さろらく。さんのジェイド の試乗レポート・評価

投稿日: 2017年09月24日

  • ホンダ
    ジェイド
    2015年02月 発売
     

このクルマを一言で表すと?

  • さろらく。

  • こんなところにアコードワゴン後継が。

このクルマの評価

  • 総合評価

    3.3
  • 外観デザイン

    3.8

    インテリア

    3.2

    走りやすさ

    3.0

ジェイドについてのオススメポイント

  • 世間の評判、ネットの評判はどちらかというとかなり悪く、結果として売れ残った車が試乗車、代車を一瞬経験して、ホンダの中古車屋に山ほど流れ込んでいます。それもこれもホンダの商品戦略というか、売り方のまずさが原因だと考えられますが、個人的には結構好きな車です(笑)。

    まず特徴的なのが昨今の車には珍しくウェストラインが低い点。最近ではなかなか窓枠に肘を置いて運転出来るような車は有りませんが、ジェイドは一旦運転席側でウェストラインが下がり、その後上昇しながらグラマラスなショルダーライン経て、絞り込まれたリアに繋がります。

    変にガンダムで無い、昨今のホンダには珍しく美しく伸びやかなデザインは素直に格好良く、車がデザインだけで売れる時代なら大ヒットしてもおかしくないおっさんホイホイな仕上がりです。ただ素直に格好良いというのは=特徴に欠けるとも言えて、下品な程大きな顔でアピールする車が多い昨今では埋没してしまうのかもしれません。

    内装も上級グレードに採用された北欧家具風の白い木目調パネルの質感がなかなか高く、メッキの華燭の使い方も気が効いています。ホンダお得意のSF風内装でないデザインは、フィットクラスとは違う(当たり前ですが)高級感を感じさせ、ストリームからの価格上昇分を無理矢理納得させます(笑)。

    2列目シートは2座席と割り切りキャプテンシート風にすることでここでも高級感を演出。斜め後方に下がることで、リアホイールアーチを避け長大な足元空間を生み出すアイデアは良く、そうすると前席の間ショルダー部から前方がよく見えて確かに新鮮です。だけどこれも1台で全部まかなうミニバン原理主義派からは不評なようで、凝らなくて良いから普通に3席座れるようにして欲しいの声が・・・(泣)。

ジェイドについての不満な点

  • 世間で酷評されている理由は主にその立ち位置と価格から。当初ストリームの後継車と思われていた車が、発表されてみるとハイブリッド専用車で(後に1.5Lターボが250万円台で追加)価格帯が270~300万円クラス。ストリームが200万から260万円でしたので、最近めっきり減ったこの手の背低ミニバンを待ち望んでいた旧ストリームユーザーが愕然。

    ただ立ち位置を整理して考えると、現行5代目オデッセイが3.4代目の背低ミニバンコンセプトをやめ、エリシオンと統合され上級移行したので、ジェイドは大小の背低ミニバンコンセプト支持ユーザーの受け皿として、旧オデッセイとストリームを統合した車と見るべきです。

    ホンダとしては旧オデッセイユーザーには価格帯の抵抗は無いだろう。またストリームユーザーもモデルチェンジまで9年も掛かっているので、そのまま背低ミニバンコンセプトを支持してくれるのなら、年齢層も上がり所得も上がっていると考えたのでしょうけど、元々ミニバンなんて乗り物は、生活にゆとりのある人が選ぶ車ではなく、何でも1台でまかなえてお得だから選ぶわけです(さらに背低ミニバン は+スポーティーさも求める貪欲さ(笑))そんなユーザーにこの価格上昇が受け入れられるわけがありません。

    またマズいのは、ほぼ同時期にホンダの正当派ミニバンとも言えるステップワゴンがリリースされたという点。ミニバンとしての仕上がりは抜群に良いステップワゴンが、最低価格はさらに安いうえに同価格帯(230~320万円)でショールームに並んでいるわけです。おまけにフィットのワゴン版とも言えるシャトルも同時期にリリース。後述しますがジェイドはワゴンでもあると思うので、この点でもかぶりまくり。わずか3ヶ月の間に似たような車が3車種もまとめて出ればそりゃディーラーも売りあぐねます。

    ジェイドは中国では2013年から販売されていたので、開発を上手く進めていればストリームユーザーを9年も待たせることなく、また似たような車が集中して出るようなこともなかったわけです。そもそもハイブリッドならなんでも売れると考えていたのも浅はかです。確かにハイブリッドとつけば、その差額を維持費で取り返すのが難しくても売れていた時代もありました。

    でも元々トヨタに比べてホンダのハイブリッドにはその旨味が少なく、ハイブリッド分重く高くなるのなら、ホンダ本来のエンジン技術を生かしたレス仕様の方がお得だと言うことがバレつつ有ります。それにも関わらずまず高い方のハイブリッド仕様から出しコケて、あとから慌てて廉価なガソリン仕様を出しても、当初の失敗車という印象はなかなかぬぐい去れません(=グレイス)。本当にホンダの販売計画の稚拙さが伺えると思います。

    次に乗ってみて気づいた不満点です。オススメできる点に内装質感の高さを上げましたが、残念ながらこれはホンダお得意の上級グレード詐欺です。雰囲気の良い白い木目調パネルは中級以下のグレードでは選べず、通常はチープなツヤ消しの木目調パネルが眼前に広がります。またハイブリッド仕様は低めのウェストラインとは反対に高めなセンターコンソールが鎮座召します。と言うのも中にリチウムイオン電池が収納されているためで、大きなセンターコンソールに小物入れは殆どありません。

    また正直3列目シートは成人男性が乗るには厳しいですし、3列目シートを展開すると荷室が殆ど無くなるのも、この手のミニバンの欠点です。

ジェイドを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 運転後の感想について
  • 途中で少し記したようにこのジェイド、実はミニバンではなくワゴンなのでは無いでしょうか?3列目シートの実用性の低さをあげましたが、これは昔のアメ車ワゴンのように、いざと言う時に人が乗れるエマージェンシーシートと考えればよいわけです。

    日本とアメリカではその便利さでほとんどミニバンに駆逐されてしまったワゴン。同じミニバンのステップワゴン(あらミニバンの方にワゴンってついてますね(笑))と販売時期がかぶるのであれば、いっそのこと3列シートも有るワゴンとして売った方が、差別化が出来て良かったのではないでしょうか?ワゴンであればミニバン原理主義から解放され、高価格や贅沢感の演出も肯定されます。今の国産車には希有なスタイリッシュワゴン。それがジェイドなのです。

    そう、あの大人気だったアコードワゴンの後継車はここにあったわけです。

    新車では高くて手が出なくても、状態の良い中古車がわんさかある現在は、この手のワゴンを探していた人にとってチャンスかも知れませんね。

ジェイド関連ページ

  • ホンダ
    ジェイド
    2015年02月 発売
     

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの ジェイド の試乗レポート・評価

  • ワゴンになったシビック
    tanuzouさんの投稿

  • ストリームの後継
    両手にカピバラさんの投稿

  • スポーティーなフォルム
    城西さんの投稿

  • コンセプトの勝利
    でんでんさんの投稿

  • 余裕のある5シーターワゴン!
    FOCUSさんの投稿

  • スポーティーな3列シート車
    Technodelicさんの投稿

  • 伸びやかなボディライン
    ふくさんの投稿

  • スタイリッシュだけど、、
    くびとばさんの投稿

  • ほどよい大きさ
    syoさんの投稿

  • 何気にいい車
    Eくらすさんの投稿

  • 色々盛り込んだ車
    nagaさんの投稿

  • なんとも不思議な車
    reireiさんの投稿

  • ストレスない走り
    こうさるさんの投稿

  • ジェイドの思想
    旭日旗さんの投稿

  • ハイブリット6シーター
    B2-UNITさんの投稿

  • ストリーム+
    Take on meさんの投稿

  • ジェイドの弱点
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • メーカーの見識
    日本人で良かったさんの投稿

  • 売れて欲しいが
    yuiko mikamiさんの投稿

  • ロールーフミニバンの集大成
    absolute0307さんの投稿

  • 大陸向けワゴン
    細橋龍宏さんの投稿

  • お洒落なワゴン
    tyhk38さんの投稿

  • スタイリッシュ・ミニバン
    Super Deluxeさんの投稿

  • エクステリアはエレガント
    poohさんの投稿

  • スタイリッシュ3列ミニバン
    まいまいさんの投稿

  • ステーションワゴン+2
    znさんの投稿

  • あれこれ求め過ぎて像がぼやけた車
    muchachoさんの投稿

  • 都会派ワゴン
    TAKさんの投稿

  • ステーションワゴンじゃダメですか
    っけさんの投稿

  • ミニバンワゴン
    MT魂さんの投稿

  • 立体駐車場対応
    AI300さんの投稿

  • Jドリーム ステーションミニバン
    遠藤友信さんの投稿

  • スタイリッシュ6シーター
    ひーさんの投稿

  • ユーザーは死んでも3列シートが欲しいねん
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 小排気量ミニバンとは思えない走り!
    ぺんたろうさんの投稿

  • ホンダ版マークXジオ
    lancaさんの投稿

  • デザインに惚れた
    michihiro888さんの投稿

  • スポーティミニバン?
    みくさんの投稿

  • ホンダらしさのミニバン
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • 結局はストリーム
    Ryoujiさんの投稿

  • ドライバビリティーを求める方への選択肢
    9879yottuさんの投稿

  • バランス良
    aduma112さんの投稿

  • 背低ミニバン
    落陽玲瓏さんの投稿

  • もう一歩踏み込めば最良
    momongaさんの投稿

  • プラス2の保険付ステーションワゴン
    のぉーぶるさんの投稿

  • ハイブリッドストリーム
    ファ爺さんの投稿

  • 埋もれるかブームが起こるか
    kazuさんの投稿

  • ストリームの後継者?
    Zero Fighterさんの投稿

  • 新しくもあり懐かしくもある
    アウピー乗りさんの投稿

  • ハイブリッドツアラーミニバン
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 上質感重視のストリームハイブリッド
    自動車研究員さんの投稿

  • 一見するとただのステーションワゴン中身は
    kuwatoro4678さんの投稿

  • 6つ椅子がある2シーター
    谷裕也さんの投稿

  • サードシートは誰に勧めるの?
    パン君さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • さろらく。 さん

      検定ベストスコア: 78 点

      ランキング: 77位

  • どうやらみなさんと比べて得点が辛い傾向があるようです。相当気に入ってベタ惚れでない限り、5点はそうそうつけないと思います。と言うかここまで細かく点数つける必要有るのでしょうか?全体で5項目ぐらいでよいと思うのですが(笑)。

    投稿者情報

     都道府県:埼玉県
     年齢:50代
     性別:男性
     職業:販売・接客系
     家族構成 : 独身

新着カーソムリエレポート(毎日更新)