kazuさんのSRXクロスオーバー の試乗レポート・評価

投稿日: 2014年12月06日

  • キャデラック
    SRXクロスオーバー
    2010年12月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • もはやアメ車ではない

このクルマの評価

  • 総合評価

    4.0
  • 外観デザイン

    4.2

    インテリア

    4.0

    走りやすさ

    3.7

SRXクロスオーバーについてのオススメポイント

  • 外観
    最近のキャデラックはどの車もデザインがいい。このSRXクロスオーバーもそうで、折り目を強調したラインと丸みとのバランスがすごく上手い。顔も品がありながら押し出し感の強いものだし、フロントバンパーからかなりの角度で切れ上がるキャラクターラインも斬新。サイドウインドウは後方にいくにしたがって絞り込まれており、後ろを重たく見せず、スポーティーで若々しい意雰囲気を醸しだしている。デザインの斬新さとボディの大きさからくる存在感は抜群だ。こういうデザインは国産車とも欧州車とも違うテイストなので、街中で見るとすごく新鮮に感じる。

    内装
    内装の仕立ても素晴らしい。ひと昔前のアメ車は、良く言えば「おおらか」、悪く言えば「大ざっぱ」だったから、遠くから見ると高級そうに見える内装でも、近くで見ると作りが雑で、大振りなものが多かった。工作精度が低く、例えば本皮シートでも、表面は豪華に見えても中のあんこが貧弱で「なんだこれ?」って思わず言ってしまうようなレベルの車が多かったのだ。それを考えると、今のキャデラックの内装はもはやアメ車とは思えない高品質だ。ドイツ3強に挑むこともできそうなレベルになってきている。
    上質で肌触りの良い革をシートやインパネ、ドアパネル、ステアリングにあしらい、センターコンソール部には五角形のメタルパネルを、その真ん中にはアナログ時計を配している。高級で質感高く、それでいてどこかアメリカっぽいおおらかさがあって、居心地はすこぶる良い。これはいい!

    走り
    エンジンはV6。269ps、30.8㎏mを発生する。現行モデルにはV8設定はなく、V61本だ。2トンを超える重量級ボディだけに、パワーはこれくらいあってくれると嬉しい。
    走りの味わいはお見事!巨体を感じさせずに路面を滑るようにしっとりと走っていく。この上質な走りっぷりは相当のレベルだ。街乗りでは固く、高速だとビシッと安定するドイツ車的味わいというのは、街乗りでは正直不快に思うときもある。ところが、このSRXは、そんなゴツゴツした固さを感じさせずにしっとりとした味わいでいながら、高速でもフラットな走りが出来る。もちろん超高速域だと話は変わるかもしれないが、このしっとり上質な乗り味を味わえる車はそうはない。
    昔のキャデラックは、ものすごくふわんふわんして、乗り心地はいいけれどもまったく締まりのないものだった。その後欧州の味を盛り込んで乗り味は変わったが、まだ詰めの甘さが残る熟成度の低いものだった。それが今はアメ車の味と欧州の味を融合させ、熟成されてきた。ハンドリングは相変わらず軽いけれども、操作に対して素直に反応してくれてストレスがない。総じて走りの質感が高いSUVである。

SRXクロスオーバーについての不満な点

  • 想像していた以上にいい車だったので、不満な点があまり思い当たらない。車が大きいからハンドルはもう少し重めでもいいかなあと個人的には思ったが、反応が素直なので違和感がなく扱いやすい。
    あとは、左ハンドルしか設定がないところ。これは大きい。全長4855mmと車重2090㎏、しかも車高が高く、大きなタイヤを履いていると、その存在感、質量は相当なものだ。このサイズを左ハンドルで走らせるのは、誰でも簡単に出来るものではない。日本で成功を収めるなら右ハンドル仕様は必須だと思う。

SRXクロスオーバーを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • キャデラックに何台か乗ったが、どれも素晴らしかった。ドイツ3強に挑める車の一つとして、キャデラックは大いに注目できる。昔の「ザ・アメ車」的な車ではさすがにアメリカ国外では通用しない。今のキャデラックは明らかに世界を見据えた車作りをしている。内外装は魅力的で質感高く、走りも、単に欧州車をマネたけど深みがなくて追いついてないというレベルを脱却し、アメ車と欧州車のいいとこ取りをしたようなものに成熟してきている。このままいくと、キャデラックはレクサスのようにドイツ3強を脅かす新興勢力(?)として頭角を表してくると思われる。

SRXクロスオーバー関連ページ

  • キャデラック
    SRXクロスオーバー
    2010年12月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの SRXクロスオーバー の試乗レポート・評価

  • アメ車らしさのあるSUV
    reireiさんの投稿

  • さらに格好良くなりました
    くびとばさんの投稿

  • コストパフォーマンスに優れた車
    yuiko mikamiさんの投稿

  • クーペ風SUV!
    すみれちゃんさんの投稿

  • キャデラッククロスオーバー
    B2-UNITさんの投稿

  • たしかにクロスオーバー
    日本人で良かったさんの投稿

  • 日本では大きなSUV
    パン君さんの投稿

  • グローバルSUVへの回答
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • 迫力満点、ある意味ベンツより
    momongaさんの投稿

  • マツコもきゃー‼︎デラックスなSRX‼︎
    遠藤友信さんの投稿

  • ミドルサイズの実力派SUV
    みくさんの投稿

  • ラグジュアリークロスオーバー
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 実用的SUV
    ファ爺さんの投稿

  • 背の高いセダン
    なぐさんの投稿

  • 都会派アメリカンSUV
    自動車研究員さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)