クラウンの歴史【60・70年代編】

日本を代表するセダンであるトヨタ・クラウン。初代から5代目までの歴史を振り返ります。
更新日:2014/11/5 作成者:タージリンさん

初代 クラウン[1955-1962]:RS型/S20・S30系

初代 トヨペット クラウン[1955-1962] 引用:【スクープ!】トヨタ クラウン、2012年12月25日にフルモデルチェンジ! ~ジャン・レノと北野武も「ReBORN」!~ http://autoc-one.jp/scoop/1753618/

1955年に登場した初代クラウンは、”日本の技術だけで造る”ことがコンセプト。
当時の名称は「トヨペット クラウン」でした。

タクシーやハイヤーとして大きな支持を受けました。

2代目 クラウン[1962-1967]:S40系

2代目 クラウン[1962-1967] 引用:【スクープ!】トヨタ クラウン、2012年12月25日にフルモデルチェンジ! ~ジャン・レノと北野武も「ReBORN」!~ http://autoc-one.jp/scoop/1753618/

アメリカを意識したフラットなデザインで近代化を図った2代目。王冠のエンブレムはこのモデルから登場しました。

また、このモデルから直列6気筒エンジンが登場。V型8気筒エンジンを搭載した「クラウン・エイト」もラインナップされました。

3代目 クラウン[1967-1971]:S50系

3代目 クラウン[1967~1971] 引用:【スクープ!】トヨタ クラウン、2012年12月25日にフルモデルチェンジ! ~ジャン・レノと北野武も「ReBORN」!~ http://autoc-one.jp/scoop/1753618/

「日本の美」がデザインテーマの3代目。セダンに加え、2ドアハードトップも用意されました。

自家用車に人気だった、白いボディカラーが似合うことをアピールし、一般オーナーを増やしていきました。

4代目 クラウン[1971-1974]:S60系

4代目 クラウン[1971~1974] 引用:【スクープ!】トヨタ クラウン、2012年12月25日にフルモデルチェンジ! ~ジャン・レノと北野武も「ReBORN」!~ http://autoc-one.jp/scoop/1753618/

「クジラ」の愛称で知られる4代目。保守的なユーザーには、斬新なデザインが受け入れられませんでした。

このモデルから、車名は「トヨペット クラウン」から「トヨタ クラウン」に変更されます。

5代目 クラウン[1974-1979]:S80系

5代目 クラウン[1974-1979] 引用:【スクープ!】トヨタ クラウン、2012年12月25日にフルモデルチェンジ! ~ジャン・レノと北野武も「ReBORN」!~ http://autoc-one.jp/scoop/1753618/

先代の反省から、保守的なデザインに変わった5代目。
この時追加されたピラードハードトップは、長きにわたって主力のボディタイプとなりました。

関連記事

トヨタ自動車 75年史(トヨタ企業サイト)

歴代クラウン紹介(クラウンブランドサイト)

【スクープ!】トヨタ クラウン、2012年12月25日にフルモデルチェンジ! ~ジャン・レノと北野武も「ReBORN」!~

初代から、革新の歴史を続けています。

関連まとめ

カーソムリエランキング

  • 1位

    遠藤友信

    カーソムリエポイント  58002 pt

  • 2位

    みく

    カーソムリエポイント  55205 pt

  • 3位

    momonga

    カーソムリエポイント  53936 pt

  • 4位

    LEXUS ISF オーナー

    カーソムリエポイント  47103 pt

  • 5位

    kazu

    カーソムリエポイント  43771 pt

  • 6位

    パン君

    カーソムリエポイント  35841 pt

  • 7位

    Rouge RX-7

    カーソムリエポイント  30725 pt

  • 8位

    ファ爺

    カーソムリエポイント  28940 pt

  • 9位

    aduma112

    カーソムリエポイント  23508 pt

  • 10位

    skidoo34

    カーソムリエポイント  20025 pt

>>もっとランキングをみる

新着カーソムリエレポート(毎日更新)