kazuさんのSLKクラス の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年03月15日

  • メルセデス・ベンツ
    SLKクラス
    2011年05月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • ライトなベンツのオープンスポーツ

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.7
  • 外観デザイン

    3.8

    インテリア

    3.7

    走りやすさ

    4.0

SLKクラスについてのオススメポイント

  • SLKは、Cクラスベンツをベースにオープン2シーターライトウエイトスポーツに仕立てた車。3代目も初代から伝統のバリオルーフを受け継いでいる。
    現行SLKは、2代目と大きさや雰囲気がそう大きく変わらない。というのも、2代目とプラットフォームが同じだからである。そう考えると、外観だけいじったマイチェンレベルの変更しかない車なのかと思うが、むしろそれがプラスに働いており、より熟成が増した感がある。
    特に走り味は良い。スポーツに振って固いガチガチの足回りにするわけでもなく、腰のない足回りでもない。タイヤの固さが気にはなるものの、ほどよい固さとしなやかなサスのバランスは心地良い。ホイールベースが絶対的に短いことを考えると、この乗り味はなかなかだと思う。

    試乗したSLK200に搭載される1.8リッターターボエンジンは、184ps、27.5㎏mを発生。これは1つ前のCクラスのエントリーモデル、C180と同じエンジンである。1500㎏を切るボディにはこのくらいのエンジンで十分。加速も優れてるし、十分速い。ちなみにさらに上には300psを超えるパワーを持つSLK350もある。

    屋根を開けて走ると、オープンエアの爽快感とベンツの上質な味わいの両方を味わえてなんとも気持ちがいい。最近のオープンカーは風対策が素晴らしい。風の巻き込みも極めて少ないため、髪がめちゃくちゃになることも風の音で音楽が聞こえないなんてこともない。心地良い程度の風と太陽光を浴びながらの快適空間が保たれる。寒さ対策も万全で、オプションではあるもののエアスカーフという首の後ろあたりから温風が出る装備は結構重宝する。
    そして、20秒ほどで開閉できるバリオルーフのおかげで、クローズとオープンの2種類の空間を味わえるのがいい。ハードトップ状態で走ってると、これがオープンカーであることを忘れてしまうほど普通の車として走る。ソフトトップは雰囲気はあるものの、クローズにしててもやはり普通の固い屋根がある車と同じとはならない。その2つを共に味わえるのがハードトップオープンの良さだろう。

SLKクラスについての不満な点

  • SLKの特徴でもあるが、室内空間の囲まれ感が強い。着座位置に対してウエストラインが高いことや前後長が短いことで、なんだか安全な露天風呂の中にいるような感覚だ。これはこれでSLKの良さであり、安心感や快適空間をもたらしてもいるのだが、個人的にはもうちょっと外に出たい。オープンなのに過保護すぎて、オープンの醍醐味を存分に味わえてないような感じがしてしまう。

SLKクラスを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • SLという絶対的存在がいるので、SLKはもっとライト感覚でオープン2シーターを味わえる。サイズ感も質もスペックもベンツの中ではライトなので親しみやすい。でも、いわゆるライトウエイトスポーツのライト感ではなく、走りはいたって安定志向。ベンツらしい重厚さやフラットライド感、上質さ、そういったものを味わうセッティングとなっている。
    個人的にはオープンカーはもっとライトウエイトでカートのように走るのが楽しいと思っている。ロータスエリーゼまでスパルタンでなくてもいいけれど、1000㎏前後の体重のSLKよりもひと回り以上小さなオープンカーがあったほうが圧倒的に楽しい。ベンツの車作りの思想、論法にはそぐわないタイプの車だけど、出たらきっと売れると思うし、そういうジャンルが世界的に盛り上がる可能性もあると思っている。
    SLKは、私からするとちゃんとしすぎている。

SLKクラス関連ページ

  • メルセデス・ベンツ
    SLKクラス
    2011年05月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの SLKクラス の試乗レポート・評価

  • メルセデス軽量スポーツカー
    Benz Freakさんの投稿

  • ボディコンシャスなオープン
    サウンドールさんの投稿

  • ラグジュアリーで運転の楽しいMT
    aduma112さんの投稿

  • デザインが残念
    細橋龍宏さんの投稿

  • 顔がデカイ
    パン君さんの投稿

  • SLK350は本来の意味のSLか
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • 二つの価値観
    momongaさんの投稿

  • 実用性の高い遊び車
    muchachoさんの投稿

  • ひとつぶで二度おいしい!
    たかさんの投稿

  • 思い切ってMTを選びましょう
    みくさんの投稿

  • クイックなロードスター
    ファ爺さんの投稿

  • 見た目と走りにギャップがある車
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 快適なオープンカー
    kuwatoro4678さんの投稿

  • 毎日乗れるスポーティーなベイビーSL 
    new-mauさんの投稿

  • コンパクトラグジュアリー
    tototo1さんの投稿

  • ベンツの86
    なぐさんの投稿

  • 雰囲気を味わう高級オープン
    Rouge RX-7さんの投稿

  • クルマの魅力を再確認出来る。
    uzusio2000さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)