kazuさんの1シリーズクーペ の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年03月24日

  • BMW
    1シリーズクーペ
    2008年02月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • 六本木のカローラを思い出す

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.9
  • 外観デザイン

    3.8

    インテリア

    3.9

    走りやすさ

    4.0

1シリーズクーペについてのオススメポイント

  • 全長4370mm、全幅1750mmというコンパクトサイズクーペ。サイズ感や硬めの乗り味、全体のバランスなど、E30型3シリーズを思い出した。E30は全長4325mm、全幅1660mmだったので、現行1シリーズでも当時の3シリーズより大きいが、サイズ感は現行モデルの中では一番近い。
    高回転までスムーズに回るエンジンの吹け上がり、50:50の前後重量バランスが醸しだす走りのバランスやコーナリング性能、ドイツ車らしい固さと奥にあるしなやかさを感じる足回り、ボディ剛性の高さ、FRならではのドライビングプレジャーなど、当時の国産スモールセダンにはなかったものを、カローラサイズの小さなボディの車で味わえたあの時の衝撃、感動が少しよみがえってきて嬉しくなった。やはりこういうサイズのBMWはとても楽しい。
    3シリーズも年々肥大化し、今ではかつての5シリーズ並みのサイズになってしまった。でも当時もBMWのドライビングプレジャーは3シリーズが一番高かったわけで、このサイズ感のBMWの方が「駆け抜ける歓び」はわかりやすい。そういった意味でもこの1シリーズクーペはおすすめだ。

1シリーズクーペについての不満な点

  • 小さいうえにクーペボディなので、室内空間はやや狭い。でも想像ほど狭苦しいわけではなく、後部座席もまあ使えるし、トランク容量もそれなりにある。
    狭いと感じるのは、現代の他の車たちと比較した場合にそう感じるだけであって、E30時代の3シリーズはこの1シリーズクーペより狭かったことを考えると、実はこのくらいの室内サイズでも本当は問題ないのかもしれない。

1シリーズクーペを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • 自分がBMWを初めて知ったのはE30型325iツーリングだった。先輩が乗っていた車で、それに乗せてもらった時に、BMWのポテンシャルの高さを思い知らされた。それまでは外車に興味がなくて、「六本木のカローラ」と呼ばれていた3シリーズも何がいいんだかさっぱりわからなかったが、乗ってみてその凄さがわかった。
    試乗した120iは、サイズ感があの頃の3シリーズに近く、味わいも近いものがあり、妙に親近感が湧いた。
    車は肥大化すればいいってもんじゃなく、適度なサイズというものがあるように思う。今となっては1シリーズはBMWの一番小さいエントリーグレードだけれども、これくらいのサイズが中心的な位置にいた方が、BMWの本来的な良さが味わえるように思う。個人的には、この1シリーズクーペは昔からあるBMWの素性の良さを味わえるモデルとして、一番良いように感じた。

1シリーズクーペ関連ページ

  • BMW
    1シリーズクーペ
    2008年02月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの 1シリーズクーペ の試乗レポート・評価

  • 並のスポーツカーより上
    Technodelicさんの投稿

  • このぐらいがちょうどいい
    こすげーさんの投稿

  • 小さいことに価値があります
    くびとばさんの投稿

  • クーペのお手本
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • 小さいけれども実用性に優れたクーペ
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 美しきプレミアム・スポーツクーペ
    Zero Fighterさんの投稿

  • クーペだけどスポーツしてます。
    すみれちゃんさんの投稿

  • 半端ないパワー
    こうさるさんの投稿

  • FRの雄
    日本人で良かったさんの投稿

  • ジャストサイズ
    METAFIVEさんの投稿

  • 昔の3シリーズみたい
    まいまいさんの投稿

  • 確信犯?
    細橋龍宏さんの投稿

  • 昔のボディです
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • すこし古典味
    パン君さんの投稿

  • 駆け抜ける喜びを具現化
    ファ爺さんの投稿

  • BMW独美意英夢W良いクーペ‼︎
    遠藤友信さんの投稿

  • 小さくてもFR
    みくさんの投稿

  • 高級セカンドカーへ唯一無二のスペック
    momongaさんの投稿

  • プレミアムコンパクト
    QUEMASさんの投稿

  • Mスポーツだとカッコいい。
    Rouge RX-7さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)