kazuさんのビアンテ の試乗レポート・評価

投稿日: 2014年11月04日

  • マツダ
    ビアンテ
    2008年07月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • ライバル3強に勝てるか?

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.5
  • 外観デザイン

    3.4

    インテリア

    3.6

    走りやすさ

    3.3

ビアンテについてのオススメポイント

  • 外観
    車の性格上、実用重視でオーソドックスなスタイルが多いこのカテゴリーの中では一番個性的なスタイリングだ。一番目を惹くのは、フロントライトからAピラーにかけての造詣と意匠。好き嫌いの分かれるところではあるが、こういう個性を持たせて差別化を図るのは悪くない。残念なのは、この個性的デザインが全体に行き渡ってないことだ。他が普通なもんだから、そこばかりピンポイントで目立つ。言い方変えれば違和感がある。
    ワンボックスはみんなシルエットが似ており、いまだ「デザイン的個性は顔だけ」って感じだ。だからこそそこが狙い目で、このジャンルにはデザイン的要素を盛り込む余地がまだまだたくさんあるということでもある。ワンボックスにもマツダお得意の魂動デザインを盛り込んで全体を上手く作ったら、これは爆発的に売れるかもしれないと個人的には思っている。

    内装
    センターメーターを使った横長の三日月型デザインのインパネは未来的でなかなか個性的ではある。インパネ照明もオレンジの文字にブルーの照明をあしらっていてお洒落。
    特徴は運転席の床が低いこと。実際に座ってみるとワンボックスとは思えない低さだ。それが運転のしやすさにプラス貢献しているなら良いのだが、運転席に座ると、どうも前が見にくい。乗降性の良さや後部座席の視界確保を意識したアイデアなのだろうが、車全体に対してなんかちぐはぐさを感じる。また、シートの形状もあまり好みではなく、ビアンテのシートは軽のトールワゴンのようなベンチっぽい掛け心地である。急ブレーキかけたらそのまま体が前にスライドしそうな感じ。ただ、掛け心地自体は厚みもあって悪くない。
    室内スペース自体はライバル車と大差ないと思うのだが、荷室スペースについては、サードシートが座面を畳んで前にスライドするだけなので、床下に収納したり跳ね上げたりできるライバル車に比べると、アレンジ面で劣っているかもしれない。しかし、サードシートの乗員の安全性を最重視するならば、こういうアレンジや荷室スペース拡大のための凝った演出よりも、立て付け剛性の確保に力を入れるべきであって、私はむしろこういう思想、アプローチの仕方は良いと思う。

    走り
    エンジンパワーは普通。もうちょっと力強さがあってもいいのになあと思う場面はあるものの、まあこの手の車はパワーで選ぶわけではないから、こんなもんでいいと思う。静粛性が高いのは良かった。ハンドリングが特徴的で、ミニバンにしては乗用車っぽいというか、ハンドルを切ったあとに遅れてゆったりよっこいしょと揺れる感じではなく、その反応が早くミニバンっぽくない。ここも好みが分かれるところだろう。
    乗り心地に関しては、「後輪にマルチリンクサスを使ってます!」と営業マンからアピールされたのだが、試乗の際は、正直そこまで恩恵を感じなかった。

ビアンテについての不満な点

  • なんていうか、過渡期のモデルといった感じがする。スカイアクティブテクノロジーを満載しているわけでもなく、魂動デザインなわけでもなく、アテンザやアクセラ、デミオなど魅力的なマツダのラインナップたちと比べると、全体の完成度が低い。それはマツダもわかってるのではないだろうか。
    トヨタのボクシー&ノア、日産のセレナ、ホンダのステップワゴン、これら3強に勝てるかというと、正直現状は難しいかもしれない。

ビアンテを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • 魅力的な車がどんどん出てくる元気なマツダの車ではあるけれど、「この車はまだ見送りかなー」というのが正直な感想。この車はマツダ自身も「まだ過渡期のモデルで完成されてない」って思ってるんじゃないだろうか。職人気質なマツダのことだから、これで終わりではないだろう。
    私はむしろこの車に乗って次のモデルを想像するのが楽しくなった。ワンボックスにもスカイアクティブテクノロジーを満載し、ディーゼルエンジングレードを設定し、魂動デザインを纏わせる。顔だけに留まらない躍動感ある新しいデザインの真っ赤なワンボックスなんて出たら、相当カッコイイんじゃないだろうか?
    この中型ワンボックスのジャンルは、ユーザーの志向上、他のジャンル以上に実用性重視なだけに、ライバル3強もまた新たなステージへいくための壁を突破できていない。3強とはいえ、どれも似たり寄ったりだし、どれか1車に突出した魅力があって抜きん出てるわけでもない。つまり、このジャンルは全体のデザインだとか、走りだとかに、劇的な変化、新しい価値をもたらす余地が多分にあるということ。
    ぜひともそれを次期モデルでマツダにやってもらいたい。魂動デザインをどう盛り込むかが腕の見せ所だろう。成功すれば、3強をごぼう抜きして一気にトップに躍り出ることも夢じゃないと思う。

ビアンテ関連ページ

  • マツダ
    ビアンテ
    2008年07月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの ビアンテ の試乗レポート・評価

  • コンフォートなミニバン
    とっきんさんの投稿

  • コスパ良いです
    くびとばさんの投稿

  • マツダ最後のミニバン
    両手にカピバラさんの投稿

  • 個性的なミニバン
    こうさるさんの投稿

  • ボンゴフレンディーの後継車
    旭日旗さんの投稿

  • ハスに構える
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • 次期型に期待
    nagaさんの投稿

  • 謝罪
    日本人で良かったさんの投稿

  • この手しかなかった。
    METAFIVEさんの投稿

  • 個性的な顔
    yuiko mikamiさんの投稿

  • ちょうどいいステーションワゴン?
    benー1さんの投稿

  • ミニバンでも走りの質を求める方に
    tanuzouさんの投稿

  • 悪くないエクステリア
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • ライバルには個性で勝負
    まいまいさんの投稿

  • 影が薄いミニバン
    AI300さんの投稿

  • MAZDA台所事情
    パン君さんの投稿

  • 実用的ミニバン
    aduma112さんの投稿

  • 時代は付いてこなかった
    Ryoujiさんの投稿

  • このサイズで2.0L
    kuwatoro4678さんの投稿

  • ファミリーユースうってつけのミニバン
    ファ爺さんの投稿

  • これがスカイアクティブなの?
    近鉄かとさんの投稿

  • これはお買い得!
    FOCUSさんの投稿

  • 走る喜びを感じるミニバン
    自動車研究員さんの投稿

  • マツダオリジナルBOXミニバン
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • SKYACTIVミニバン
    クルマニアさんの投稿

  • カルトな意欲作
    みくさんの投稿

  • 真面目な車造りと斬新エクステリア
    momongaさんの投稿

  • マツダらしさを表したミニバン
    セアト 福岡さんの投稿

  • トレビアーンテ(^^)
    遠藤友信さんの投稿

  • スカイアクティブミニバン
    tomotomo.さんの投稿

  • 見た目が好きならオススメ
    ばんくんさんの投稿

  • スカイアクティブで性能は向上したが・・・
    Rouge RX-7さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)