kazuさんのA4アバント の試乗レポート・評価

投稿日: 2014年09月07日

  • アウディ
    A4アバント
    2008年08月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • 都会派ワゴンの先駆者

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.9
  • 外観デザイン

    4.2

    インテリア

    3.8

    走りやすさ

    4.3

A4アバントについてのオススメポイント

  • 剛性も高く、ミシミシ言うきしみ音の類もない。
    体重はセダンに比べて50キロほど増えているものの、格別後ろが重い印象もなく、違和感は何もない。

    インパネなど目に入る光景はセダンと一緒だから、そのうちボディ後半を意識しなくなる。
    車降りたときに、「あ、そういえばこれワゴンボディだったんだ」と思う感じだ。
    もしかしたら、攻めた走りをすればそれなりに違いは出てくるのかもしれないが、
    少なくともちょい乗り程度だと全然わからなかった。

    アバントの最大の魅力は、やはりその流麗なスタイリングだろう。
    ゆる~くアーチを描くルーフラインやすっきりまとまったリアの造形は、高級感があって美しい。
    ゴテゴテと盛ってカッコ付けたようなしつこいデザインとは真逆の、クールで洗練されたデザインは好感が持てる。
    実用一辺倒の四角いワゴンもいいけれど、アウディのようにお洒落なワゴンもなかなかいい。

    では実用性の差、つまり積載能力の差はどうか?と言うと、
    アバントは、実際のところ期待しているほどのアドバンテージはなかったりする。
    デザインコンシャスな造形のため、ルーフも後部に向かって下がっているし、
    サイドもリアも絞りがきつめ。
    横から見るとDピラーが相当寝ているのがわかるし、リアから見ると上底が短い台形であることがわかる。
    それゆえ、思っているほど荷室は広くない。
    容量で比較すると、アバントは490リットル、セダンは480リットルだから、10リットルしか差がないのだ。
    もちろん、いざとなったら背の高い大きなものや長いものを積むこともできるという利点はあるが、
    実用性に多くを期待してアバントを選ぶと、「あれ??」と思ってしまうだろう。


    そうなってくると、いよいよセダンとアバントのどちらがいいかがわからなくなってくる。
    走りの違いも極限レベルでないと見えてこないし、実用性の差もそれほどでもない。
    となると、単純に好みで選ぶということになりそうだ。

    価格はアバントの方が30万ほど高い。
    その値段差と自身の好みを考慮して選べばよいのだろう。

A4アバントについての不満な点

  • 好みの問題もあるが、車速感応式ステアリングは、違和感があってあまり好きではない。
    その変化が結構急な気がする。人間が気が付かないくらいに自然と変わってくれるとうれしい。

    もうひとつは、18インチ大径ホイール。
    旧モデルに比べてゆったり優しい走りになった現行アバントに、18インチのタイヤが必要なのかさっぱりわからない。
    こういう大径ホイールを履かせ、低速時のゴツゴツは高剛性ボディと強靭な足回りでダンっと吸収し、
    高速ではフラットな走りになるようにセッティングするのが昨今の流行りのようだが、正直やりすぎな気がする。
    試乗した車はタイヤの山が少し減ってきていたのもあって、ロードノイズが結構気になった。
    せっかくいい車なのに、見た目最優先の大径ホイールのせいで良さがスポイルされてしまうのはもったいない。

A4アバントを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 理由:
    初代、2代目A4は、明らかにフロントヘビーな車で、
    コーナリングが重たいとかダンピングがなかなか収束しないとか、相応の短所もあった。
    それに比べると3代目は前後重量バランスがとても自然になったなあと思う。
    それと同時に、全体的にアタリが柔らかい感じがする。
    従前のアウディはもっと硬質感とか重々しい感じとかそういった要素もあったのだが、
    3代目はデザインだけでなく走りも操作系もだいぶ角が取れて丸くなった。
  • 運転後の感想について
  • A4アバントを所有することで得られる最大のメリットは、
    都会的なセンスを味わいながら日常生活を送れることではないだろうか。
    そしてそのセンスを感じる度合いは、セダンボディよりも、テールのデザインが優秀なアバントの方が高い。

    したがって、
    アウディの「技術による先進」という思想や走りを存分に味わいたい人はセダンを、
    お洒落なセンスをより味わいたい人はアバントを選べば良いように思う。

    A4はいい車なので、どちらを買っても満足度は高い。

A4アバント関連ページ

  • アウディ
    A4アバント
    2008年08月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの A4アバント の試乗レポート・評価

  • 美しいワゴン
    こすげーさんの投稿

  • ワゴンならこれ
    nori_vvさんの投稿

  • スーツも似合う
    Eくらすさんの投稿

  • ある意味万能
    B2-UNITさんの投稿

  • 高級感とカジュアル
    gogo3さんの投稿

  • ちょうど良いバランスのワゴン
    くびとばさんの投稿

  • すっきりしたアバント
    reireiさんの投稿

  • アウディの売れ筋ファミリーカー
    クロノノモモさんの投稿

  • 正常進化と先進装備
    znさんの投稿

  • 上質でクールなステーションワゴン
    see throughさんの投稿

  • 外観だけでは分からない進化度
    かぜさんの投稿

  • 気品が漂う!
    すみれちゃんさんの投稿

  • 美しいワゴン
    yuiko mikamiさんの投稿

  • プレミアム・ステーションワゴン
    Zero Fighterさんの投稿

  • 素敵アバント
    パン君さんの投稿

  • 「クワトロ」って必要?
    N55B30Aさんの投稿

  • ステーションワゴンの優等生
    Zero Fighterさんの投稿

  • ワゴンは使い勝手
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 優雅なスタイル
    細橋龍宏さんの投稿

  • アウディの中核ワゴン
    MT魂さんの投稿

  • 優雅な質感番長
    パン君さんの投稿

  • 次を待ったほうがいいかも。
    TAKEFOURさんの投稿

  • 伝統を打ち砕け
    muchachoさんの投稿

  • 実用的な車
    aduma112さんの投稿

  • プレミアムスポーツワゴン
    アウピー乗りさんの投稿

  • 定番です。
    FOCUSさんの投稿

  • 無機質全天候型ツアラー
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 上品なワゴン
    ファ爺さんの投稿

  • 美しいスタイルに釘付け
    直列6気筒NAさんの投稿

  • アウディの標準モデル
    hotominatさんの投稿

  • ジェントルなAudi
    ムサシさんさんの投稿

  • ヴィジュアル系エアーバンド♫
    遠藤友信さんの投稿

  • オールラウンド実用プレミアム
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • 高品質ミドルサイズワゴン
    みくさんの投稿

  • アウディの本質が分かる 最高のワゴン
    Ryoさんの投稿

  • 上質ミドルサイズワゴン
    Rouge RX-7さんの投稿

  • 美しく、余裕の安定感のスポーツワゴン
    momongaさんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)