kazuさんの6シリーズグランクーペ の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年03月31日

  • BMW
    6シリーズグランクーペ
    2012年06月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • 優雅でスポーティーな4ドアBMW

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.9
  • 外観デザイン

    4.8

    インテリア

    3.6

    走りやすさ

    4.0

6シリーズグランクーペについてのオススメポイント

  • 試乗したのは640iグランクーペ。6シリーズはクーペもグランクーペも個人的に好きな車。実用性はスポイルされているものの、それを補って余りあるほどのカッコ良さがある。こういう高級ブランドカーは、一般大衆車とは住む世界が違うと思わせるほどの「艶やかな色気」がなくてはならないと思っているのだが、質実剛健なドイツ車の、しかも「駆け抜ける歓び」というをスローガンに掲げる「走りのBMW」には、実のところそういう車が少ない。
    そんな中、この6シリーズはBMWラインナップ中、最もエレガントで色気のある車だと言える。

    目の前で見るとたしかにカッコいい。全長5010mm、全幅1895mmに対し、車高は1390mmしかなく、この大型サイズでのロー&ワイドプロポーションなので、かなりスタイリッシュで伸びやかだ。この美しいスタイルがあるのなら、天井が低く乗降性が悪かろうが、デザインコンシャスゆえに車両感覚が掴み難かろうが、許される。そう思わせるだけの説得力がある。室内の高級感もすごくて、機能優先の一般的なドイツ車イメージとはまた違う「雰囲気のある車」だ。


    搭載されているエンジンもBMW伝統のシルキーシックスで、直噴ターボではあるけれど、相変わらず上質に回る。320ps、45.9㎏mのパワーも申し分なし。V8モデルの650iグランクーペもあるけれど、高級感もパワーも直6で十分。300万もプラスしてわざわざ上級グレードを買わなくても、満足度はすこぶる高い。

6シリーズグランクーペについての不満な点

  • 天井が低いことで乗り降りがしづらい。特に自分は腰が悪いので、前席も後席も乗り降りが大変だった。ただ、いったん中に入ってしまえば、思っていた以上に頭上スペースもあり、居心地は良い。
    あとは、前が見にくいこと。ドライビングポジションが低いうえに、ボンネットが長いので、車両感覚を掴むには慣れが必要。

6シリーズグランクーペを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • 車には、走行性能、居住性、積載性、デザイン、価格、燃費、高級感などなど、あらゆる要素が求められるので、結局のところ「これら数多くの要素をいかに高次元でバランス取るか?」というところに尽きる。中には相反する要素もあって、どれか一つを重視すると、他の要素がその割を食うという関係のものもある。
    グランクーペは、デザイン要素をより重視したことで、他の要素(居住性や視認性)がポイントを落とすことになった。
    でも、それがゆえにダメというのではない。その重視した要素の出来が秀でていれば、他の車にはない強い個性が生まれ、多少のマイナスポイントは許容できるものとなる。
    グランクーペのような、思想そのものに遊びというか余裕がある車は、それを所有しているだけで、心に余裕を持てそうな気がする。

6シリーズグランクーペ関連ページ

  • BMW
    6シリーズグランクーペ
    2012年06月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの 6シリーズグランクーペ の試乗レポート・評価

  • 超ラグジュアリー
    ふくさんの投稿

  • いいけどプライベート用かな
    こすげーさんの投稿

  • 加速がスゴい
    Eくらすさんの投稿

  • 美しいセダン
    lex50さんの投稿

  • マストアイテム
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • 優雅な4ドアクーペ
    yuiko mikamiさんの投稿

  • エレガントクーペ!
    すみれちゃんさんの投稿

  • グランなんですもの
    日本人で良かったさんの投稿

  • 「駆け抜ける喜び」
    N55B30Aさんの投稿

  • 華がないBMW
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 優雅の一言
    kuwatoro4678さんの投稿

  • 中途半端
    パン君さんの投稿

  • 大人気のクーペセダン
    aduma112さんの投稿

  • プロポーションはベース車の限界
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • スタイルと実用性の、融合
    momongaさんの投稿

  • 美しいクーペセダン
    ファ爺さんの投稿

  • BMW4ドアクーペモデル
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • CLSに対するBMWの回答
    みくさんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)