kazuさんの3シリーズツーリング の試乗レポート・評価

投稿日: 2014年09月19日

  • BMW
    3シリーズツーリング
    2012年09月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • ツーリング買うならおすすめは320d

このクルマの評価

  • 総合評価

    4.1
  • 外観デザイン

    4.2

    インテリア

    4.1

    走りやすさ

    4.3

3シリーズツーリングについてのオススメポイント

  • 試乗したのは320d。
    320dは、クリーンディーゼルエンジンを搭載したモデルである。2.0リッターの直噴ターボで、184ps、38.7㎏mを発生する。
    38.7㎏mと言ったら、ガソリンエンジンなら4リッター級のトルクである。
    昔乗っていた初代セルシオが、V8、4.0リッター、トルク36kgmだったことを思い出した。
    それよりもトルクが大きいわけだ。

    ディーゼルエンジンはこの低回転から湧いてくる怒涛のトルクがウリ。
    実際走ってみると、特に出だしの力強さはかなりのもので、アクセルを強めに踏むと相当速い!
    力不足を感じる場面は全然なくて、坂道だろうがなんてことなくぐんぐん走る。
    ディーゼルのデメリットであるカラカラと乾いた音や振動についても、
    この車はほとんど気にならない。

    その反面、ディーゼルは高回転までは回らず、馬力は頭打ちする。
    しかし、実際はトルクフルすぎて回す気にならない。
    こういったエンジン特性と車本体の特性とを照らし合わせて考えると、
    ツーリングとディーゼルはとても相性が良いように思う。

    ツーリングを選ぶ人は、「BMWの駆け抜ける喜び」と「+αの使い勝手の良さ」を求める人である。
    ワインディングを駆け抜けたりと、走ることそのものを楽しむのがセダンなら、
    ツーリングはどちらかというと旅行で長距離を移動するような使い方が性に合っている。
    であるならば、そういう使い方に適したエンジン性能を持ったグレードのほうが好ましい。

    ディーゼルの低回転のトルクはこういったツーリング的な走り方にもってこいである。
    アクセル開度が少ない状態でひたすら走る。長い上り坂があっても、この溢れるトルクがあれば何もストレスを感じずにモリモリ走ってしまう。
    ロングツーリング的な走りにおいては、エンジンを高回転まで回す瞬間は滅多にない。
    つまり、ツーリングワゴンが想定する車生活には、回して楽しむガソリンエンジンよりは、
    ゆったりのんびり快適に走るのに適したディーゼルの方が相性がいいわけだ。
    しかもディーゼルは燃費もいいし、燃料費も安く済む。
    ロングツーリングにとっては、いいこと尽くめである。

    セダンとの差異はリアシートまでは一緒で、単に後ろが違うだけだ。
    荷室スペースは当然セダンよりも広大・・と思っていたら、通常の容量はセダンより35リッターしか大きくないらしい。
    とはいえ後席を倒した場合にはかなりの大物が積めるようになるので、やはりツーリングの方が積載能力は高い。

    思うに、ワゴンの良さは、荷室容量の絶対的な大きさよりも荷物を無造作にぽいぽい置いていけるところにあると私は思っている。
    セダンの場合、限られたトランクスペースに、まるでタンスに洋服を収納するかのように「仕舞い方」を意識しながら収納しなければならない。
    でもワゴンの場合はそれを考慮する必要があまりないので、私のようにだらしない人間にはとても使い勝手がいい。
    また、ツーリングは独立に開くリアウインドウも付いていて、ちょっとしたものならそこから出し入れすることもできて便利だ。
    ただ単に荷室容量の差ではなく、「使い方」に差異が出てくるところが大きいかなと思う。

    ハンドリングや足回りについては、セダンとほとんど変わらない。
    というか、よほど振り回して走ったりしないと違いがわからないレベルだ。
    このへんのBMWの作りこみの凄さは本当に素晴らしいと思う。
    つまるところ、セダンもツーリングもどっち買っても満足度は極めて高い。

3シリーズツーリングについての不満な点

  • ツーリングならではの不満点は特別ない。
    セダンに比べ重量が70㎏重いが、ディーゼルの力強いエンジンであればその重さのデメリットは何も感じない。

    あとは、セダンツーリング共通の不満点で、
    1つは、運転席、助手席の足元スペースが狭いこと。
    これはエンジンを中央よりに置くBMWの宿命なんだろうけど、
    エンジンが室内側に食い込んでいる関係で、センタートンネルの幅が広く、それゆえ前席足元スペースが狭い。
    運転席、助手席ともに、少し窓側に向いた姿勢で座らせられる。これは長く座っていると、その違和感がわかってくる。
    これを指摘する人がすごく少ないのが不可解なのだが、これはBMWの数少ない欠点だ。

    もう1つは、BMWは味が落ちるのが早いこと。
    新車時の超絶にバランスの取れたセッティングとその乗り味が、長くは続かない。
    最初のセッティングが高度かつ繊細ゆえに余計にそう感じるのだろう。

    3シリーズのラインナップは大変豊富で、ボディ形状、エンジン、デザインライン、の組み合わせがありすぎて困ってしまうほど。
    選択肢が豊富なのは良いことかもしれないが、ありすぎると何を買っていいのかわからなくて、選ぶのが面倒くさくなる。
    ありすぎるのも考え物だなと思う。

3シリーズツーリングを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • ツーリングでBMWのディーゼルを初めて経験したが、「この新しいクリーンディーゼルはいい!」と素直に思った。
    ガソリンエンジンも素晴らしいし、ディーゼルもこれだけ出来が良いとなると、何を買えばいいか本当に迷ってしまう。
    これはもう、自分の想定している車生活がどういうものか?その車とどういう付き合い方を想定しているか?
    で決めればいいのかもしれない。どちらを選んでも満足度は高いので、自分の生活スタイルにより合った方を選択するのがいいのだろう。

    3シリーズセダンの場合は、個人的にはガソリンエンジンの方が良さを存分に味わえるような気がしている。
    やはり3シリーズセダンは、BMWの看板であって、スローガンである「駆け抜ける喜び」を最も強く体現させたモデルなわけだから、
    エンジンもまたそういった自然な出力カーブを描き、自分の操作に比例して車がリニアに反応するタイプのものが好ましい。
    そういった点で考えると、セダンにはディーゼルよりもガソリンエンジンの方が相性がいい。

    ツーリングの場合は、上記の理由で、ツーリングらしい使い方を想定しているのならディーゼルの方がより満足度は高い気がする。
    でも、ツーリングボディで「駆け抜ける喜び」を体現したい人は、ガソリンでも全然いいと思う。

3シリーズツーリング関連ページ

  • BMW
    3シリーズツーリング
    2012年09月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの 3シリーズツーリング の試乗レポート・評価

  • 手頃サイズの快適ワゴン
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 日本での使用に向いている車
    くびとばさんの投稿

  • 質実剛健なワゴン
    ブリキの太鼓さんの投稿

  • 経済性の高い実用ツアラー
    tanuzouさんの投稿

  • 手頃なBMWワゴン
    tanuzouさんの投稿

  • 欠点の無い、良い車
    こすげーさんの投稿

  • 美しいツーリングワゴン
    Technodelicさんの投稿

  • スタイリッシュ
    Eくらすさんの投稿

  • 1.5L、3気筒に8AT
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 1.5リッターで知る味わい
    reireiさんの投稿

  • ツーリングとディーゼルの相性
    reireiさんの投稿

  • ベーシックだけどいい車
    くびとばさんの投稿

  • ツーリングの誘惑
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • エンジンフィールで選択
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • エコでスポーティー!
    すみれちゃんさんの投稿

  • ジャストsize!
    すみれちゃんさんの投稿

  • 実用以上
    METAFIVEさんの投稿

  • 素晴らしい
    METAFIVEさんの投稿

  • ドイツの意地 ディーゼルツーリング編
    日本人で良かったさんの投稿

  • ドイツの意地 ツーリング編
    日本人で良かったさんの投稿

  • パワフルで軽いワゴン
    クロノノモモさんの投稿

  • 使い勝手の良いワゴン
    クロノノモモさんの投稿

  • ディーゼルも評判だけど
    nagaさんの投稿

  • いい車です!
    nagaさんの投稿

  • カジュアルに駆け抜ける喜び
    smuyh117155さんの投稿

  • 間違いない
    まる子さんの投稿

  • 走りのワゴン
    まる子さんの投稿

  • ツーリングも完成度高い
    まいまいさんの投稿

  • ディーゼルとツーリングの相性は良し
    まいまいさんの投稿

  • 売れ筋グレード
    細橋龍宏さんの投稿

  • ドイツ御三家の魅力
    細橋龍宏さんの投稿

  • 新型Cクラス登場までは・・・
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 新型Cクラス登場までは天下無敵ワゴン
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 主力ツーリングはD
    パン君さんの投稿

  • ベストワゴン
    パン君さんの投稿

  • パワフルな乗り味
    aduma112さんの投稿

  • 走りも優れたファミリーカー
    aduma112さんの投稿

  • あこがれのステーションワゴン
    アウピー乗りさんの投稿

  • 335iはカットビFRワゴン
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 3でディーゼル1番似合うモデル
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • ディーゼルエンジンのスポツーリングワゴン
    kuwatoro4678さんの投稿

  • 大満足。
    FOCUSさんの投稿

  • ワゴンならビッグトルクのディーゼル!
    直列6気筒NAさんの投稿

  • ワゴン好きでFR好きな人はこの車
    直列6気筒NAさんの投稿

  • 実用的なディーゼルファミリーカー
    ファ爺さんの投稿

  • ファミリーユースのBMW
    ファ爺さんの投稿

  • スタイリッシュミドルサイズワゴン
    クルマニアさんの投稿

  • 万能型グランドツアラー
    chicof31tさんの投稿

  • 売れ筋ワゴン
    みくさんの投稿

  • 良質ワゴン
    みくさんの投稿

  • スポーツワゴン
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • スポーティワゴン
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • 前後重量配分
    SUMIKAZUさんの投稿

  • 快足スタイリッシュエコワゴン
    Rouge RX-7さんの投稿

  • 実用性がよい高級スタイリッシュワゴン
    Rouge RX-7さんの投稿

  • 最大積載もスポーツ走行も万能ディーゼル
    momongaさんの投稿

  • 実用車として考えたい320ベースグレード
    momongaさんの投稿

  • 文句無しののロングツアラー車
    uzusio2000さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)