kazuさんのプリウスα の試乗レポート・評価

投稿日: 2014年11月15日

  • トヨタ
    プリウスα
    2011年05月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • 後ろの広いプリウスだけど

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.9
  • 外観デザイン

    3.8

    インテリア

    4.0

    走りやすさ

    3.7

プリウスαについてのオススメポイント

  • 外観
    前から見ると見慣れたプリウス顔だが、横から見ると後ろが長く、全体的に大きいことに気付く。寸法的には、155mm長く、30mm幅広で、背は80mmも高い。結構サイズが違うのだ。プリウスαは、ノーマルプリウスの上にこの大きめボディをかぶせただけではなく、そもそもホイールベース自体も80mm伸ばされており、名前とハイブリッドシステムと顔のテイストが同じだけの別の車と思ってよい。ディーラーではノーマルプリウスと見比べる機会があったのだが、実際、サイズが結構違ってて驚いた。背の高さが明らかに違う。ノーマルプリウスはだいぶ未来的なスタイリングだが、αは実用性のあるミニバンのようである。

    内装
    ハンドルも全体的なテイストもノーマルプリウスと同じなのだが、αは水平基調で左右対称というオーソドックスなインパネになっており、空間の大きさの違いもあって、室内に入ったときの印象は違う。プリウスは未来カーに乗り込んだような雰囲気だが、αはより解放感があり、ミニバンなどに乗った時のような空間の広がりを感じる。
    センターコンソールにあった斜めの仕切り線がなくなり、囲まれ感が減った反面、足元も解放感がある。
    座ってる位置が高いことも大きく、眺めがノーマルプリウスとはだいぶ違う。後席はさらに座面が高く、後ろからも眺めが良い。それでも元々天井が高いこともあって、頭上スペースはまだまだ余裕がある。
    αは5人乗りと7人乗りがあるが、バッテリー搭載位置が異なるとのこと。そのせいでセンターコンソールの大きさ、容量に違いがあるらしい。このへんは自分の生活スタイルによって選ぶことになるだろうが、試乗した7人乗りのサードシートは頭上スペース以外はしんどいので、エマージェンシーシートレベルでとらえていたほうがいいかもしれない。

    走り
    ハイブリッドシステムはノーマルプリウスと同じなので、出力自体は変わらないのだが、乗り味は若干違う。ノーマルは軽さを感じる乗り味だが、αはどっしりした乗り味だ。ボディが大きいことで動作が大振りに感じることがひとつ、実際に重さも100キロ以上重いのもあるだろう。あとはホイールベースの長さが伸びたことで、よりゆったりした乗り味になったのかもしれない。でも走りのテイストそのものはノーマルプリウスとほとんど変わらない。静かで滑らかで、相変わらずのハイブリッドワールドである。

プリウスαについての不満な点

  • 一番のネックは価格が高いこと。売れ筋グレードを選ぶと300万は超えてくる。プリウスは厳しく言えば、ハイブリッドシステムありきの車なので、それを取ったら結構ちゃちな車だ。燃費を稼ぐためにパーツの素材を軽く、薄くしたり、価格を抑えるために安い部材を多く使っている。見た目はばっちり未来カーなのだが、実は結構ペラペラした車なのだ。そんな車に300万以上のお金を出すというのは、費用対効果の点でどうなのだろう?と考えてしまう。今やハイブリッドは珍しいものではなくなったし、同等の価格帯で魅力的な車たちも多々ある。例えばアテンザのディーゼルあたりだって視野に入ってくるわけだ。
    燃費で元を取るなんてまず無理だし、相対的にこの車をこの価格で買う価値は下がってきているように思う。

プリウスαを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • プリウスに実用性を盛り込んだ車がこのプリウスαなわけで、その目的は果たしている。たしかにノーマルプリウスより広く、解放感があって、多くの人や荷物を積むことができる。多少燃費が落ちるが、それでも他車に比べればはるかに優秀な燃費だ。実際、ノーマルプリウスの実用性の低さが不満で、「こういう車を待っていたんだよ!」という人もいるだろう。
    でも、実用性を盛り込んだら、若干普通の車になってしまった。プリウスは、未来カー的で次世代の象徴のような雰囲気を持っていたからこそ良かったのであって、それが消えてしまったら、ただのワゴンっぽいハイブリッドカーである。ハイブリッドカーが増殖中の今、ハイブリッドだけの力で生きていくのは難しくなってきている。
    プリウスは、「ハイブリッドカーの元祖」という絶対的なポジションと次世代っぽさが最大の売りの車だったわけで、その1つを失うと、これからの時代生きていくのは難しい。
    プリウスαが息の長いモデルなれるかどうか、微妙な気がする。

プリウスα関連ページ

  • トヨタ
    プリウスα
    2011年05月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの プリウスα の試乗レポート・評価

  • プリウスより便利な車
    くびとばさんの投稿

  • 3列仕様もよい
    lex50さんの投稿

  • ワゴンでもプリウス
    reireiさんの投稿

  • 7人乗れる
    城西さんの投稿

  • ハイブリッドスリーシーター
    両手にカピバラさんの投稿

  • 貴重なハイブリッド7シーターワゴン
    TAKさんの投稿

  • GR参上
    平成ジローさんの投稿

  • 違いの分かる方に是非
    でんでんさんの投稿

  • プリウスプラスアルファの魅力!
    すみれちゃんさんの投稿

  • 背の低いハイブリッドミニバン
    B2-UNITさんの投稿

  • ミニバンプリウス
    かぜさんの投稿

  • 良きコンセプト
    旭日旗さんの投稿

  • 旧型でとり残されたクルマ
    tanuzouさんの投稿

  • ファミリーカーにぴったり
    日本人で良かったさんの投稿

  • スモールオフセット対応
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • ワゴンプリウス
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 日本のベストユーティリティーカー
    TT_RS5さんの投稿

  • 下道ツアラー
    フニャチンコさんの投稿

  • プリウスワゴン
    まいまいさんの投稿

  • 7人乗れるプリウス
    ポルコ・ロッソさんの投稿

  • スモールオフセット衝突試験
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • プリウス➕ワゴン
    MT魂さんの投稿

  • プリウスワゴン
    パン君さんの投稿

  • 大きなプリウスではない
    michihiro888さんの投稿

  • ファミリーカー
    aduma112さんの投稿

  • プリウスのミニバン仕様
    Zero Fighterさんの投稿

  • お尻の大きなプリウスの価値
    直列6気筒NAさんの投稿

  • デカプリウス
    AI300さんの投稿

  • 今のトヨタを代表するステーションワゴン
    アウピー乗りさんの投稿

  • 安定してます。
    FOCUSさんの投稿

  • 快適エコミニバン
    kuwatoro4678さんの投稿

  • ミニバンプリウス
    tyhk38さんの投稿

  • プリウスを感じるワゴン
    Ryoujiさんの投稿

  • プリウスのミニバン仕様
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • でかいプリウス
    Akihiro Yamashitaさんの投稿

  • ミニバンイコールプリウス
    自動車研究員さんの投稿

  • プリウスのミニバンといううまい立ち位置
    クルマニアさんの投稿

  • 良いとこどりの売れ線モデル
    ファ爺さんの投稿

  • 実用的なプリウス キャンプも行けそう。
    ぎゃんたろうさんの投稿

  • 進化の過程。
    セバスチャンさんの投稿

  • プリウスの派生モデル
    みくさんの投稿

  • +αのゆとり
    znさんの投稿

  • 低燃費なワゴンだったらこれ!
    maruoboeさんの投稿

  • 上級なプリウス
    あくびさんの投稿

  • お尻でっかち
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • プリンスある?ファンタジ〜(^^)
    遠藤友信さんの投稿

  • エコだけでない魅力的な車
    9879yottuさんの投稿

  • プリウス以上ミニバン以下でお買い得
    momongaさんの投稿

  • まさにプリウス+α
    kurukurumaniaさんの投稿

  • 3ナンバーと思えない浮遊感溢れる乗り味
    toshizoさんの投稿

  • 相変わらずスタイリッシュだが見慣れて普通
    Rouge RX-7さんの投稿

  • まさにハイブリッドミニバン
    ばんくんさんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)