kazuさんのA1 の試乗レポート・評価

投稿日: 2014年10月18日

  • アウディ
    A1
    2011年01月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • アウディ流プレミアムコンパクト

このクルマの評価

  • 総合評価

    4.1
  • 外観デザイン

    4.6

    インテリア

    4.0

    走りやすさ

    4.7

A1についてのオススメポイント

  • 外観
    アウディの車は線ではなく面でデザインされている。デザインセンスは相変わらず素晴らしい。キリッとした目とバカっと開いた口で一生懸命凄んでみせるものの、全体の丸っこく小さなボディのせいもあってなんだか愛らしく見える。詳細に見れば、ライトの端からまっすぐに引かれたキャラクターラインだとか、ルーフの形状であったり、大胆に寝かせたリアウインドウや、幅を持たせたボディで迫力を持たせているところなど、本当に上手いなあと感心するところが多い。また、ボディとピラー部分の色を変えたり、そもそも色が10色もあったりと、外観への力の入れようはかなりのものだ。このアウディの類稀なるデザインセンスは、エントリーモデルであるA1においても健在である。お見事!

    内装
    インパネも高級感抜群で、シンプルなのにセンスを感じさせる素晴らしいもの。質感高く、コスト最重視の国産コンパクトでは到底作れない内装の仕立てだ。MINIもそうだが、こういう小さな車の室内には丸いパーツをあしらうことが多く、アウディもエアコン噴出し口に「まる」を採用している。そこに光の演出を盛り込むところもアウディらしい。
    試乗車はスポーティーでこれまた質感高いシートが設定されていた。横幅はほどほどだがホールド性が高く着座感も良い。ドイツ車のシートは本当に掛け心地が良い。適度に固く、長時間乗っているとその良さがじわじわ感じられる。
    後部座席にも前席同様、質感高そうなシートが設置されているものの、後部座席ははっきりと狭い。頭上スペース、膝元スペースともにギリギリだ。何より、側面とリアガラスの絞りがきついボディ形状が災いして、顔周辺の圧迫感が大きい。少ないスペースでどうにかしようと頑張ったからか、着座姿勢も不自然なほど直立しているし、残念ながら快適な空間とは言い難い。でもまあ、A1は3ドアだし、これを買う人はそもそも4人乗車の機会を「たまの機会」としか想定していないだろうから、そう考えると2+2のスポーツカーよりは快適なわけだし、こんなもんでもいいのかもしれない。
    ちなみに、自分は、後部座席の足元スペースを鞄などの物置きスペースに使うことが多いのだが、特に2人乗りメインの車なら、この後部足元スペースを有効利用できるようなアイデアを盛り込んでもいいと思う。
    荷室はあまり大きくない。リアウインドウが結構寝ているので、容量もそれなりしかない。でもきっとA1を選ぶ人は大きな荷物を積む機会自体ほとんどないのだろうから、大型スーパーでの買い物袋が複数入るくらいあればいいのだろう。いざとなれば後部座席も使えるわけだし。このへんの割り切りと、デザインを優先する考え方は、国産コンパクトにはないものだ。

    走り
    エンジンは1.4リッターにターボをプラスした、昨今のダウンサイジングエンジンだ。試乗車はシリンダーオンディマンドという特殊な機構が盛り込まれたエンジンで、これは、高速など一定のスピードで走行中に、自動的に4気筒中2気筒を停止させるシステムである。これにより、燃費が向上される。
    140ps、25.5㎏mのパワーは、このボディサイズには十分すぎるパワーだ。7速Sトロニックのシフトチェンジもサクサク行われ、トルクの乗った美味しい部分を使いつつ、燃費を稼ごうという意図が感じられる。
    ハンドリング、直進安定性についてもいずれもハイレベル。このへんは黙っていてもドイツ車クオリティだ。
    残念なのは、タイヤ。固すぎ。シリンダーオンディマンドの17インチタイヤは私は全然いらない。

A1についての不満な点

  • 試乗した車に標準装着されていたのは、17インチの215/40という偏平タイヤ。このタイヤのおかげで、足回りは固く、ゴツゴツと路面の凹凸を拾う。そしてゴオーというこもったロードノイズがずっとして不快極まりない。A1という車の出来が良いのに、このタイヤはバランスを壊しているように思えてならない。別にこの車を買う人が軒並みサーキットを走るわけでもないだろうし、このタイヤの良さを感じられるシチュエーションは、日常においては路面環境の良い高速道路をひた走るときくらいなものだ。しかもそのシチュエーションは16インチタイヤでもかなり良い。スポーツ色を出す装飾だとしても、こんな大径偏平タイヤを履かせる意味が私にはよくわからない。A1は16インチで十分だと思う。

A1を運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • A1はいい車だった。アウディのブランド力とあのデザインセンスを武器に、MINIの直接的なライバルになる。MINIとはまた違う味わいのプレミアムコンパクトが現れたことは消費者にとってはありがたい。
    A1はVWポロと基本を同じくするが、ポロとはだいぶ違った車だ。実用性とコストパフォーマンスの良さを最大のセールスポイントとして作ったポロに対し、A1はプレミアムコンパクトを標榜している。価格帯が違うのもあって、実際車選びをする際にこの2台が競合するってことは少ないだろう。
    ただ、価格とそれに見合った性能という「費用対効果」という視点で見るには、この2台は比較の対象となる。自分が求めるものをよく考えたうえで、求めるものとそれに払う対価とのバランス。それに納得するのならプレミアムコンパクトを選べばいいし、納得しないorそもそも求めていないというのであれば、質実剛健な車を選べばいい。自分のニーズに合ってさえいれば、どちらを買ってもいい。両方とも優秀なコンパクトカーであることは間違いない。

A1関連ページ

  • アウディ
    A1
    2011年01月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの A1 の試乗レポート・評価

  • リアシートをほとんど使わないならいい車
    ファーウェイさんの投稿

  • 基本性能が高い
    nori_vvさんの投稿

  • リッチなコンパクトカー
    Technodelicさんの投稿

  • アウディらしさがある
    Eくらすさんの投稿

  • プレミアム感
    gogo3さんの投稿

  • 小さくてもしっかり高級感あり
    くびとばさんの投稿

  • 高品質キャラクター
    NORTH さんの投稿

  • プレミアムコンパクト
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 割り切ることの大切さ
    reireiさんの投稿

  • お洒落な入門アウディ
    かぜさんの投稿

  • 超コスパよし
    クロノノモモさんの投稿

  • 山椒は小粒!
    すみれちゃんさんの投稿

  • アウディなりのコンパクト
    日本人で良かったさんの投稿

  • 男性にも女性にも
    こうさるさんの投稿

  • 小さくてもアウディ
    METAFIVEさんの投稿

  • イケメン・プレミアム・コンパクト
    Zero Fighterさんの投稿

  • アウディクオリティ
    細橋龍宏さんの投稿

  • クーペスタイルなコンパクトAUDI
    tanuzouさんの投稿

  • 小さくても恥ずかしくない
    直列6気筒NAさんの投稿

  • アウディ家の末っ子
    MT魂さんの投稿

  • 小さいがアウデイクオリティ
    パン君さんの投稿

  • 小さな高級車のお手本
    michihiro888さんの投稿

  • 小さくキビキビ走るプレミアムコンパクト
    自動車研究員さんの投稿

  • プレミアムコンパクト
    aduma112さんの投稿

  • おしゃれプレミアム
    アウピー乗りさんの投稿

  • 小柄な高速ツアラー
    ジャパンチャレンジさんの投稿

  • カタチに惚れればありかも
    のぉーぶるさんの投稿

  • A1は綺麗ワンダフル似合うでぃ〜(^^)
    遠藤友信さんの投稿

  • しっかりしてます。
    FOCUSさんの投稿

  • 凝縮
    E34さんの投稿

  • ボーイズプレミアム
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • アウディらしさがわかる車
    9879yottuさんの投稿

  • 都会派マッチョなお洒落コンパクト
    ゆうたろうさんの投稿

  • 小さくてもしっかりアウディ
    クルマニアさんの投稿

  • 厚化粧のポロ
    ファ爺さんの投稿

  • ”アウディ”が濃縮
    bellmarkさんの投稿

  • 個性派コンパクト3ドア
    みくさんの投稿

  • 豆粒スペシャリティ
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • プレミアム入門車
    tototo1さんの投稿

  • ちびアウディ、A3よりお得なのか
    momongaさんの投稿

  • アウディらしい上質なプレミアムコンパクト
    hironyamさんの投稿

  • ザ・プレミアムコンパクト
    ばんくんさんの投稿

  • 最高のプレミアムコンパクト。価格もね。
    Rouge RX-7さんの投稿

  • プレミアムコンパクト
    Dreamsさんの投稿

  • アウディのアイデンティティの塊
    uzusio2000さんの投稿

  • 個性派ハッチ
    Blazeさんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)