ドラゴンさんのアウトランダーPHEV の試乗レポート・評価

投稿日: 2013年11月17日

  • 三菱
    アウトランダーPHEV
    2012年12月 発売
       

このクルマを一言で表すと?

  • ドラゴン

  • トコトン面白い!

このクルマの評価

  • 総合評価

    4.7
  • 外観デザイン

    4.0

    インテリア

    4.8

    走りやすさ

    5.0

アウトランダーPHEVについてのオススメポイント

  • このクルマには、走行時の静粛性・しなやさ・加速感・居住性や使い勝手、どの点をとっても、『実に、面白い!』

    環境対策は、電気自動車に優位性があり、将来のCO2削減策としての解決策のひとつ。
    しかし、ピュアな電気自動車は、電欠の心配を払拭できない。
    そこで、このプラグインハイブリッドEVシステム(PHEV)が、運転時の不安を解消しながら、さらに、『運転の喜び』を提供してくれる。
    この原稿を見直している間に、2014年次 RJCテクノロジー・オブ・ザ・イヤーを、このPHEVが受賞した。
    得票が、2位を114点離しての、ぶっちぎりの1位だ。

    このテクノロジーの開発には、コンセプトや試験制作の発表から発売まで、1995年に発表されたHEVから、実に17年以上もの歳月が経過し、以前から議論と開発・試験が重ねられたという。だからだろうか?このクルマは運転していて、『トコトン面白い!』

    さて、前置きはこの程度にして、
    『何が、そんなに面白いのか?』

    運転をはじめて、先ず感じるのは、
    滑らかで、力強い加速。これは、電気モーターだけで約130Km/hまで続く。
    当然、静かだ。
    アクセルを踏み込めば、大容量の駆動バッテリーの電力に加えて、エンジンに直結されたジェネレータ(発電機)を回し、電気モーターに電力を供給して、加速を増す。
    さらに、がアル!
    約70Km/hを超えると、エンジンが前輪を駆動する。この時に前後の電気モーターの駆動も継続されつづける!
    結果、サーキットで計測したときに、0-100Km/hは10秒を切った!
    総重量が2tを超えたクルマが、である。

    では、曲がるのは、どうか?
    箱根のターンパイクで走ると、超楽しい!
    車高が高いSUVなのに、コーナリングでフラフラせず、軽々と回頭する。

    アンダーステアが、出にくい。4WDロックスイッチを入れると、ピッチングやロールまで抑えられる。
    4WDロックをしなくとも、ハンドルでの補正操舵が要らない。
    娘が『お父さん、運転が上手くなったネ』(爆(^^;))
    (いやいや、クルマが上手に、私の指示通りに走ってくれているのだが・・・(^^;))

    足まわりはしなやかでありながらシッカリ踏ん張り、前後の重量配分が理想的な53:47で、床下バッテリーが重心を下げ、さらにランエボ譲りのS-AWCが安定したコーナリングをアシストしてくれます。コーナリング中は、SUVである事を忘れてしまいそうになります。

    さらに減速では、回生ブレーキの強度を6段階で変化できるパドルシフトが用意され、下り坂ではエンジンブレーキをシフトチェンジで変化する様な感覚で、楽しく運転できる。
    また、減速時の回生ブレーキには、前後の2つの電動モーターが使用されるので、運動エネルギーを電気へ回生する能力が高く、エネルギーモニターを見ると、30KWを超える電力を駆動用バッテリーに蓄えている様子が、多々見られる。
    この時の電流量は、100Aを超えている計算になる。
    これだけの回生能力は、前後2つの電動モーターを持っているから実現出来ていると言える。
    (もし、前輪だけに、これだけの回生能力を持たせると、クルマの挙動を安定させる工夫を、沢山しなければならないと思われる。)
    このクルマは、ドライバーに何の不安もいだかせずに、いや、気付かせずに、やってのけているのだ。

    と言うわけで、操縦安定性の向上や、乗り心地の向上に結び付けたパッケジングの絶妙さには、脱帽ものであり、コストパフォーマンスが極めて高いクルマだ。

    また、このアウトランダーPHEVは、電気だけでの走行距離は、熱波のなか、エアコンを充分に効かせても35km以上は走った実績を持ち、普通の急速充電での充電時間が、80%までには約30分未満で完了する。
    (電池寿命を維持するため、残量をECUが25%以下にしないため)

    このクルマは、エコカーにありがちな、窮屈さは一切なく、広く静かな室内で、くつろいだ移動が可能となっている。

    あと、発電機能はスイッチでモード選択できる事も、大きな特徴のひとつ。
    高速道路での燃費向上に寄与する『セーブモード』や、旅先での電力を活用したり、帰着が深夜になる際に、モーターで静かに走るために、バッテリーへの充電を強化する『チャージモード』を選択するスイッチが、通常のEV優先の『ノーマルモード』のほかに、選択出来るので、状況に合わせた発電機能の選択が出来る。

    特に、急速充電(残量80%)を行った状態で、高速道路を『セーブモード』で時速90Km/h以下で走行すると、燃費が約18Km/ℓ以上で走行できます。総重量が2t近いSUVでのこの燃費は、大変な事だと思う。

    また、AC100Vを取り出す機能がメーカーオプションで選択できるので、キャンプでホットプレートや電気ポット・炊飯器他の家電製品が容易に使えます。1,500Wの容量がありますので、災害時の電源としても使えますし、この電源がキレイなサインカーブを描く波形で出力されるので、安心して家電製品が使える。
    ※急速充電オプションを選択しておけば、i-MiEV同様にMiEVボックスが使えるので、車外にAC100Vを1,500Wを容易に取り出す事も出来る。
     充電時間が短く出来、補助金をより多く得られるだけではナイ。今後、是非とも標準装備にしてほしい。

    あと、このアウトランダーシリーズに設定されている、衝突軽減ブレーキやレーダークルーズコントロールも、有益なオプションだ。
    特に、レーダークルーズコントロールを使うと、人のアクセルコントロールより緻密に制御してくれるので、燃費や電費が良くなるし、さらに、先行車の加速や減速にとどまらず、停止にまで追随してくれる。

    と、これでも書ききれない工夫が、このアウトランダーPHEVには施されているのだ。

    しかしながら、百聞は一見に如かず。
    是非、異次元の静粛性と加速感、そして安心感を、試乗にて体感頂きたい。
    この文章が、決して大袈裟でない事が、お解り頂けます。

アウトランダーPHEVについての不満な点

  • 後部座席への空調が暖房しかない事と、衝突軽減ブレーキが搭載され、後続車への警告までの機能を持ちながら、強力な回生ブレーキの活用が後続車へ警報されない点。

アウトランダーPHEVを運転した後の感想

  • 乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?
  • 理由:
    比較的に大型なSUVには、車両感覚の掴みにくさや、コーナーでのふらつき・大袈裟なピッチングの発生を想像した。
    しかし、実際には、多少視点が高いセダンの車両感覚であり、非常に運転し易いものだった。
  • 運転後の感想について
  • レシプロエンジンの熱効率では到底届かない発電所で作られた電気を用いて、ここまでも安価でありながら、安心感を伴って、気持ち良く運転できる事を、感謝せずには、いられない。

アウトランダーPHEV関連ページ

  • 三菱
    アウトランダーPHEV
    2012年12月 発売
       

この試乗レポートは参考になりましたか?

  • はい
  • はい
  • いいえ
  • いいえ
dummy 人中、 dummy 人の方がこの試乗レポートが参考になったと評価しています。

他のカーソムリエの アウトランダーPHEV の試乗レポート・評価

  • 最善のSUV
    でんでんさんの投稿

  • 次世代SUV
    syoさんの投稿

  • 走りがいい
    ふくさんの投稿

  • 泥が似合わない都会派SUV
    MT魂さんの投稿

  • 走りが気持ちいい
    城西さんの投稿

  • 4WDハイブリット
    ポルコ・ロッソさんの投稿

  • スタイリッシュ
    nori_vvさんの投稿

  • やっと時代が追いついた
    平成ジローさんの投稿

  • 熟成の進んだ老舗のPHEV
    ヒトチャンさんの投稿

  • マルチプレイヤーSUV
    両手にカピバラさんの投稿

  • 新しい車の使い方
    reireiさんの投稿

  • 走りは先進的
    相棒さんの投稿

  • エンジンを捨てる覚悟
    Take on meさんの投稿

  • 良い意味で裏切られました
    旭日旗さんの投稿

  • 凄いPHEV!
    すみれちゃんさんの投稿

  • キーーーーーーン
    Luv U Tokiyoさんの投稿

  • 三菱くんのベストカー
    日本人で良かったさんの投稿

  • 災害時にも活躍できそう
    yuiko mikamiさんの投稿

  • PHEVのウマ味
    nagaさんの投稿

  • 本格派SUV+EVの唯一無二の存在
    ケプラーノさんの投稿

  • 手が届く未来の車
    Johnさんの投稿

  • 一歩先行く未来マシン
    しんさんの投稿

  • エコロジー+コンフォート+4WD
    丹波さんの投稿

  • 運転が楽しい未来のクルマ
    銀ぎら銀にさりげなくさんの投稿

  • 未来への一つの光
    紫電魁さんの投稿

  • 国内にライバルのいない車
    N55B30Aさんの投稿

  • 現段階で最強のエコ&遊び車
    チョコパンさんの投稿

  • 魅力のつまったPHEV
    znさんの投稿

  • MITSUBISHI再興の旗印
    Red lightさんの投稿

  • 本格SUVのPHEV
    tanuzouさんの投稿

  • 燃費がたいへん良い4駆
    Kaida Shawn Shotaroさんの投稿

  • 宝の持ち腐れ
    カーソムリエCEOさんの投稿

  • 高級SUV
    aduma112さんの投稿

  • SUVの形をしたEV
    Toshiaki Ietaniさんの投稿

  • 安定感のあるPHEV
    落陽玲瓏さんの投稿

  • 近未来スタンダード
    パン君さんの投稿

  • ハイブリッド車のお手本
    まいまいさんの投稿

  • デカイ電池
    らんちあさんの投稿

  • 三菱自動車の技術の高さを感じる車
    外見はおっさん、心は子供さんの投稿

  • やさしいSUV
    マンダムさんの投稿

  • PHEVという賢い選択。
    Kohei Negishiさんの投稿

  • 三菱の挑戦
    Ryoujiさんの投稿

  • 日本一燃費が良い未来のSUV
    自動車研究員さんの投稿

  • 違和感の少ないハイブリッド車
    muchachoさんの投稿

  • 質実剛健
    ナベジョーさんの投稿

  • 評価はさまざま?随時更新します
    アウピー乗りさんの投稿

  • すごい静か
    AI300さんの投稿

  • これからの三菱の象徴
    Zero Fighterさんの投稿

  • 未来ドライブが体験できる楽しい車
    9879yottuさんの投稿

  • 素晴らしいパワートレインです。
    FOCUSさんの投稿

  • 三菱の集大成
    Akihiro Yamashitaさんの投稿

  • 発想の勝利!発電機付き電気自動車
    kazuさんの投稿

  • ほとんど電気自動車!
    Blazeさんの投稿

  • モーター4WDのSUV
    kuwatoro4678さんの投稿

  • 次世代の車
    ファ爺さんの投稿

  • 未来いただきます。
    Kazuyuki Kurodaさんの投稿

  • 世界最高峰の技術を有する車
    LEXUS ISF オーナーさんの投稿

  • 見た目は控えめだが中身は凄い
    クルマニアさんの投稿

  • 見た目と走りがリンクした穏やか系RV
    new-mauさんの投稿

  • 昭和から飛び出た未来のカタチ
    MasaKINGさんの投稿

  • なんちゃってEV
    monomonoさんの投稿

  • 乗ってみてこそ分かるものがある。
    ExcitingDressyさんの投稿

  • 最先端のエコSUV
    みくさんの投稿

  • 発電機付きEV
    gontaさんの投稿

  • EV自動車感覚を味わえる
    Kerokero KEROTAさんの投稿

  • 家庭用路面電車
    サソリさんの投稿

  • Bout乱打‼︎パンチ頭 Victory
    遠藤友信さんの投稿

  • 最強のSUV
    ばんくんさんの投稿

  • 未来を先取りした異次元カー
    Rouge RX-7さんの投稿

  • 航続距離はForever~♪
    Yukiyoshi Inutaさんの投稿

  • 未体験!まるでタイヤの付いた新幹線
    momongaさんの投稿

  • こんな車を待っていた。
    のりさんの投稿

  • 三菱の技術力の結集
    sam1989さんの投稿

  • 生産開始が待ち遠しい
    torafuguさんの投稿

  • 67.0km!
    gogo3さんの投稿

この試乗レポート筆者のプロフィール

    • ドラゴン さん

      検定ベストスコア: 92 点

      ランキング: 188位

  • 約30年前に、ターボエンジンを搭載したFFの3ドア・ハッチバックを中古で購入してから、これまで様々な車を乗り継いできました。 また、購入した車は多少なりとも手を加えてきましたので、メカ系についても多少の心得があります。 現在は、エコカーにハマっております。 これまでの経験と知識が、お役に立てば幸いです。 ブログはこちら ↓ http://minkara.carview.co.jp/userid/1933191/blog/    

    投稿者情報

     都道府県:神奈川県
     年齢:40代
     性別:男性
     職業:IT系
     家族構成 : 既婚・子供あり

新着カーソムリエレポート(毎日更新)