kazuさんのGT-R の試乗レポート・評価

投稿日: 2015年01月16日

  • 日産
    GT-R
    2007年12月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • 最高の性能を誰もが楽しめる

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.7
  • 外観デザイン

    4.0

    インテリア

    3.5

    走りやすさ

    4.3

GT-Rについてのオススメポイント

  • GTRのスポーツカーとしての高性能は誰もが認めるところで、おそらく国産車ではナンバーワンだろうし、世界的に見ても相当なレベルにある。もちろん、直線だけで言えばGTRより速い車もあるだろうし、もっと走りのみに徹したストイックな車もある。GTRの凄いところは、「適度な実用性を備えていること」、「その高性能を誰もが味わえること」、「性能に対して価格が激安なこと」だ。この3点を兼ね備えたスーパースポーツカーランキングなら、GTRは圧倒的に世界一だと思う。

    GTRの性能の高さは、ニュルのタイムなどでも実証済みだが、その高性能っぷりを素人でも安全に、簡単に味わうことができる。恐ろしくトラクション性能が高いので、ホイールスピンしてまともに走れないなんてことはない。アクセル全開すると、「このまま離陸するんじゃないか??」と思うほどの強烈な加速で、キューンと音を立てて飛んでいく。その際の安定感も凄まじく、ただハンドルを握ってアクセル踏んでれば勝手にまっすぐ走ってくれる。高速での安定感もピカイチ。CD値0.27という空力ボディのおかげもあって、超絶的に安定している。その安定感が時速300kmになっても変わらないというんだから凄い!
    コーナリング性能も抜群で、普通車じゃ到底無理な速度で進入しても、アンダーもオーバーもなく、路面に吸い付いてるかのように駆け抜ける。ブレーキ性能も普通乗用車では考えられないくらい強力。しかもその際の安定感が驚異的。まったくバランス崩したりせずにあっという間に速度が落ちる。
    こういった走る、止まる、曲がるの走りの基本性能が、GTRはとんでもなくレベルが高い。自分なんかじゃ、GTRの持っている高性能の10分の1も知り得てないのだろうが、それでも他の車とは住んでる世界が全然違うことくらいはわかる。
    こういった高性能を、素人が安全に味わえる車はまずないだろう。どんな場面でも破綻をきたす素振りさえ見せないし、雨など路面コンディションが悪かろうがまったく問題ない。高性能マシンだけど、危なっかしくて素人には扱いきれない車はたくさんあるけれど、こんなに素人に優しいスーパースポーツは、GTR以外ないと思う。

    GTRは、生粋のスーパースポーツというのとは出自がちょっと違う。元々はスカイラインの高性能バージョンだったわけで、そのDNAは今も受け継いでいる。スポーツカーには不要と思われるくらいトランクスペースは大きいし、2+2とはいえ後席もちゃんと用意されている。重量だって徹底的にライトウエイトにしているわけではない。乗用車派生のスポーツカーということで、例えばフェラーリだとかランボルギーニ、マクラーレンなどとは違う。ちゃんと一定レベルの実用性も兼ね備えている。
    走りにおいても、街中レベルでも走りやすくなっており、低速走行の際には、シフトショックはあるものの、サクサクシフトアップしていって、普通車のように走ってくれる。スポーツカーのエンジンだけど、下手に高回転を維持するなどと扱いづらいところがない。

    そして、この高性能が激安価格で手に入ることだ。1000万を切る価格は、同レベルの性能を持つ世界のスポーツカーたちと比べたら半額だ。まあ、1000万という価格自体が相当高価ではあるけれど、費用対高価の点で言えば、こんなに買い得感の高いスポーツカーはない。

GT-Rについての不満な点

  • GTRが凄い車になりすぎて、庶民の手の届かないところにいってしまったこと。
    R32GTRなどは、価格的にも性能的にも庶民の手が届くレベルで最高性能を持ったスポーツカーだった。価格も450万くらいからだったと記憶している。そういう絶妙なポジションにいたからこそ、GTRは我々にとって「いつかは手にしたい!」と思える車だったのだ。今のGTRは、一部の裕福な人しか乗ることができない高嶺の花になってしまった。

GT-Rを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • GTRという車の潜在能力は、私ごときでは計り知れない。素人レベルでは味わえない高いレベルまでずっと高性能なのだろう。でも、その高性能の片鱗を、素人でも安全に、気軽に味わわせてくれるのはありがたい。そういった意味で、GTRは一般人に最も優しいスーパースポーツカーと言える。

    ただ、残念なのは、多くの人はこんなにも遠い世界の高性能をGTRに求めていたわけじゃないということ。そりゃあ、世界の名だたるスポーツカーにも負けないだけの高性能マシンであってほしいとは思うけど、自分達の手が届かない世界に行って、ユーザーたちを置いてけぼりにしてそれを目指されてもなあ・・というのが正直な気持ちだ。
    R32の頃は、庶民でも頑張れば手が届いた。市販されているスポーツカーの中で最高性能を誇る憧れの車として、価格的にも性能的にも絶妙なポジションにいたわけだ。
    あの感じがGTRの良さだった。
    それが、今はあの頃の倍の値段で、倍に近いパワーを発揮する超高性能スーパースポーツになった。価格も性能も上を見たらキリがなく、どこまでも上げていくことは可能だけれども、我々がGTRに求めているのはおそらくそういうことじゃない。
    私の感覚としては、GTRは1人でどっか遠いところへ行ってしまったスーパースポーツカーだ。R32は憧れることが出来て、当時はプラモデルまで買ったけれど、現行GTRのプラモデルは買おうとは思わない。

GT-R関連ページ

  • 日産
    GT-R
    2007年12月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの GT-R の試乗レポート・評価

  • 日本のスーパーカー
    くびとばさんの投稿

  • 901運動の遺産
    でんでんさんの投稿

  • 世界のスーパーカー
    平成ジローさんの投稿

  • カミガミシイ
    両手にカピバラさんの投稿

  • みんなの憧れ
    原さんの投稿

  • 孤高の狼
    Technodelicさんの投稿

  • 日本の誇り
    syoさんの投稿

  • 格別の存在
    城西さんの投稿

  • さすがGTR
    ふくさんの投稿

  • ニッポンのスーパーカー
    こすげーさんの投稿

  • 感動をありがとう
    かあとらいださんの投稿

  • 万人が乗れる超スポーツカー
    reireiさんの投稿

  • 世界のGT-R
    Gravetrippin' さんの投稿

  • キャラクターが濃いスーパーカー
    ミサイルウーマンさんの投稿

  • ジャンパンメイドのスーパースポーツ
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 特別
    旭日旗さんの投稿

  • 日産の本気
    Take on meさんの投稿

  • 日本の誇り
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • 世界が認める和製スーパーカー
    Zero Fighterさんの投稿

  • 超速っ!
    すみれちゃんさんの投稿

  • NISSANの宝
    METAFIVEさんの投稿

  • 震えました
    日本人で良かったさんの投稿

  • パワードスーツ
    Blazeさんの投稿

  • 恐ろしいまでの性能とコストパフォーマンス
    狭霧さんの投稿

  • 手の届かないところへ行ってしまった
    まいまいさんの投稿

  • バリューが・・・
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 心を持ったサイボーグ
    Red lightさんの投稿

  • 新車購入可能な国産スーパーカー
    パン君さんの投稿

  • 自由に走れる新幹線
    Daiさんの投稿

  • 日産の目玉
    aduma112さんの投稿

  • カッコ良く見えてくるから不思議
    momongaさんの投稿

  • 日本の誇り
    ファ爺さんの投稿

  • 最速の戦闘機
    自動車研究員さんの投稿

  • スピード感G‼︎たまらんあ〜る‼︎
    遠藤友信さんの投稿

  • 世界一の設計思想を持つスーパーカー
    三宮 徹哉さんの投稿

  • 究極のハイパフォーマンススーパーカー
    クルマニアさんの投稿

  • 日本の誇り
    みくさんの投稿

  • 地上を走る戦艦大和
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 身近になったスーパーカー
    スポーツカー大好きさんの投稿

  • 農耕民族が作るスーパーカー
    viva_georgeさんの投稿

  • 異次元カー
    ryooonoskeさんの投稿

  • 保安基準適合レーシングカー
    ばんくんさんの投稿

  • 泣く子も黙る最強マシーン
    くれあさんの投稿

  • 世界に誇る日本の至宝!!
    Yukiyoshi Inutaさんの投稿

  • スーパースポーツカー!法定速度が邪魔
    Rouge RX-7さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)