kazuさんのフェアレディZ の試乗レポート・評価

投稿日: 2014年12月11日

  • 日産
    フェアレディZ
    2008年12月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • Zの良さはセクシーな美しさ

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.7
  • 外観デザイン

    4.2

    インテリア

    3.6

    走りやすさ

    4.0

フェアレディZについてのオススメポイント

  • 外観
    国産車随一のセクシークーペ。小さいけれどボリューミーで塊感があり、曲面が美しい。特にリアの造詣は秀逸。フェアレディの後ろに付いて、締まりのあるお尻と面一のL字型ライトを見ると、「綺麗だなあ~!」と毎回思う。
    全体のスタイルとリアに対して、顔の洗練度がイマイチ。もう少しどうにかならないかなあと個人的には思っている。でもこういうアウディTTにも似た締まったデザインのクーペは国産車ではフェアレディしかいないから、この個性的なボディは大いに価値がある。すごくいいと思う。

    内装
    価格から想像するより高級感はないけれど、デザイン的には結構好きなタイプ。黒を基調とし、シルバーのアクセントを付けるというシンプルですっきりしたものだが、速度計などの三連メーターやインパネ中央のナビの上にある三連メーターもそそられる。シートは本皮とスエードのコンビシート。サイドサポートがしっかりしていてすっぽり収まる。乗り降りがしにくいけれど、この不便さもまたクーペの魅力である。
    全体的に囲まれ感があり、「コックピット」って感じがして、スポーツカーに憧れていたおじさん世代とかにはたまらないだろう。居住スペースを求める車ではないしはっきりとタイトだけれど、「自分だけの空間」というスペシャリティさがあってすごくいいと思う。
    荷室は、大きなハッチを開けても、底が浅くハッチの傾斜もあって、積める量は限られている。

    走り
    3.7リッターV6エンジンは、336ps、37.2㎏mを発生。空ぶかしした時の音が良く、回転の上がり方が鋭くスムーズでワクワクした。こういう洗練されたタイプのNAエンジンが自分の好みだ。走らせると、排気量の割には低速のトルクが乗らないなあと最初思ったが、それ以降は気持ちの良い加速をしてくれた。エンジンの回り方もスムーズで雑味がない。
    足回りはだいぶ固めではあるものの、嫌な固さではない。段差を乗り越える際など当たりが強いと感じるが、18インチや19インチの大径ホイールを履いていることを考えればまずまずではないかと思う。
    走り味はフラット。直進安定性に優れ、姿勢が常にどっしり安定している。ワインディングもいけると思うけど、軽快にキビキビ走るスポーツというよりは、GT系のセッティングの車だと思う。
    まっすぐな高速道路を余力を持って颯爽と走っていくようなシチュエーションが一番似合う気がする。

フェアレディZについての不満な点

  • エンジンの特性を、もう少し低回転に振っても悪くない気がする。フェアレディはどちらかというとグランドツーリングに向く車であって、スポーツな雰囲気を味わう大人のクーペなので、回さなくても力不足のないセッティングにした方がいいように思う。3.7リッターのハイパワーエンジンなのに、低速だとそのパワー感を感じにくいのは残念。じゃじゃ馬ってほどピーキーなトルクセッティングではないけれど、車の性格を考えるともう少し低速でしっとり豊かに走れるほうがいい。
    あと、ロードノイズが大きめ。せっかくの高級スポーツカーなのにもったいない。

フェアレディZを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • 自分の中にあるフェアレディZと言えば、やはり初代のZ432である。まだ幼稚園に通うかどうかの時代に見たフェアレディは、幼心にビビっと響いた。ロングノーズ&ショートデッキの美しいスタイリングと優しい品のある丸目。「フェアレディ」の名にふさわしい華麗さと秘めたポテンシャルとのギャップがたまらない車だった。
    しかしその後、フェアレディがモデルチェンジをするたびに、初代Zの色合いは失われていったように思う。性能面は間違いなく進化しているのだが、あの初代のような妖艶な魅力がなくなってしまい、ただのGTスポーツになってしまった。
    フェアレディZという車は、あの初代のような「美しさ」を強調した路線をいくべきだと思う。現行モデルのように丸い塊になる必要はなく、スラッとエレガントな「ロングノーズ&ショートデッキ」スタイルをいく方がいい。「華奢にも見えるのに凄い」というところがZにしかない何よりの魅力なのだから、もっともっとセクシーで女性っぽい要素を盛り込んでいいと思う。

フェアレディZ関連ページ

  • 日産
    フェアレディZ
    2008年12月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの フェアレディZ の試乗レポート・評価

  • 歴史の1ページ
    でんでんさんの投稿

  • 孤高のZ
    平成ジローさんの投稿

  • デザインが完成形
    原さんの投稿

  • 日本のプライド
    両手にカピバラさんの投稿

  • 往年のスポーツカー
    syoさんの投稿

  • 成熟したスタイリング
    城西さんの投稿

  • ジャパンスポーツ!
    とっきんさんの投稿

  • 最高
    ふくさんの投稿

  • 生粋のスポーツカー
    nori_vvさんの投稿

  • まさにスポーツカー
    くびとばさんの投稿

  • 今乗るとむしろいい!
    reireiさんの投稿

  • 伝統あるスポーツカー
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 唯一無二のZ
    クロノノモモさんの投稿

  • 大排気量が魅力的
    lex50さんの投稿

  • 希少V6FRスポーツカー
    トオルさんの投稿

  • NISSAN本格2シータースポーツ
    Bricksさんの投稿

  • 日本を代表するGTカー
    nagaさんの投稿

  • 高いコーナリング性能
    こうさるさんの投稿

  • ガレージの車を見ながら酒を飲む
    旭日旗さんの投稿

  • 一度は味わうべき
    Take on meさんの投稿

  • 日本のスポーツカー
    すみれちゃんさんの投稿

  • Zの魂
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • 後ろ姿はヨダレもの
    日本人で良かったさんの投稿

  • 老舗スポーツカー
    METAFIVEさんの投稿

  • 継続は力なり
    細橋龍宏さんの投稿

  • 忘れられたスポーツマインドを持つ貴重な車
    狭霧さんの投稿

  • 日産のGTスポーツカー
    まいまいさんの投稿

  • 日本のスポーツカー
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 日本が誇るリアルスポーツカー
    外見はおっさん、心は子供さんの投稿

  • ピュアスポーツ
    aduma112さんの投稿

  • 貴重な国産大排気量スポーツクーペ
    [M]+[A]+[X]さんの投稿

  • スポーツカーの皮を被った乗用車
    muchachoさんの投稿

  • 伝統のスポーツカー
    ken_Z33さんの投稿

  • 作るだけで100点
    パン君さんの投稿

  • こだわりのレーシングカー
    自動車研究員さんの投稿

  • 生粋のスポーツクーペZ
    Zero Fighterさんの投稿

  • 後輪駆動+MT
    AI300さんの投稿

  • 魅力あるクーペ
    tyhk38さんの投稿

  • 大人の車
    FOCUSさんの投稿

  • 豪快かつスマート
    きもぴさんの投稿

  • 男の夢を運ぶ車
    ファ爺さんの投稿

  • Zの前にZ無く、Zの後にZなし
    kuwatoro4678さんの投稿

  • 伝統の2ドアスポーツクーペ
    クルマニアさんの投稿

  • ジャパニーズマッスルクーペ
    new-mauさんの投稿

  • Japanese dreamcar
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 自分専用にほしい
    gogo3さんの投稿

  • 伝統ある孤高のスポーツカー
    みくさんの投稿

  • これぞスポーツカー
    ばんくんさんの投稿

  • 無駄は贅沢、ポルシェは良くてZは駄目か?
    momongaさんの投稿

  • 筋肉質のスポーツカー
    1483さんの投稿

  • ハイエンドGTカー
    Mint_Blue_Gumさんの投稿

  • ハンドリングマシン
    のりさんの投稿

  • 日本屈指のFRスポーツカー
    なぐさんの投稿

  • My Fair Lady X(^^)
    遠藤友信さんの投稿

  • 本格スポーツカーを出す日産に拍手
    Rouge RX-7さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)