【マツダ・(NC)ロードスター】このタイミングで振り返る!NCロードスターの魅力とは。。。

新型ロードスターが発表されたこのタイミングで、現行ロードスターの魅力を再発見しちゃおう!というこのコーナー。
スポーツカー日本代表「マツダ ロードスター」開発者に訊く! ~マツダ 新型 ロードスター 開発ストーリー~ http://autoc-one.jp/mazda/roadster/special-1158059/

更新日:2014/10/22 作成者:とりぴーさん

【魅力1】楽しさの6要素

【魅力1】楽しさ6要素
引用:スポーツカー日本代表「マツダ ロードスター」開発者に訊く! ~マツダ 新型 ロードスター 開発ストーリー~http://autoc-one.jp/mazda/roadster/special-1158059/

『ロードスターの楽しさとして「走る/曲がる/止まる/見る/触る/聴く」という6つの要素があります』

乗って楽しい、見て楽しい、聴いて楽しい、さらに触って楽しい!
歩行者保護対策を考慮しながらも、抜かりないデザインへの追及がそこにはあったのです!!

登場車種記事

・スポーツカー日本代表「マツダ ロードスター」開発者に訊く! ~マツダ 新型 ロードスター 開発ストーリー~

・マツダ ロードスター 一部改良 ~ソフトトップ車とRHT車でキャラ分け明確に~

・マツダ ロードスター/藤島知子【ドライブ美人】 前編

【魅力2】ソフトトップとハードトップで異なるコンセプト

【魅力2】ソフトトップとハードトップで異なるコンセプト
引用:スポーツカー日本代表「マツダ ロードスター」開発者に訊く! ~マツダ 新型 ロードスター 開発ストーリー~http://autoc-one.jp/mazda/roadster/special-1158059/

『2タイプで世界観を明確化しています。ソフトトップ車は 「タイトスポーツ 」、RHT車は 「プレミアムスポーツ」 のコンセプトをそれぞれ掲げています。』

両車は細かい部分がちょいちょい変わっているのです! エクステリアでいうとヘッドライトのインナー色。インテリアでいうとシート色など…
このような細かい所で、世界観に違いを持たせているのです♪こだわりがすごい!

登場車種記事

・マツダ ロードスター(2008年マイナーチェンジモデル)新型車解説

・マツダ ロードスター(2008年マイナーチェンジモデル)試乗レポート

・マツダ ロードスター/藤島知子【ドライブ美人】 後編

【魅力3】人馬一体の走り

【魅力1】楽しさ6要素
引用:スポーツカー日本代表「マツダ ロードスター」開発者に訊く! ~マツダ 新型 ロードスター 開発ストーリー~http://autoc-one.jp/mazda/roadster/special-1158059/

『ドライバーの操作に対してクルマが正確に反応する感覚を、さらに深めたいと考えました。ブレーキとアクセルのコントロール性を改善しています。』

ロードスターのキーワードとなるものはやはり【人馬一体】。
素直に、運転していて楽しい!と思えるクルマが減ってきてしまい寂しい。。。

登場車種記事

・メディア対抗 マツダ ロードスター 4時間耐久レース ピットレポート/今井優杏

・マツダ ロードスター動画試乗レポート ~初代・2代目・3代目を一気乗り!~/嶋田智之

・マツダ ロードスター ドライブ対談

関連まとめ

カーソムリエランキング

  • 1位

    遠藤友信

    カーソムリエポイント  58112 pt

  • 2位

    みく

    カーソムリエポイント  55223 pt

  • 3位

    momonga

    カーソムリエポイント  53946 pt

  • 4位

    LEXUS ISF オーナー

    カーソムリエポイント  47111 pt

  • 5位

    kazu

    カーソムリエポイント  43828 pt

  • 6位

    パン君

    カーソムリエポイント  35870 pt

  • 7位

    Rouge RX-7

    カーソムリエポイント  30730 pt

  • 8位

    ファ爺

    カーソムリエポイント  28951 pt

  • 9位

    aduma112

    カーソムリエポイント  23526 pt

  • 10位

    skidoo34

    カーソムリエポイント  20025 pt

>>もっとランキングをみる

新着カーソムリエレポート(毎日更新)