

  • さすが旗艦
    まる子さんの投稿

  • ビックサルーン
    まる子さんの投稿

  • 熟成の域
    細橋龍宏さんの投稿

  • 流石フラッグシップ
    細橋龍宏さんの投稿

  • モデルチェンジに期待・・
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • モデルチェンジが待ちどおしい
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • コスパは悪いかもしれない
    aduma112さんの投稿

  • 超高級サルーン
    aduma112さんの投稿

  • 740で充分
    パン君さんの投稿

  • さすが
    パン君さんの投稿

  • 静粛な高級とハイパフォーマンスの両立
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • BMWのフラッグシップなら750
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • エコよりファントゥードライブ
    momongaさんの投稿

  • 軽やかな重厚感
    momongaさんの投稿

  • BMWのフラッグシップ
    みくさんの投稿

  • 飛ばさなければ燃費もいいらしいです
    みくさんの投稿

  • フラッグシップセダン
    ファ爺さんの投稿

  • ドイツらしさをまとった車
    ファ爺さんの投稿

  • 価格の高いシーマハイブリッド
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • BMWフラッグシップサルーン
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)