kazuさんのXC70 の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年01月21日

  • ボルボ
    XC70
    2007年11月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • 一番良いボルボ

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.9
  • 外観デザイン

    3.4

    インテリア

    4.1

    走りやすさ

    3.7

XC70についてのオススメポイント

  • V70をベースにクロスカントリー要素を盛り込んだモデルがこのXC70だ。車高は45mmほど高くなり、バンパーやフェンダー部分にはグレーの樹脂製パーツが装着されており、V70よりもオフロード色の強い外観となっている。とはいえ、V70とは違う本格オフローダーとしての頑強なボディや4WDシステム、ロック機構などを搭載しているわけではなく、あくまで車高が上がった分だけ行動範囲が広がった程度のものだ。

    V70自体が、古き良きボルボの味わいを色濃く残す良い車なので、XC70もまたボルボらしさ満載で素晴らしい。V70以上のロングストロークでゆったり走り、3リッター直6ターボエンジンが滑らかに回り、余裕の走りをもたらしてくれる。
    内装の質の良さと落ち着いた雰囲気、大振りでがっしりホールドしてくれる心地良いシート、たくさん積める荷室など、どれも素晴らしい。このボルボの精神的満足度レベルはボルボラインナップの中でも一番ではないだろうか。

XC70についての不満な点

  • ほぼない。強いて挙げると、値段が高いこと。ボルボはドイツ車ほど一見してわかりやすい質感的高級度がないので、微妙に割高感がつきまとう。このXC70も700万近くもするわけで、そんなに高いお金を出すとなると、ほかにも候補車がたくさん出てくるから悩ましい。700万クラスの他車にも勝てるだけの強力な魅力があると思えるか、そこが問題になりそう。

XC70を運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • ボルボを買うなら、V70とかXC70などのかつてのボルボワールドが今も色濃く残るモデルにするか、V60、S60などの現代的でデザインコンシャスなモデルにするか、どっちの路線でいくかをまず決めるといいのかもしれない。根底に流れるものは同じかもしれないけれど、テイストはやや違う。
    個人的には、V70やXC70が好きだ。やはり「ボルボという車はこういうもの」というイメージが出来上がってしまっているので、それに沿う形の車の方がしっくりくる。
    かっちりしっかり「剛」のテイストのドイツ車に対し、V70、XC70は、柔らかく穏やかな「柔」のテイストの車だ。どっちの車にも良さはあるけれど、精神的満足度、平和度の点では、ボルボの方が高いように思う。ボルボが醸しだす幸せテイストは、一度味わうと病みつきになる。

XC70関連ページ

  • ボルボ
    XC70
    2007年11月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの XC70 の試乗レポート・評価

  • 心地良さという価値
    reireiさんの投稿

  • 古さを感じさせないモデル
    くびとばさんの投稿

  • ボルボクロスオーバーのパイオニア
    風をあつめてさんの投稿

  • 迫力の外観とパワーユニット
    サーヴィスさんの投稿

  • 品の良いクロスオーバー
    ドドンゴさんの投稿

  • オンロードでもオフロードでも
    yuiko mikamiさんの投稿

  • まだまだいけそう?
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • カジュアルテイスト
    細橋龍宏さんの投稿

  • 信頼のAWD
    パン君さんの投稿

  • V70クロスオーバー
    自動車研究員さんの投稿

  • 男性的な魅力
    直列6気筒NAさんの投稿

  • 無骨だがラグジュアリー
    ファ爺さんの投稿

  • リアルクロスオーバー
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 安楽空間
    new-mauさんの投稿

  • 本物のクロスオーバー
    みくさんの投稿

  • 悪路走破性能アップでもV70の快適性
    momongaさんの投稿

  • クロスカントリーとは上級車
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • お買い得パワフルクロカン
    Rouge RX-7さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)