kazuさんのフィエスタ の試乗レポート・評価

投稿日: 2014年10月30日

  • フォード
    フィエスタ
    2014年02月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • 驚き!こんな車があったとは!

このクルマの評価

  • 総合評価

    4.1
  • 外観デザイン

    5.0

    インテリア

    3.8

    走りやすさ

    4.3

フィエスタについてのオススメポイント

  • 街で見かけて「なんだこの車?!」と思ったのがきっかけ。気になってフォードに試乗を申し込んだ。

    外観
    素直にカッコイイ!これはコンパクトカーの中でも群を抜くカッコ良さではないだろうか?アストンマーチンのような台形のグリルと切れ長の目の組み合わせで作られたフロントマスクは、ヨーロッパ系のセンスあるすっきりした顔立ち。斜め上に深く掘られたキャラクターラインが精悍な雰囲気を出しているし、国産車に多い「盛ったデザイン」ではなく、無駄を削ぎ落としたようなシャープなデザインは、4000mmを切る小さいボディにもかかわらず街中で目を惹く。フロントオーバーハングがちょっと長いのがバランス的に惜しいなと思うものの、かなり上手にまとめているように思う。

    内装
    黒基調で躍動感あるインパネは、囲まれ感もあってなかなか良い。所々にメタル色を配しておりクールな印象。メーターはブルーの針や照明が使われていてなかなかお洒落な2眼メータータイプ。上質というのとはちょっと違うけど、全体から感じる丸い雰囲気や質感、センス、ほどよくまとまっている感じは、まさにフォードテイスト。シートも良い。座面、背もたれともに適度にサイドサポートがあるシートで、そのやさしいホールド感が心地良く、コンパクトながらスポーティーという車の性格と合っている。
    室内スペースは、国産コンパクトカーのようにやたらと室内空間の広さで勝負している様子は伺えず、相応の広さ。後部座席はちょっと狭い。荷室スペースもまあまあといったところ。

    走り
    このフィエスタの特筆すべきポイントはエンジンだ。1リッター直列3気筒のターボエンジンは、なんと100psを発揮する。排気量は小さいものの、「リッター100馬力」の高性能エンジンなわけだ。エンジン単体の重さは、鋳鉄製にもかかわらず97キロしかないらしい。このエンジンがまた吹け上がりが良く、パワフルでとっても気持ちがいい。3気筒特有の音振も上手にセーブされているし、不満は感じない。ノーズが軽く、機敏で気持ちよく向きを変えてくれるのもいい。

フィエスタについての不満な点

  • 1.0リッターエコブーストエンジンの出来が良く個性が強いからか、アクセルなど操作系の軽さとパワーの出方がミスマッチ。足回りのセッティングも「もうちょっとシャキッとしててもいいんじゃない?」と感じる。それだけエンジンが秀でてるということなのかもしれないが、このエンジンをベースにすれば、結構スポーティーな仕様も作れるだろうから、ぜひそういうグレードを作ってほしい。

フィエスタを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • 「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを2年連続受賞した」と説明を受けたが、確かにそれだけのものはあるなと思った。わずか1リッターのエンジンでも、これだけ気持ちの良い走りが出来るんだと感心した。エンジンの魅力が強いだけに、全体のバランスという点で、もう少し詰めてもいいのかなあとは思ったが、外観も魅力的だし、気に入ったなら買ってもいいんじゃないかなと思う。
    何より、コンパクトカーなのにエコエコしてないのがいい。国産コンパクトカーはエコを意識しすぎだと思う。「おれの方がカタログ燃費いいんだぞ!」「いや、うちはもっとすごい!」みたいな、カタログ数値競争をしているようでくだらない。実際の燃費との差がありすぎて、カタログ値が全然当てにならなかったりもするし。
    エコも大事だけど、走りの高揚感だとか、質感だとか、そういった人間の感覚に訴えかけてくるものをすべて犠牲にして獲得したエコは、なんだか空しい。
    そんな中で、こういうフィエスタみたいな車に乗ると嬉しくなる。「やっぱり車作りはこういう方向性だよな!」って思う。

フィエスタ関連ページ

  • フォード
    フィエスタ
    2014年02月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの フィエスタ の試乗レポート・評価

  • 高性能
    細橋龍宏さんの投稿

  • 拒絶反応3
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • "排気量≠パワー"を感じる一台。
    Naoki Tanakaさんの投稿

  • アメリカンコンパクトハッチバック
    MT魂さんの投稿

  • 欧州コンパクトラリー車
    パン君さんの投稿

  • フォードの売れ筋
    aduma112さんの投稿

  • 王道‼︎フェスティバル車(^^)
    遠藤友信さんの投稿

  • 驚愕のリッターカー
    muchachoさんの投稿

  • 素晴らしい、作れるんですね。
    momongaさんの投稿

  • 1000ccの3気筒
    AI300さんの投稿

  • 優れたコンパクトハッチ
    みくさんの投稿

  • 噂通りの凄い車
    アウピー乗りさんの投稿

  • 常識を覆す軽快な車
    tomoさんの投稿

  • 気持のよい走り!
    FOCUSさんの投稿

  • 今までの小排気量の概念が覆される車
    ナベジョーさんの投稿

  • 法定速度内ホットハッチ
    TB-Fさんの投稿

  • ヨーロッパフォードの完成度
    クルマニアさんの投稿

  • アメ車ではなくヨーロピアンコンパクト
    kuwatoro4678さんの投稿

  • 久々のヨーロッパフォードに感じる
    Leaperさんの投稿

  • 最近のフォードは頑張っています
    MasaKINGさんの投稿

  • 個性的なアメ車
    ファ爺さんの投稿

  • 真打登場!!
    ソーイチローさんの投稿

  • エコホットハッチ
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 元気のいい良質コンパクト
    Kaida Shawn Shotaroさんの投稿

  • ドイツ製アメリカンコンパクト
    自動車研究員さんの投稿

  • 驚きの塊
    Makoto Ohkuboさんの投稿

  • 3気筒ターボの革命
    近鉄かとさんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)