kazuさんのコルベットコンバーチブル の試乗レポート・評価

投稿日: 2014年12月19日

  • シボレー
    コルベットコンバーチブル
    2014年04月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • コルベットはオープンという人向け

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.9
  • 外観デザイン

    5.0

    インテリア

    3.6

    走りやすさ

    4.0

コルベットコンバーチブルについてのオススメポイント

  • 外観
    惚れ惚れするカッコ良さ。平たくて幅広で、うねりのあるセクシーボディ。4つのタイヤがしっかり大地を掴み、今にもすごい勢いで走り出しそうな圧倒的迫力。
    タイヤは前18インチで後ろ19インチ。後ろにいたっては285/35R19という太いタイヤを履いている。こういう大きなタイヤを履いていてもデザイン的にまったくタイヤ負けしないのがすごい。真後ろから見ると、中央下部ナンバープレートの下に4本のマフラーが綺麗に横一列に並んでおり、見た目から凄さが伝わってくる。

    コルベットはソフトトップ。屋根を取るとより平たくスタイリッシュに見える。個人的にはクーペボディの方がデザイン的に好きなのだが、「コルベットはオープンでしょう!」という人はこっちの方が好みなのかもしれない。大排気量スポーツカーなのに、キュッと引き締まっていて、まるでロータスのライトウエイトオープンのように見える。
    現行コルベットは、アメリカンマッスルカーの豪快さよりは洗練された美しさの方が際立つ。

    内装
    内装はスポーツカーらしさ満点だった。黒基調のインパネにシルバーをあしらったもの。
    コルベットは左ハンドルのみの設定。ドライバーシートはまるでF1のコックピットのよう。幅広で高さのあるセンターコンソールや助手席とのパーティションによって、運転席には囲まれ感があり、「ドライバーのためだけの空間」といった感じだ。速度メーターは実に330kmまで刻まれている。真ん中のタコメーター部分は走行モードによってアナログ針や目盛りタイプなどにグラフィックが切り替わる。
    ソフトトップは電動で20秒ほどで開閉できる。ボクスターもそうだったが、走行中でも開閉できるのはありがたい。急に雨が降ってきたときなどにいちいち止まって対応するのでは面白くない。

    走り
    大排気量の6.2リッターV8エンジンは、エンジンをかけた瞬間からヤバい。音といい、かかる瞬間の揺れといい、これぞアメリカンマッスルカーといった感じで興奮する。
    エンジンは460ps、63.6㎏mというとんでもない数値だ。しかもコルベットはコンバーチブルでも1590㎏と体重が軽く、クーペボディに対してわずか10㎏しか増えていない。アクセル全開にしようものなら軽くホイールスピンする。
    ただ、OHVという古典的なエンジンなので、切れ良く高回転までシャキーンと回るというよりは、基本的には余りあるトルクで走っていくタイプだ。この余裕さがまたコルベットらしくていい。鷹揚なアメリカンテイストが、こういったスポーツカーにも垣間見える。
    しかし、ひとたび踏み込むと、ゆっくりドゥルドゥル回っていたエンジンが徐々に吠え出し、そしてグオオオオ!と猛烈な音と勢いで加速していく。あまりのパワーにアクセルを戻す。凄まじいパワーだ。パワーに圧倒されて全開では走ってられなかったが、とにかく凄いポテンシャルを持ってるのはよくわかった。

    しかもこのコルベット、ボディが強い。オープンボディにもかかわらず、ボディのゆるさが全然ない。あんなに太い偏平タイヤを履いているのに大したものだなあと感心した。さらにハンドリングがクイックで、人馬一体のオープンカーのように切れ良く曲がってくれる。現行コルベットは、いわゆるアメリカンマッスルカー的大振りさが薄れ、ものすごく洗練された車になった。

コルベットコンバーチブルについての不満な点

  • 個人的に大好きな車なのもあって、不満な点はほぼない。強いて挙げれば、左ハンドルしかないことと、世界的なダウンサイジングの流れを無視する6.2リッターという超巨大なエンジンのせいで、自動車税がやたら高いことだろうか。燃費も悪いし維持するのはそれなりに覚悟がいる。

コルベットコンバーチブルを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • 7代目となるコルベット。コルベットはどの代にも熱狂的なファンがいる。私もその1人で、コルベットはいつか所有したいと思う車の一つだ。コルベットの魅力はたくさんあるけれど、自分の中では「アメリカンスポーツの象徴」という伝統と歴史に裏打ちされた価値が一番大きい。
    薄いボディにアンバランスすぎるほどのハイパワーV8エンジンを詰め込み、ドゥルドゥルと音を立て、怒涛のトルクでホイールスピンしながら加速していく。型破りで破天荒なアメリカンマッスルカー、その頂点に立つコルベットには、理詰めで作られ穴のない国産車やドイツ車にはない魅力がある。乗っているだけでなぜか自分自身も豪快で大らかな男になってしまう。こうやって人の心理にまで影響を与える強い力を持つ車というのは数少ない。
    どの代のコルベットもそれぞれ味があって好きだけど、現行コルベットはスタイルも現代的だし、アメリカンマッスルカー特有の大らかさを土台にしながらも、ボディ剛性や人馬一体感覚などシャキッとした要素も加味され、実に洗練されたいい車になった。本当に魅力的な車だ。

コルベットコンバーチブル関連ページ

  • シボレー
    コルベットコンバーチブル
    2014年04月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの コルベットコンバーチブル の試乗レポート・評価

  • 本格的で速い車
    こすげーさんの投稿

  • アメリカの魂
    パンデミッ君さんの投稿

  • 余力のあるオープンスポーツカー
    B2-UNITさんの投稿

  • コルなバーチ
    日本人で良かったさんの投稿

  • アメリカン・スーパーカー!
    GranGilles27さんの投稿

  • 価値あるオープン
    パン君さんの投稿

  • 上品さを持つマッスルコンバーチブル
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • 心地好い音も直接聴ける
    momongaさんの投稿

  • アメリカンスーパーオープン
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 爽快、豪快
    みくさんの投稿

  • ラグジュアリーコンバーチブル
    ファ爺さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)