kazuさんのレンジローバーイヴォーク の試乗レポート・評価

投稿日: 2014年08月25日

  • ランドローバー
    レンジローバーイヴォーク
    2012年03月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • kazu

  • こんな車を待っていた!

このクルマの評価

  • 総合評価

    4.1
  • 外観デザイン

    5.0

    インテリア

    3.9

    走りやすさ

    4.0

レンジローバーイヴォークについてのオススメポイント

  • レンジローバーイヴォーク。今現在、私が一番欲しいと思っている車です。
    一度見てみたくて閉店間際、ディーラーに足を運びました。
    ショールームに飾ってあったイヴォークの運転席に乗り込み、いたるところを手で触れてみる。
    「四駆界のロールスロイス」と謳われたレンジローバーの弟分だけに、内装の調度はさすがと言わざるを得ない。
    インパネにも本皮を贅沢に使用しているし、本皮の縫い目に使う白いステッチがとってもお洒落!
    この上質さは特筆もの。メカメカしい各種ボタン類とのマッチングも良く、運転席に座って目の前に広がる景色は贅沢でとても心地良いものでした。
    イヴォークは全長が相当短いのに、車幅が1900mmもあるためか、室内空間は広々としています。
    天井には畳一枚分はあろうかという巨大な天窓が開いていて、思いっきり開放的!
    後部座席の人は、車内にいながらこの天井の巨大スクリーンで星空が見れます。
    営業マンの話によると、大人気で納車まで半年待ちが続いているとか。。(笑)

    いやあ~これは売れますよ!
    このカッコイイ外観に、レンジ譲りの贅沢な内装、オフロード性能は文句なしで、巷によくある見た目だけの高級なんちゃってSUVとは出自が違う。
    それでいてオンロード性能も抜群で200キロで高速を走り抜けることもできるんですから。
    この車が470万円から手に入るとは。。
    売れないはずがないです。

    営業マンに「試乗車はいつ頃なら乗れます?」と尋ねると、
    「この車が試乗車ですよ。外に出しますか?」と言われ、
    営業マンの粋な計らいにより、運良く試乗させていただくことになりました!

    夜の試乗会。
    ライトを付けると、これまた迫力があってカッコイイ!
    ボタンを押してエンジンをかけると、センターコンソールの本来ならATシフトレバーがあるはずの場所から、丸いダイヤルがにょきっと出てきた。
    そのダイヤルを金庫の鍵を開けるかのように回してDに合わせる。

    走り出すとものすっごいパワフル!!
    イヴォークも今流行りの「小排気量エンジン+ターボ」のパターンなので、排気量2000ccなんですけど、
    馬力は240ps、トルクは34.7キロもあるから、
    まるでスポーツカーのような加速も出来る。
    私はアクセル半分くらいしか踏まなかったけど、それでもかなりトルクフルで速かった。
    低回転からトルクがモリモリ出てくるので、重い体も難なく引っ張っていく。
    安定感もいいし、この手の車としては申し分なし。
    足の粘りもよく、高速カーブでも相当踏ん張りが利きそう。
    ボディも剛性高く、変に捩れたりするようなことは全然ない。
    本当に良く出来たスタイリッシュSUVだと思います。
    私の採点だと、
    内装95点、外装98点、走り85点、総合95点です。

    この車は久々のスマッシュヒットです!

レンジローバーイヴォークについての不満な点

  • ①操作系の軽さ
    気になったのは、アクセル、ブレーキ、ハンドルなどの操作系が軽いこと。
    車の重量や体で感じる大きさからすれば、もう少し重みのある操作系のセッティングにするべきだと思う。
    あの馬力であのアクセルの軽さはある意味危険だし、ブレーキの軽さは足の繊細なタッチを要求されて逆に疲れる。
    ハンドルももう少し重たい方が大きな車のイメージとのバランスが取れて好ましい。
    車の大きさや重さを実感させるセッティングでないと、安全性の面で問題となりうる。

    ②視界が悪い
    デザインコンシャスの副作用の1つとして、窓の上下幅が薄いことからくる視界の悪さがある。
    運転ポジションが高いうえに上下幅の視界が狭いから、足元視界、特に右斜め前方の視界が厳しい。
    運転に多少の慣れが必要かと思う。

    ③実用性
    人によっては不満な点になりうるかも?というポイントは、
    デザインコンシャスな車なので、特にクーペモデルの場合は、後部座席が思いのほか狭いとか、トランクルームがあまり荷物が載らないなどはありえます。
    でもイヴォークの魅力はそういった実用性一辺倒の車ではないところが最大の魅力の車ですからね。
    SUVなのにあの大胆でスポーティーなデザインを採用し、それでいて本格SUVとしてのオフロード性能があり、高級車としての質の高い内装も持ち合わせている。
    こういう本来なら相反する複数の要素をバランス良く盛り込んでいるという、そのバランス感覚に魅力を感じて乗る車ですから、
    この車を選ぶ人は、そういった実用性面での不満を特に持たないように思います。

    ④信頼性
    これはこの先数年見ていかないとわからないことですが、壊れないかがちょっと不安です。
    国産車のように「まず壊れることはない」と言えるだけの信頼性ある車なのかどうか。
    兄貴分のレンジローバーもランドローバーも、長年乗ってるとなんだかんだ壊れて修理に出す羽目に遭うことが多い車です。
    イヴォークももしかしたら、工業製品としての信頼性という点で国産車のようにはいかない可能性があります。
    この点についての対策としては、すぐに飛びつかずに多くの先輩ユーザーからの意見、経験を参考にしたり、
    しばらく様子見してから購入を判断するといいのかなと思います。

レンジローバーイヴォークを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 理由:
    想像していた以上にスポーティーだったこと。
    レンジローバーの名前も付いてることだし、単にデザインコンシャスな車であって、中身は、兄貴のようにゆったりどっしりのんびりした走りをする車
    なのかと思っていましたが、全然そんなことありませんでした。
    イヴォークは、車高の高いスポーツカーのよう。
    19インチ、20インチの強烈な扁平タイヤを履くモデルもあり、味わいはスポーツカーのそれに近い。
    イヴォークを買う場合は、ゆったりしたSUVではなく背の高いスポーツカーなんだと、そういった認識で臨んだほうがいいと思う。
  • 運転後の感想について
  • こんなに魅力的な車は本当に久々に見ました!
    レンジローバーのブランド名を背負い、本格オフローダーとしての性能は備えたうえで、あの未来的でスポーティーな外観デザインと、レンジローバー譲りの高品質内装ですからね。しかも走りもパワフルで、高速200キロ走行にも耐えられるポテンシャルがある。
    もう「全部入り」状態ですね。
    これでメカの信頼性があって、燃費も良かったら言うことありません。
    操作系が軽いのが個人的にはもうちょっとでしたが、これだけ「欲しい!」と強く思った車は久しぶりです。

    3ドアクーペと5ドアモデルがありますが、自分が好きな方を選べばいいと思います。
    3ドアの方がデザインとしてはシャープで完成度が高いですが、その分実用性は5ドアよりスポイルされてます。
    5ドアはその逆でデザインはそこそこ、その代わり実用性がある。
    営業マンの話では、ほとんどの人が5ドアを選ぶとのこと。
    やはり、この価格、この図体であえてスタイリング最重視の3ドアクーペを選ぶというのは、
    殊日本人にとっては相当ハードルの高いことなのだろうと思います。

    ちなみに、発売するのかどうかよく知らないのですが、イヴォークのカブリオレもあるようで。
    もし出たら、本気で買おうか迷いそうです!

レンジローバーイヴォーク関連ページ

  • ランドローバー
    レンジローバーイヴォーク
    2012年03月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの レンジローバーイヴォーク の試乗レポート・評価

  • ハイテク満載のオフローダー
    znさんの投稿

  • 初めてのSUVクーペ
    でんでんさんの投稿

  • カッコだけではありません。
    yuiko mikamiさんの投稿

  • 個性的な一台
    gogo3さんの投稿

  • 個性豊か
    こすげーさんの投稿

  • 燃費の期待できるミニマムレンジローバー
    tanuzouさんの投稿

  • 先進的なデザイン
    超地球的存在です。さんの投稿

  • 歴史に名を刻むSUV
    リメイクさんの投稿

  • SUV界に革新を与えた
    reireiさんの投稿

  • 何年経っても素晴らしいデザイン
    かぜさんの投稿

  • 革新的なスタイルのSUV
    Zero Fighterさんの投稿

  • 秀逸なデザイン
    nagaさんの投稿

  • スタイリッシュ&コンパクト レンジ
    znさんの投稿

  • オシャレだが走破性は一級品
    yuiko mikamiさんの投稿

  • カッコ良い本物のオフローダー
    tanuzouさんの投稿

  • 晴れた雪道で乗りたいオープンカー
    さくらもちさんの投稿

  • 異端児
    細橋龍宏さんの投稿

  • SUV×クーペ = 機動戦士
    Red lightさんの投稿

  • 見た目以上に中身もしっかり
    ナベジョーさんの投稿

  • お買い得カッコ良いSUV
    aduma112さんの投稿

  • レンジ史上に残る名車
    パン君さんの投稿

  • スポーティーなSUV
    AI300さんの投稿

  • 異端の市販車
    muchachoさんの投稿

  • 陸の高級潜水艦
    自動車研究員さんの投稿

  • 軽快です。
    FOCUSさんの投稿

  • お洒落な本格的クロカン4WD
    kuwatoro4678さんの投稿

  • いや、初期とは全然、走り違いません!?
    Leaperさんの投稿

  • デザインだけで欲しくなる1台
    クルマニアさんの投稿

  • アートオブSUV
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 上質と普通が混在?
    アウピー乗りさんの投稿

  • ラグジュアリーSUV
    ファ爺さんの投稿

  • 雰囲気レンジローバー
    new-mauさんの投稿

  • デザインで買い
    みくさんの投稿

  • 本物の高級SUVがこの価格で
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • ショーモデルの様なカッコ良さで市販
    momongaさんの投稿

  • King of Cool Design!
    Yukiyoshi Inutaさんの投稿

  • 洗練されたスポーティー本格クロカン
    Rouge RX-7さんの投稿

  • 惚れてまうやろーっ!!!
    torafuguさんの投稿

  • 手の届く ラグジュアリーカー
    Ryoさんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • kazu さん

      検定ベストスコア: 70 点

      ランキング: 6位

  • オークション業を営んでいた経験のある40代男性です。 小さい頃から車が大好きで、自身も今まで30台ほど車を乗り継いできました。好きな車は、国籍、ジャンル問わず、「思想のある車」です。作り手の意志、意気込み、プライド、こだわり、文化、そういったものを感じる車は、どんな車でも魅力があります。単に数値的なものや装備などカタログを見ればわかる表層的なことではなく、物理的運動体としての車の良し悪し、さらには文化的な側面も交えて車を評価してみたいと思います。 机上の知識やわずかな試乗だけではわからないこと、身に付きにくい感覚がたくさんあります。今までたくさんの車を経験することで培ってきた自分の感覚、価値基準をもとに、1人でも多くの方の参考になる記事を提供出来たらなと思っています。よろしくお願いいたします。

    投稿者情報

     都道府県:千葉県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:事務系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)