kazuさんのルクラ の試乗レポート・評価

投稿日: 2014年12月21日

  • スバル
    ルクラ
    2010年04月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • タントエグゼのOEM

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.7
  • 外観デザイン

    3.8

    インテリア

    3.8

    走りやすさ

    2.7

ルクラについてのオススメポイント

  • スバルがダイハツからOEM供給を受けている車で、ベースはタントエグゼである。違いはエンブレム以外同じ。なので、評価もタントエグゼとまったく同じ。
    ルクラの一押しポイントは、軽とは思えないほどシートがいいこと。厚みがあって座り心地がいい。特に左右独立の後席なんかは、他の軽と乗り比べてみるとちょっと感動する。
    あとは、タントほど無駄に背が高いわけじゃなく、違和感が少ないことも良い。あれはスペースユーティリティをとことん求めた車なので、逆に言うと違和感がある。
    その点、タントエグゼ&ルクラは、車高が抑えられていることで重心が低められており、走りの面での違和感が少ない。重量がかさむスライドドアを採用していない点も走りに貢献しているのだろう。室内スペースも十分広いし、なかなかいい車だと思う。

ルクラについての不満な点

  • 車そのものは、軽の中でもおすすめできる車のひとつかと思うので、そんなに不満な点はない。強いて挙げると、Aピラーが結構しっかり太いため、視界に入って邪魔なときがあるくらい。あとは、根本的な問題だけど、スバル車ではないOEM供給車であるということ。OEM車に対する抵抗を持っている人は少なからずいると思う。
    また、OEM供給を受けてる側と本家の車とは、リセールバリューも違ってくることがある。
    そういう場合は、新車で買う場合はオリジナルを、中古で買う場合はOEM車を買った方がお買い得になるので、そのへんも考慮して選ぶといいのかもしれない。

ルクラを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • 車自体は良いと思う。こういう良い車が、名前は違えども、ダイハツだけでなくスバルでも買えるのだと考えれば、出来の良い車のOEMというのは消費者サイドからしても悪いことではない。だけど、そこに抵抗を感じる人も少なからずいると思う。特にある程度車に詳しい人、車が好きな人たちにとっては、このプライドも節操もない販売手法に「は?」となるんじゃないだろうか。
    ここは賛否両論あるところで、非常に判断が難しい。

    一つ言えるのは、殊日本においては、ユーザーにとって、車というものが家電だとかビールなどと同じような感覚になってきているということかもしれない。
    例えば、家電に詳しくない自分がテレビを買う場合を想定すると、メーカーに関しては別にどこのだってかまわない。こだわりもないし、そもそも違いもわからない。壊れなくて、一番お買い得なものを買えればそれでいいと思っている。だから、その製品が本当はどこで作られていようが、そんなのどうでもいい。「シャープ製となっているけれど、実は東芝のテレビなんだよ」と言われても、「へえーそうなんだ?」くらいしか思わない。
    車選びについても、多くの人たちにとってはそういう感じなのだろう。「このメーカーはこうでああで・・・」とこだわっているのは、一部の車が好きな人間だけであって、大半の人は、私のテレビに対する感覚と近いのかもしれない。これは、ぜひともアンケートを取ってみたいところだ。

    でも私は、OEM供給の負の側面は考慮しておくべきだと思っている。長い目で見た場合、OEMは、ブランド価値の低下などマイナス効果も生じさせる可能性がある。
    一度ブランド価値を失うと、それを取り戻すのには何十年もかかる。そういう可能性がなきにしもあらずだってことは覚悟しておかなければならない。

ルクラ関連ページ

  • スバル
    ルクラ
    2010年04月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの ルクラ の試乗レポート・評価

  • 大人向けトールワゴン
    Black Rainさんの投稿

  • 背高いヒンジドア車
    とっきんさんの投稿

  • ルクラってネーミングが好き
    両手にカピバラさんの投稿

  • シートが素晴らしい
    カネ太郎さんの投稿

  • ちょっと上質
    nagaさんの投稿

  • 貴重な存在
    Take on meさんの投稿

  • 落ち着いた大人の軽自動車!
    すみれちゃんさんの投稿

  • 室内広々
    こうさるさんの投稿

  • ヒンジの為なら
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • ヒンジドアのハイト系
    yuiko mikamiさんの投稿

  • ヒンジ命
    日本人で良かったさんの投稿

  • コンセプトもスタイルも甘い
    パン君さんの投稿

  • 色気のない軽の正統派
    Zero Fighterさんの投稿

  • ちょっとだけ上質な軽
    まいまいさんの投稿

  • ルクラってんじゃねえよ
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • スバル版タントエグゼ
    自動車研究員さんの投稿

  • 貴重なハイトヒンジドア軽ミニバン
    アウピー乗りさんの投稿

  • プレミアム軽
    ファ爺さんの投稿

  • 6連星マークを付けたタントエグゼ
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • まんまタントエグゼ
    クルマニアさんの投稿

  • ちょっとスポーティ
    みくさんの投稿

  • 良く乗るルクラのある暮らし(^^)
    遠藤友信さんの投稿

  • エグゼクティブKハイトサルーン
    momongaさんの投稿

  • 広々スバルの軽
    タージリンさんの投稿

  • 天井の高いムーヴ
    Rouge RX-7さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)