kazuさんの6シリーズ の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年04月04日

  • BMW
    6シリーズ
    2011年10月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • BMWの中で最もエレガントな車

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.8
  • 外観デザイン

    4.6

    インテリア

    3.6

    走りやすさ

    4.3

6シリーズについてのオススメポイント

  • BMW6シリーズは、BMWラインナップの中で最もスタイリッシュで優美な車。かつて初代6シリーズは「世界一美しいクーペ」と謳われたが、現行モデルもその名を受け継ぐにふさわしい優雅さがある。大柄でクーペらしい伸びやかなボディは、質実剛健なドイツ車の設計思想からは想像しにくいほどスタイリッシュ。ドイツ車的な質感の高さとイタリア車にも負けない色気が融合された美しい車に仕上がっている。

    もちろん「走りのBMW」らしさもしっかり備わっていて、「駆け抜ける歓び」は健在。大柄な車だけに、例えば3シリーズあたりと比べるとキビキビした動きは苦手だが、すべての動きがしっとりしなやかで、もの凄く上質。チープさは一切感じない。
    エンジンスペックも高いし、足回りから何から走りの性能は相当高いのだろうけど、この車はシャカリキに走って楽しむ車ではなく、ポテンシャルの高さとともに雰囲気を味わう車だと思う。6シリーズの世界観は3シリーズなどとは異質なものだ。

    内装の上質感も、さすがは1000万超えの車だけあってレベルが違う。これだけ優雅な世界が堪能できるBMWは他にないと思う。
    実用性はスポイルされてはいるものの、この美しいスタイルがあるのなら、天井が低く乗降性が悪かろうが、デザインコンシャスゆえに車両感覚が掴み難かろうが、許される。そう思わせるだけの説得力がある。個人的にはかなり好きな車だ。

6シリーズについての不満な点

  • 「高級スポーティークーペ」というカテゴリーは、「非日常の世界をどれだけ味わえるか?」というところも重要なファクターなので、もっと思い切ったデザインにしてもよかったように思う。目の前で単体で見ると非常に美しいのだけれど、街中で爆発的に目立つかというとそうでもない。ちょっと控えめなエレガントさに感じる。

6シリーズを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • BMWは走って楽しいというのが、最大の個性だと思っている。そしてその楽しさは、どのモデルでも一貫して味わえるけれど、でもモデルによって味わいの濃淡や味わい方には違いがある。自分の中では、3シリーズが最もBMWらしいと思っていて、BMWの追い求める「駆け抜ける歓び」が一番バランスよく凝縮されていると感じている。その点、6シリーズは、3シリーズとはまた違った方向性の車だ。奥底に流れるものは同じでも、その味わい方に違いがある。
    6シリーズは、BMWの生み出す、「より上質で、しっとり落ち着いた大人のスポーティー」を堪能させてくれる車だと思う。これは3シリーズにはない世界だ。こういう車を作らせても、さすがにBMWはレベルが高い。

6シリーズ関連ページ

  • BMW
    6シリーズ
    2011年10月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの 6シリーズ の試乗レポート・評価

  • 優雅さと運転する楽しさを両立したクーペ
    こすげーさんの投稿

  • コストだけでは作れない熱いクーペ
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • ラグジュアリークーペ
    yuiko mikamiさんの投稿

  • クーペの本道!
    すみれちゃんさんの投稿

  • 孤高のクーペ
    日本人で良かったさんの投稿

  • 優しいくーぺ
    細橋龍宏さんの投稿

  • BMWらしくない
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 色気不足
    パン君さんの投稿

  • 後席も運転を楽しめるような錯覚の車
    aduma112さんの投稿

  • かつての名声を目指す道半ば
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • 少しカッコ良くなった
    momongaさんの投稿

  • ラグジュアリークーペ
    ファ爺さんの投稿

  • プレミアムラグジュアリークーペ
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 優雅なパーソナルクーペ
    みくさんの投稿

  • 全てに余裕の選択
    直列6気筒NAさんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)