kazuさんのディグニティハイブリッド の試乗レポート・評価

投稿日: 2014年12月14日

  • 三菱
    ディグニティハイブリッド
    2012年07月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • シーマのOEM供給車

このクルマの評価

  • 総合評価

    4.0
  • 外観デザイン

    4.0

    インテリア

    4.0

    走りやすさ

    4.0

ディグニティハイブリッドについてのオススメポイント

  • 日産のフーガとシーマの関係は、フーガのロングボディモデルがシーマという位置付け。ロングボディになったら名前まで変わってしまうというのに驚いたが、三菱はこのフーガとシーマをともにOEM供給車として受けており、フーガがプラウディアに、そしてシーマがディグニティとして三菱ブランドとして販売されている。
    フロントグリルが縦スリットタイプとなることとエンブレムで見分けることができるものの、それ以外はまったく一緒。一部装備が標準かオプションかで違いがあるくらい。

    なので、車に対する評価はシーマとまったく一緒である。内装も豪華だし、特に銀粉を刷り込ませた木目パネルは独特な味わいがあっていい。
    センチュリーなどのコンサバティブなスタイルとは違って、抑揚のあるボリューミーなボディデザインもいい。セダンなのになんとなくロングノーズショートデッキのスポーツカーにも見える。ディグニティはハイブリッドなのだが、乗り味も高級そのもので静かで快適。不満という不満は何もない。
    シーマという本家がいるから、一般の人はシーマを選んでしまうだろうけど、三菱関係者や三菱ブランドがすごく好きな人にはひとつの選択肢としていいかもしれないし、
    VIPカー好きな人はタマ数が異様に少ないけれど、ディグニティの中古車を狙うのもありだと思う。

ディグニティハイブリッドについての不満な点

  • 車についての不満はほぼない。
    問題は、三菱のフラッグシップモデルをOEM供給車でまかなうというそのメーカーの姿勢に対して、一般の人たちはどういう印象を持つかというところだ。関係者向けの車だということはわかるけれど、そういう設定をしている事実について一般の人はあまりよく思わないように思う。損得勘定では三菱にも日産にも利があるのかもしれないが、殊「ブランド価値」という面ではマイナス効果が結構大きいように思う。

ディグニティハイブリッドを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • ディグニティは、三菱関係者から需要があって、日産と三菱の間で互いが得をする形としてOEM供給に至ったのだろう。プラウディアやディグニティは、そもそもそういう需要のために設定された車であって、一般に広く売り出そうとしている車ではないのかもしれない。
    実際、一般の人がシーマとディグニティのどちらを買うかと言えば、たいていの人はシーマを買うだろうから、販売台数は期待できそうにない。
    だから、内部事情によるものとしてとらえればそれでいいのだろう。
    ただ、この車はフラッグシップモデルの位置付けだ。ラインナップを整えるために軽をOEM供給してもらうのとは意味合いが違う。メーカーの威信をかけ、最高の技術を盛り込んで作る車がフラッグシップ。その大切なポジションの車をOEM供給でまかなったという事実が及ぼす、三菱ブランドに対するマイナス効果は相応にあるように思う。

ディグニティハイブリッド関連ページ

  • 三菱
    ディグニティハイブリッド
    2012年07月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの ディグニティハイブリッド の試乗レポート・評価

  • VIPカー
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 高級セダンの艶やかさ
    でんでんさんの投稿

  • 豪華絢爛
    パン君さんの投稿

  • MITSUBISHIのVIPカー
    すみれちゃんさんの投稿

  • 三菱のフラッグシップ
    くびとばさんの投稿

  • 舌噛みそうなフラッグシップ
    旭日旗さんの投稿

  • フラッグシップ
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • 国産高級ハイブリット
    METAFIVEさんの投稿

  • 宮内庁御用達
    日本人で良かったさんの投稿

  • 三菱のシーマ
    aduma112さんの投稿

  • 三菱のフラッグシップは日産の車
    まいまいさんの投稿

  • OEM版最高フランシップセダン
    自動車研究員さんの投稿

  • マニアックな車
    ファ爺さんの投稿

  • 伝説の迷車も今はシーマのOEMな車
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 三菱のフラッグシップ
    みくさんの投稿

  • ハイブリ〜ドなシ〜マの姉妹車(^^)
    遠藤友信さんの投稿

  • 長くなったプラウディア(フーガHV)
    Rouge RX-7さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)