kazuさんのシロッコ の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年02月23日

  • フォルクスワーゲン
    シロッコ
    2009年05月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • VW随一のスタイリング

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.8
  • 外観デザイン

    4.2

    インテリア

    3.7

    走りやすさ

    4.0

シロッコについてのオススメポイント

  • ゴルフをベースに、ワイド&ローのスタイリッシュなスポーツクーペに仕上げたスペシャルモデルがこのシロッコだ。実用性最重視で優等生的イメージのVWからは想像できないほどデザインコンシャス。特にリアから見たときの大胆なサイドの絞り込みは相当なもので、ゴルフのような実用車とは明らかに違うスペシャルカー的オーラを感じる。

    前席はスポーツクーペ的な居心地で心地良い。ゴルフより全長があるせいか、後席も思いのほかスペースがあって座れるけれど、サイドの絞り込みが強く天井が低いからか、心理的圧迫感はある。基本2人乗りと考えていたほうがいいかもしれない。

    走りはゴルフよりもスポーティライク。足はより固めで、街中だと結構ゴツゴツする。試してはいないが、高速だとビシッと決まるのかもしれない。ワイド&ローのボディが効いているのか、ロールが少なく思い通りに曲がってくれる。反応も早い。ゴルフより優れている最大のポイントはハンドリングかもしれない。
    試乗したTSIは、1.4リッターのターボ+スーパーチャージャー搭載モデルで、160ps、24.5㎏mを発生。低回転からトルクも乗って十分に速く、ボディとのバランスがちょうど良く感じた。もっとパワフルなモデルもあるけれど、これでいいんじゃないかなあと個人的には思った。

シロッコについての不満な点

  • 値段が結構するのが辛いところ。総額400万以上となると、他にも魅力的な選択肢が出てくるので、そうなると他の車以上に魅力的に感じないと最終的に購入には至らない。いい車だなとは思うけど、たくさん売れるかと言うと難しいのかなあって気もする。

シロッコを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • スタイリッシュなボディデザインはなかなか。いかにもスペシャリティーカー的な雰囲気がぷんぷん漂っている。きっと「VWなのに~」という感覚で見ているからというのも多分にあるように思う。実用性最重視の真面目で質実剛健なVWが、こういうクーペも作るのだというそのギャップに、より惹かれるのかもしれない。
    個人的には結構いいなと思っているけれど、新車で購入する勇気はなかなかなくて、もし買うとしたら中古車で買うような気がする。新車では、「費用対効果」のバランスが取れていないと感じてしまう。

シロッコ関連ページ

  • フォルクスワーゲン
    シロッコ
    2009年05月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの シロッコ の試乗レポート・評価

  • シロッコにウットリ
    平成ジローさんの投稿

  • ゴルフのクーペ?
    こすげーさんの投稿

  • 個性的な3ドアクーペ
    くびとばさんの投稿

  • VWのセクシーなクーペ
    B2-UNITさんの投稿

  • ワーゲンのスポーティーカー
    すみれちゃんさんの投稿

  • FFスポーツ
    細橋龍宏さんの投稿

  • 泣く子も黙るシロッコ
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • ワーゲンのスポーツカー
    パン君さんの投稿

  • 美しいクーペハッチ
    自動車研究員さんの投稿

  • スペシャルな車
    ファ爺さんの投稿

  • 美しく独特なクーペ
    クルマニアさんの投稿

  • ゴルフをクーペにすると・・・
    みくさんの投稿

  • 古さを感じないスポーツハッチ
    momongaさんの投稿

  • スタイリッシュ本格FFスポーツ
    Rouge RX-7さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)