クラウンの歴史【00年代編】

日本を代表するセダンであるトヨタ・クラウン。11代目以降の歴史を振り返ります。
更新日:2014/11/5 作成者:タージリンさん

11代目 クラウン[1999-2003]:S170系

11代目 クラウン[1999-2003] 引用:【スクープ!】トヨタ クラウン、2012年12月25日にフルモデルチェンジ! ~ジャン・レノと北野武も「ReBORN」!~ http://autoc-one.jp/scoop/1753618/

20世紀最後のクラウンである11代目は、プレスドアを採用。
最後の直列6気筒エンジン搭載モデルでもあります。

スポーティな「アスリート」が登場し、現代にも続く人気グレードとなりました。

関連記事

トヨタ自動車 75年史(トヨタ企業サイト)

歴代クラウン紹介(クラウンブランドサイト)

【スクープ!】トヨタ クラウン、2012年12月25日にフルモデルチェンジ! ~ジャン・レノと北野武も「ReBORN」!~

12代目 クラウン[2003-2008]:S180系

12代目 クラウン[2003-2008] 引用:【スクープ!】トヨタ クラウン、2012年12月25日にフルモデルチェンジ! ~ジャン・レノと北野武も「ReBORN」!~ http://autoc-one.jp/scoop/1753618/

12代目の愛称は「ゼロクラウン」。

その機構は一新され、エンジンは伝統の直列6気筒からV型6気筒へ。
新時代の始まりを告げるモデルとなりました。

関連記事

トヨタ クラウン 試乗レポート/松下宏

トヨタ クラウン 試乗レポート/石川真禧照

トヨタ クラウン 新型車徹底解説

トヨタ クラウン 新車発表会速報

13代目 クラウン[2008-2012]:S200系

13代目 クラウン[2008-2012] 引用:トヨタ クラウン 新型車解説 http://autoc-one.jp/toyota/crown_hybrid/newmodel-32210/

ハイブリッドが本格導入された13代目。

ゼロクラウンのデザインを継承しつつ、先進の安全技術を取り入れています。

関連記事

トヨタ クラウン 試乗レポート/岡本幸一郎

トヨタ クラウン 試乗レポート/河村康彦

トヨタ クラウン 新型車解説

トヨタ クラウン 新車発表会速報

14代目 クラウン[2012-]:S210系

14代目 クラウン[2012-] 引用:トヨタ、ピンククラウンの受注開始 ~受付期間は、9月から1ヶ月間の期間限定~ http://autoc-one.jp/news/1437131/

斬新なデザインのグリルや、ピンク色の特別仕様車が話題を呼んだ14代目クラウン。

ダウンサイジングされたハイブリッドは主力グレードとなり、燃費も大きく向上しています。

関連記事

女医 安枝瞳の新型車診察しちゃうぞ!~トヨタ クラウン編~

トヨタ 新型クラウン(2012年12月フルモデルチェンジ)新型車解説 -斬新なフロントマスクは賛否両論!?-

伝統を守りながら、革新を続けていくクラウンでした。

関連まとめ

カーソムリエランキング

  • 1位

    遠藤友信

    カーソムリエポイント  58000 pt

  • 2位

    みく

    カーソムリエポイント  55204 pt

  • 3位

    momonga

    カーソムリエポイント  53936 pt

  • 4位

    LEXUS ISF オーナー

    カーソムリエポイント  47103 pt

  • 5位

    kazu

    カーソムリエポイント  43766 pt

  • 6位

    パン君

    カーソムリエポイント  35839 pt

  • 7位

    Rouge RX-7

    カーソムリエポイント  30724 pt

  • 8位

    ファ爺

    カーソムリエポイント  28939 pt

  • 9位

    aduma112

    カーソムリエポイント  23508 pt

  • 10位

    skidoo34

    カーソムリエポイント  20025 pt

>>もっとランキングをみる

新着カーソムリエレポート(毎日更新)