kazuさんのグランドチェロキー の試乗レポート・評価

投稿日: 2014年11月17日

  • ジープ
    グランドチェロキー
    2011年03月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • 買い得!ベンツシャーシのオフローダー

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.9
  • 外観デザイン

    4.2

    インテリア

    4.0

    走りやすさ

    3.3

グランドチェロキーについてのオススメポイント

  • 外観
    目の前で見ると、車高も高く、車幅(1935mm)があって迫力満点!ジープ伝統の7つのスロットを持ち、鋭くクールな目のフロントマスクはなかなかカッコイイ。重厚感、塊感のあるボディは、いかにも本格オフローダーというオーラ満載ですごく強そうだ。実際、車重は2トンを超える重量級の車である。昔のグラチェロはもっと無骨でデザインもあと一歩垢抜けてない感じがあって、それはそれで魅力ではあったのだが、現行モデルは昨今のスタイリッシュSUV的な要素もあって、デザイン的にも悪くない。
    アメリカンなおおらかさ、ジープブランドの頑強さ、信頼性、ジープのラインナップ中、最上級モデルならではの高級感などを兼ね備えており、独特の魅力を持っている。

    内装
    インテリアデザインもすっきりクールにまとめられており、昔のグラチェロからしたらだいぶ現代的になった。グレー基調の内装とメタルの組み合わせ、センターにドカッと据え置かれたナビ、幅広のセンターコンソール、解放感がありつつ適度に囲まれ感もあり、居心地は悪くない。高級、上質というのとは少し違うものの、オフローダーであることを考えると、これくらいの質感の方が気軽に使えてよい。試乗したラレードというグレードは布製シートだったが、これがアメリカンらしく大振りで掛け心地が良い。ゆったり腰掛けていると、気持ちも大らかになってくるから不思議だ。アメリカンな車にはそういう力がある。
    室内スペースも何ら問題ない。車そのものが大きく作りも大きいから、窮屈さはまったく感じない。
    荷室スペースもやたらでかい。床がいくらか高めではあるものの、絶対的なサイズが大きいので、何でも飲み込むことが出来そう。後部座席を倒せば、大人2人が寝泊りできる。アウトドアで使うにはもってこいな車だ。

    走り
    ジープだけにオフロード性能は言うまでもない。巷で走っているクロスオーバーSUVという名の「なんちゃってオフローダー」とはわけが違う。スノボなどで雪のある場所に出向く時など、こんなに頼もしい車はないだろう。自分も昔グラチェロを所有してたことがあったのだが、雪国での「何があっても大丈夫!」と思わせる絶対的安心感は相当なものだった。
    反面、オンロード性能は詰めが甘いというか、そこまで徹底して突き詰められてはいない様子。現時点では、レンジローバーやベンツMクラスなどのように、オンオフ両方において類稀なる走行性能を持つという、高次元でバランスされた車ではない。
    だからといって、オンロードでストレスが溜まるかというと、全然そんなことはない。3.6リッターのエンジンは286ps、35,4㎏mというスポーツカー並みのパワーであるから、この大きなボディでもまったくパワー不足はない。8段ATとの組み合わせも良く、トルクの乗った回転を保ちながらサクサクとシフトアップがされることで、滑らかに加速していく。ストロークの長いゆったりした乗り心地はとても快適で、アメリカンジープの大らかさというか、そのキャラクターのせいで、細かいこととかどうでもいいと思って別に何も気にならないのだ。ものすごく大きな気持ちでのーんびりゆったり乗っていられる。誰かに追い抜かれようが、全然気にもならない。ボディ全体から感じる「何があっても安心!」という大きな支えが、焦りや怒りや不安や神経質さをすべて取り払ってくれる。これこそがジープワールドなのだろう。

グランドチェロキーについての不満な点

  • この車が好きな人にはさして不満はないと思うが、現代人の一般的価値基準で言えば、これだけ大きく重い車は、いくらオフロード性能に優れていたとしても持て余してしまうかもしれない。燃費も今の基準からしたら良くはないし、排気量も大きく自動車税も高い。この車がよほど好きでないと、なかなか購入するまでにはいたらないかもしれない。

グランドチェロキーを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • グラチェロはベンツMクラスとプラットフォームが共通であり、土台の信頼度、完成度は元々高い。それでいてアメリカのジープブランドである。Mクラスよりもかなり安価で、より幅広い層に対応して肩肘張らずに乗ってもらえる。Mクラスでオフロードを走るのは実際は勇気が要るが、グラチェロだとジープの大らかさとヘビーデューティーにも耐えそうなイメージから、むしろ積極的にオフロードを楽しみたくなってくる。本来、オフロード系の車はこういう気軽さ、大らかさ、絶対的安心感、傷付くことを恐れない道具性があるもので、そういう点ではMクラスよりもより気軽に使え、本来的な楽しみ方ができる車と言える。

    かつて自分が所有していたグラチェロは、トラックのように頑丈で、何をしても壊れそうにない安心感が最大の魅力だった。どんだけ雪が積もっていようが気にもならないし、汚れても気にならない、建て付け悪くガタピシ音がしても全然気にならない。暴力的な加速をするエンジンを積んでるクセにブレーキ性能が弱くても、それもまたこの車の味だと受け入れてしまう。猛烈なヒーターが室内をポッカポカにしてくれて、重低音の響くオーディオで音楽を聴きながらのんびりゆったり走る。車が人の性格さえも変えてしまう、そんな力を持った車だった。
    あの時代に比べれば、今のグラチェロはすごく洗練されて出来も良くなったけど、でも相変わらず同じ血は引いており、同じワールドを持っている。
    こういう車を一度所有してみるのもいいと思う。もしかしたらハマって抜けられなくなるかもしれない。それだけの魅力はあると思う。

グランドチェロキー関連ページ

  • ジープ
    グランドチェロキー
    2011年03月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの グランドチェロキー の試乗レポート・評価

  • ゆったり流すクルマ
    NORTH さんの投稿

  • エンジンが良かった
    nori_vvさんの投稿

  • アメリカンSUVの王道
    ブリキの太鼓さんの投稿

  • 高級感のあるジープ
    こすげーさんの投稿

  • クルージング系ジープ
    reireiさんの投稿

  • 普段乗りにも最適
    gogo3さんの投稿

  • 頼りになるSUV
    yuiko mikamiさんの投稿

  • アメ車の醍醐味と乗りやすさの両立
    znさんの投稿

  • ジープブランドらしいクルマ!
    すみれちゃんさんの投稿

  • アメリカンSUV
    B2-UNITさんの投稿

  • 大人の安心感
    こうさるさんの投稿

  • グランなチェロ
    日本人で良かったさんの投稿

  • 洗練されたSUV
    METAFIVEさんの投稿

  • ジープのTOP
    細橋龍宏さんの投稿

  • 高級なジープ
    aduma112さんの投稿

  • プレミアムSUV
    パン君さんの投稿

  • 常に都会派の高級SUV
    momongaさんの投稿

  • ラグジュアリーオフローダー
    ファ爺さんの投稿

  • スノーエクスプレス
    みくさんの投稿

  • ジープのフラッグシップSUV
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 快適です。
    FOCUSさんの投稿

  • 大きさを感じさせないスマートな走り
    m-chanさんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)